分からない世界

 シナリオ作業を割り当てられたとは言え、須藤少年の所属は企画班である。

 初めてのシナリオ担当という事もあり、分量も他のライターよりは少なく設定されている。

 従って日々の企画業務も並行してこなさなくてはならない。今日はデザイナーの描いた絵を回収にデザイン班を訪ねていた。

 デザイナーは他の職種よりも女性比率が高い。座席表から場所を調べて訪れた席に座っているのも女性だ。


「じゃ、出来た絵は完了フォルダーにアップしといたんで、後はよろしくお願いします。次は『夜の公園』の画像、予定は一六日ですよね」

「はい、そうですね。では次のスケジュールに割り当てておきます。……あの、ところで」

「はい?」


「藤河さんって幾つなんですか?」

「何? あんた、死にたいの?」


「あ、いや。実は今度ヒロインのシナリオ書く事になったんで、えー今時の女の子の普段の行動とか、どんなのか取材できないかなーなんて」

「私はあんまり参考にならないと思うけど」


 確かに机に並べられているのは、ゲームかアニメのフィギュア。黒い翼を広げた若い男性だとか、巨大な十字架を担いだスーツの男。少年には全く理解できない世界だ。

 それにこのデザイナーは見た目は若いが二十代後半か、下手をすると三十歳だろう。参考になるとは思えない。

 会社にいる女性はどんなに若くても二十代半ば。十代の子はさすがにいない。

「うーん、仕方ないか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!