帰宅 須藤家

 初出勤を終えて、須藤少年は自宅に帰ってきた。

「いやー、疲れた疲れた」

 と本来なら少年が発するはずの台詞を二つ違いの姉、綾乃が言う。

 リビングの食卓の椅子に浅く腰かけ、全身を伸ばすように体を反らせる。

 それでも胸の膨らみが失われないのでかなりスタイルが良い。

 やや赤く染めた軽いソバージュの髪に白い肌が映え、伸びをしたためにシャツの下からくびれた腰が見えた。

 大学ではモテるのではないかと予想されるが、あまり浮ついた話を少年は聞いた事はない。もっとも弟の前でする話でもないので少年が知らないだけかもしれないが。

「あんたはいいよね。浪人で」

「今日からバイトなんだぞ」

「ああ、そうだっけ。どうだった?」

 興味ありげに体を起こす。

「いやあ、今日はまだ仕事らしい仕事はなかったけど、近くにいる先輩が面白い人だった」

「カッコイイ?」

「ん……、んんー。多分四十歳くらいだぞ。髭だし」

 なあんだ、と興味をなくしたように元の姿勢に戻る。


「バイトもいいけどちゃんと勉強もしなさいよ。来年また受験するんでしょう?」

 母親が夕食の皿を持ってリビングと続きになっているキッチンから姿を現す。

 ロングヘアーに端正な顔立ち、細身の青いタンクトップをタイトに着こなしたかなりの美人だ。

 離婚して父親はいない。

 母親、玲子は音響関係のプロデューサーをやっていて、ライブハウスも所有している。

 そこいらの男よりも収入も地位もあるため養育費などは貰わず、父親とは早々に縁が切れた。

 だから少年は父親の事は覚えていない。

「半端に勉強するより、社会に出た方が学ぶ事は多いんだぞ」

「誰の受け売りよ」

「綾乃、運ぶの手伝ってくれる?」

「はーい」

 玲子は腰まで届く長い髪を揺らしながら台所へ戻る。

 もうすぐ四十歳に届こうという年齢だが磨きのかかった容姿は見た目三十歳くらいである。だが再婚話などは持ち上がった事もない。

 少年自身は今の家庭環境に不満はなく、父親がほしいと思った事もない。

 いつもの脳天気な調子で食卓に着いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!