クライマックスは最大の試練

「うーん、だいぶ形になってきましたねー。後はクライマックスだけだ」

「お前が小説の主人公なら、ここいらで挫折や試練に遭遇するな」

「なんですか、突然」

「普通はここで試練があって、それを乗り越える話にするのが基本だな」

「いや。でも、僕の人生なんて試練ばっかりですよ」

「それはまだお前さんが本物の試練に遭遇してないからだ。そうだな、例えば俺がここで裏切って、この作品を先に完成、公開してしまうってのはどうだ? 面白いだろう」

「そ、壮絶ですね。止めてください」

「まあ、そんな事はしない。そんな事しなくても、試練は嫌でもやってくる」

「不吉な事、言わないでくださいよ」

「俺が手伝えるのはここまでなんだ。マスター前、つまり完成前の追い込みでな。別室に缶詰する。一ヶ月ほど戻れない」

「……そうなんですか。それは、仕方ないですね。確かに地味だけど、僕にとっては大きな試練だ……」

「ま、現実なんてそんなもんだ。がんばって完成させろよ。俺が戻るまで待ったりするな。一度足を止めると、また歩き出すのは大変だぞ」

「あ、はい。九条さんも、頑張ってください」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!