恵民署の蝶と花

作者 あドぽ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全52話

更新

  1. 序章、雪の蝶
  2. 花の精
  3. 一、恵民署
  4. 二、美しき提調
  5. 三、蝶の縄張り
  6. 四、夜
  7. 五、名医と愚鈍
  8. 六、急患
  9. 七、術式開始
  10. 八、正体
  11. 神業
  12. 一、朝
  13. 二、姉
  14. 三、それは柳のような女
  15. 四、記憶喪失
  16. 五、花精の過去
  17. 六、夢と記憶
  18. 七、術前の評価
  19. 八、蝶の家
  20. 九、術前と覚悟
  21. 十、一難去ってまた一難
  22. 十一、前代未聞
  23. 怪しい炎
  24. 十二、怪しい炎①
  25. 十三、怪しい炎②
  26. 十四、怪しい炎③
  27. 十五、怪しい炎④
  28. 十六、怪しい炎⑤
  29. 十七、怪しい炎⑥
  30. 十八、怪しい炎⑦
  31. 十九、怪しい炎⑧
  32. 二十、怪しい炎⑨
  33. 二十一、怪しい炎⑩
  34. 怪しい炎〜完〜
  35. 二十二、怪しい炎⑪
  36. 二十三、蝶を救え
  37. 二十四、手を
  38. 輸血
  39. 二十五、宮廷へ
  40. 二十六、解剖
  41. 二十七、片翼
  42. 二十八、不躾な来訪
  43. 二十九、記憶の枝葉
  44. 三十、それぞれの戦場
  45. 三十一、血が無い!
  46. 三十二、これが私の医療
  47. 三十三、春柳
  48. 三十四、輸血
  49. 三十五、ひとときの安息
  50. 三十六、殺すための命
  51. 秤娘という女
  52. 一、夏
  53. 二、ふたり
  54. 三、贈物
  55. 四、新たな日常の変化
  56. 五、道すがら
  57. 六、薬屋
  58. 七、私の太陽