改・戦国時代に宇宙要塞でやって来ました。

作者 横蛍・先に活動報告を見て!

6,178

2,163人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なろうで、こちらが先行するとのアナウンスがあったので、こちらに移行してきました。
こちらはサポーター制度があるし、コメントも批判的なものは禁止なので、作家さんには使いやすいでしょうね。
なろうはコメント拒否出来たと思ったので、向こうはコメント拒否にして、こちらでのみ受け付けてもいいのでは?
あれ?改と通常の2種類ありますね?なにが違うんでしょ?
とりあえず、改読もっと。

★★★ Excellent!!!

自分がこの作品を知って一年ほど経ったと思います。その間毎日の更新を楽しみにしておりました。現在は毎日12時に最新話を読むことが日課になってます。
たまに諸事情で更新ができない日があるのは、しょうがないと思いつつも1日虚無で過ごします。それほど好きです。
Twitterもフォローさせていただいています。
ただのファンレターで申し訳ないですがこれからも頑張ってください。

★★★ Excellent!!!

長く、ゆるく楽しめる作品です。

一話一話はそれほど長くないので、ログインボーナス感覚で読めます。

書籍化もされていますが、あまりにも長い作品はすべてを書籍化することは一般的に難しいです。

カクヨムにはリワードがありますから、少しでも連載が続けられるように応援したいです。

★★★ Excellent!!!

この作品は余り戦をしません。どちらかといえば内政系チートものかな。経済戦争を使った戦国時代モノが該当する系譜でしょうか。

世の中には数多ゆる〜いIFモノの戦国時代作品がありますよね
武将の美少女化なんてのも一時流行りましたし、ゆるくはないですが、古くは戦国自衛隊なんてのもありました(私はその時代の読者です、薬師丸ひろ子の若武者可愛かったナァ)
そんな作品の一つかなぁ、と思いながら読み始めましたが、イッキに読み終え続きを愉しみにしています。
ドコがいいのか、やはりおバカすぎないストーリーと設定ですかね。ゆるいにも限度が有りますから…。

★★★ Excellent!!!

信◯の野望にオリ主によるチート勢力をアペンドした作品

歴史をなぞるのではなく、IFのシミュレーション展開と、民の生活や息遣いまで聞こえてきそうな丁寧な描写も魅力の一つ

主人公が領地を発展させる手段や結果を見て、それぞれの武将や民のものの見方や考え方が変わって行く辺りは、正に黒船来航

そんなIFを楽しめる方におすすめです!

しかしながら、周囲との関係性について、ボタンを掛け違えたようにズレた展開となっており、本来成り上がった武将でも低評価のまま消えたりすることもあるため、特定武将をこよなく愛する方は撤退準備をした上で読み進める必要あり

信◯の野望や太閤立◯伝などで独自展開するシナリオを楽しむくらいの気持ちで読むととても楽しめるかも

★★★ Excellent!!!

タイトルと視点変更が多くて避けていたけど、読み続けた結果はまりました。

主人公たちが投げた石による波紋で歴史が動く。歴史上あったイベントが消失し、IFの歴史が始まる。

ゲームでカス能力にされ、二次小説でもカス扱いされるキャラが活躍し、優秀なキャラは優秀なところを魅せてくれるところが妙味。

未来の価値観に犯された国と過去(当時)の価値観のすれ違いで戦争を回避したりするので、IKUSAが見たい人には物足りないかも?

超記憶力&超技術を持つひとりの人物が活躍するのではなく、宇宙船という超科学&主人公以上の能力が有るアンドロイド100人の物量で殴るIF歴史小説。

★★★ Excellent!!!

人々の関係は要塞の中。知っている。歴史の中で。仲間は技術の花が咲く。VR何処まで活ける人の中。セリフは聞こえない。マイクなら聞こえるか?
僕はこの時代で、山本勘助が好きです。しかし、ゲームではモブキャラ扱いが多くがっかりです。
この時代のあらゆる歴史の知識があると思われる。それらが文章から感じられ、特筆される。

★★★ Excellent!!!

なろうの方は最新話まで読み進めていますのでそちらを主軸としたレビューになります。
主人公が唐突にタイムトラベル?をして戦国時代に行ってしまうのが物語のはじまりです。そこで主人公達は自らの生存領域を確保するべく開発、内政、商売といったことを織田家でおこなうといった内容になります。

このお話の良い点は織田信長が中心となって物語が進行するわけでなく、信長の父である信秀や叔父、家臣といった織田家全体で問題を解決していくところが良いと思います。また、現代兵器や医学、科学による無双が無いのも個人的には好感触です。

こちらは改訂版ということなのでどの様に文章が変化するのか楽しみです。