改・戦国時代に宇宙要塞でやって来ました。

作者 横蛍

2,150

759人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人々の関係は要塞の中。知っている。歴史の中で。仲間は技術の花が咲く。VR何処まで活ける人の中。セリフは聞こえない。マイクなら聞こえるか?
僕はこの時代で、山本勘助が好きです。しかし、ゲームではモブキャラ扱いが多くがっかりです。
この時代のあらゆる歴史の知識があると思われる。それらが文章から感じられ、特筆される。

★★★ Excellent!!!

なろうの方は最新話まで読み進めていますのでそちらを主軸としたレビューになります。
主人公が唐突にタイムトラベル?をして戦国時代に行ってしまうのが物語のはじまりです。そこで主人公達は自らの生存領域を確保するべく開発、内政、商売といったことを織田家でおこなうといった内容になります。

このお話の良い点は織田信長が中心となって物語が進行するわけでなく、信長の父である信秀や叔父、家臣といった織田家全体で問題を解決していくところが良いと思います。また、現代兵器や医学、科学による無双が無いのも個人的には好感触です。

こちらは改訂版ということなのでどの様に文章が変化するのか楽しみです。