「俺の余白を、あなたで埋めて」

作者 仁志 水ぎわ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全59話

更新

  1. 第一章「十一月二十三日 土曜日」
  2. 第1話 「コイツを有効に使いたけりゃ、とっとと働け」
  3. 第2話 この世でかなわぬセックス
  4. 第3話 深紅のカーペット・四つん這いの男・首に紐
  5. 第4話 椿ちゃん
  6. 第5話 この世であって、この世でない場所
  7. 第6話 ムチのように優雅
  8. 第二章「十一月二十五日 月曜日」
  9. 第7話 もれなくヘンタイ
  10. 第8話 金がない。 さらに困ったことに、仕事が、ない
  11. 第9話 あたしのせいじゃないのに
  12. 第10話 変わりたい。変わりたい、別の人間に
  13. 第11話 俺の手を、噛んで
  14. 第三章「十一月二十六日 火曜日」
  15. 第12話 傷ついた固いつぼみのような人
  16. 第13話 俺には、ろくに知らない女の子と寝る趣味はなくってね
  17. 第14話 ED克服セックス&ロストヴァージン計画
  18. 第15話 コルヌイエホテルのプリンス
  19. 第16話 恋しているんです
  20. 第17話 「天国だぜ、飯塚」
  21. 第四章「十二月十日 火曜日」
  22. 第18話 “やっつけデート”
  23. 第19話 ヴァージンの手つき
  24. 第20話 「うちは健全なSMバーなんで。恋はいらないでしょう」
  25. 第21話 どんな理由も、言い訳も許さないほどの圧倒的な恋情
  26. 第22話 「やだやだ、離してっ」
  27. 第23話 てめえの頭のてっぺんからあそこまで
  28. 第24話 機嫌の悪いボス
  29. 第25話 まってろ、椿
  30. 第五章「十二月十一日 水曜日」
  31. 第26話 ケツモチ
  32. 第27話 「付き合いたくもない男と、行きたくもないところへ行っている」
  33. 第28話 この人ら、まともじゃない
  34. 第29話 騎士ども
  35. 第30話 キヨの戦闘服
  36. 第31話 彼女を。 取り戻す。
  37. 第32話 陶器のようにひび割れて
  38. 第33話 「もう飽きた」
  39. 第34話 くそキヨ
  40. 第35話 悪鬼のような二人
  41. 第36話 「大事な女を、うちに置いてきてるんだ」
  42. 第六章「夜明け前」
  43. 第37話 お父さんを、刺したことがあるの
  44. 第38話 君のことは何もかも知りたい
  45. 第39話 君がしょっているもの
  46. 第40話 共犯
  47. 第41話 「君を守るのは他の男じゃない。俺だ」
  48. 第42話 勇敢な、俺の女の子
  49. 第43話 「セックス」
  50. 第44話 このひとの余白を埋めるのは、舘林椿の仕事だ
  51. 第45話 女王様って、なんて大変なの
  52. 第46話 可憐な奴隷
  53. 第47話 俺の余白を。 あなたで埋めて。
  54. 第48話 この世の何を信じなくてもいい、あたしだけを信じなさい
  55. 第七章「花ひらく」
  56. 第49話 かわいい子犬
  57. 第50話 ボスはSMのひと…
  58. 第51話 「あとでね。君がすっかり、俺のものになってから」
  59. 第52話 初めてのセックス
  60. 第53話 純白とピンクの花弁が重なり開き
  61. 第八章「一月九日 木曜日」
  62. 第54話 誇りやかな男の姿
  63. 第55話 惚れた女のための、ワルツ
  64. 第56話 俺の椿
  65. 第57話 俺が、この世にいてもいい理由
  66. 第58話 「お望みのままに、女王様」
  67. 水ぎわより、みなさまへ御礼の言葉