■瑞兆は濡烏を秘する■ 〜後宮を仮宿にして、5年かけて有能官吏(男装)まで登りつめました、が、黒髪だけは隠したいっ!〜

作者 supico

46

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?