第53話 この笑顔だけは


「とりあえず移動しよ?作くんの気が変わる前に」


 率先して前を歩き出す椎名。


「なんで俺の気が変わるんだよ」


「だってさ~、このままグダグダしてると「やっぱ行かない」とか言いそうだし」


「別に言わねーよ」


「それは作くんのことだから分からないじゃん。気分屋だし」


「お前の態度が原因だろ」


 言い争いながらも、俺達は駅へと歩き出す。

 日差しも強くなり、気温が上がる屋外。時刻はまだ12時。


 あっちに着いたとしても、大体1時半くらい。夜ご飯くらい食べてもいいと考えていた俺だが、どう考えても夜まで時間がありすぎる。

 でも、観覧車に乗るなら夜の方が都合が良さそうだ。


 昼間だと、観覧車の中で何を話しても雰囲気が雰囲気だし、変な感じになりそうだ。あと失敗した時に辺りが明るいまま帰るのはなんか気まずい。

 人は夜の方が話やすい傾向にあるし、関係ないが、何か告白をする時も人間の本能的にいいらしい。


 とは言ったものの、夜まで時間を潰す方法がない。

 一緒に何かをするのもどこか気が引ける。なるべく椎名を静かにさせながら時間を過ごす方法。


「椎名、観覧車は夜に乗ることにしてさ」


「ん、別に私はそれでいいけど、なんで?」


「いや、その前に、映画でも見に行くか?」


 これが一番無難だろう。


 デートでは会話がなくなり気まずくなること間違いなしな映画だが、それが椎名だと都合がいい。


 これでもし、「やっぱ作くん、私とデートしたいの?」とか言ってきたら、またチケットを破る仕草をすれば黙るし、夜まではあと移動やらなんやらしていれば時間は潰れるだろう。


「作くん、そのチケットさ観覧車だけじゃなくない?」


 チケットを凝視しながら、椎名は言ってくる。


「どうゆうことだ」


「これ、よく見たらフリーパスだし、観覧車だけじゃなくてジェットコースターとかお化け屋敷にも入れる感じだと思うよ?」


 そう指差す先を見たら、『大人フリーパス』と書かれていた。

 全然気づかなかった。チケット前面に観覧車が書かれてたからそれだけだと思っていた。

 不覚だが、これで夜までは確実に時間を潰せそうだ。

 映画を見て、観覧車の前菜として、その他のアトラクションを楽しむ。


「作くん!これは楽しくなりそうだね!」


 ウッキウキでチケットを天に仰ぎながらはにかむ椎名。


「……………かもな」


 この笑顔、この笑顔だけは椎名の隣に居てよかったと思う。

 今後はそれ以外も思えるようになりたいが、それはこれから決まることだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る