第3話「剣、投ぜし」

 果たして、連れ去られた女性たちに対し、どのような感情を抱くかは人それぞれだろう。今日、剣士が連れてきた女は、身なりこそ粗末なままであったが、それなりの生活ができているのは確かだ。命も繋げられているし、手荒れも見えなくなっているのだから、恐らくは肉体労働もあるまい。


 だが精剣を抜かれる瞬間、自分の意識を全て奪われていく様子を見て、幸せな生活が送れているとは思えた者が、それだけいただろうか?


 子供とも夫とも引き離された彼女を、「村にいるより肉体的に楽」だと見るか、「村にいるより精神的に辛い」と見るか――まぁ、概ね村人の考えは、後者だ。


 母から娘へと受け継がれるという精剣であるから、精剣を宿した女たちの将来を考えれば当然だ。


 剣士たちは領主の近衛兵だ。無論、正妻がいる。


 ならば娘に精剣が引き継がれた後、女たちがどんな境遇になるか、また生まれたのが娘ではなく息子ならばどうななるのか、その全てに悲観的な未来しか見えてこない。


 ――さて如何に?


 そう考えながら微睡んでいたフミを起こす音がある。


「起きていますか?」


 エルがノックする音だった。窓から差し込む光は柔らかさすら帯びる前だ。まだ寝ていてもいい時間であるはずだが、フミは身体を起こし、ドアに手をかけた。


「何かありましたか?」


 エルの声にドアを開けるフミ。


 エルは顎をしゃくって指した窓の外では、豪奢な馬車が何台も、ゆっくりと走っていた。


 何人もの剣士が陣取る馬車には、それぞれ精剣を宿した女と、もう一人、女が乗っており、最後尾の馬車には大きな宣伝があった。



 ――本日、精剣を顕現させる。



 剣士がそれぞれ連れている女は、今夜、精剣を宿らされる女たちだった。


「……」


 騒ぐ声も上げられない程、その光景の衝撃は大きかった。


 ただ一人の例外は、階下から駆け上がってくる少年だ。


「旅人さん!」


 真っ青な顔をしている少年は、先程の馬車に母の姿を見ていた。


「母さんが、今夜……」


 もう母親が帰ってこられない――それどころか、人らしい扱いをされなくなる事が分かっていた。


 怒りもあり、悲しみもあるが、涙すら出てこない。


 既に絶望は蔓延していた。


 それでも諦められない心が、少年を昨夜、自己犠牲を払ってくれたフミへと向かわせた。


「……」


 フミは黙って少年の頭に手をやると、少々、乱暴に髪を撫でた。


「諦めない事」


 言葉を紡ぐ。


「最後まで諦めなければ、道は絶対に拓けます。お母さんも他の女性たちも、死んだ訳じゃないんですから」


「……」


 少年が顔を上げると、そこにはフミの笑みがある。


 その笑みと共に言う言葉は――、



「私たちが助ければいい」



 フミ以外の者が口にすれば、正気を疑ったかも知れない。


 しかしフミの笑みには不思議な力があり、正気を失ったのでも悪い冗談でもない事が分かる。


「でも……、どうやって? 領主の元には、あれだけの剣士がいて……中でも、昨日、来た奴のプロミネンスって精剣は、ドラゴンやギガンテスでも斬り捨てるって……」


 助けてほしいと願っていても、少年の心にも絶望は巣くっている。昨夜、店にやって来た剣士が持っている精剣は、かなり格の高いものだった。


「……」


 フミは少し首を傾げるが、それだけだ。


「大丈夫ですよ」


 その言葉にも、不思議な説得力があった。


「みんなを助けようとする勇気があるなら、それで十分ですよ」


 笑みを浮かべたまま、フミはエルの方へ顔を向けた。


「エルさんも、協力していただけますか? ファンさんも」


「ええ。私にできる事があれば」


 エルは頷いた。





 遺跡の警備は厳重であるが、それは普段の話だ。


 今日ばかりは、あんな宣伝をしてまで、村人たちに女たちが精剣を宿す様を見せつけるつもりだった。


 ――正面からでも入れるはずです。


 フミの読み通り、あっさりと少年を連れたまま通る事ができた。


 絶望が広がった村人も、皆が皆、自宅に引きこもっていられる訳がない。柵で区切られている寸前まで、村人は押し寄せていた。


 それでも遺跡を取り囲む柵にずらりと人が集まるのだから、村人たちだけが来ている訳ではない。


 ――ここへ来られる領民は皆、来ているな。


 周囲に視線を巡らせるフミ。


 そこへ馬車の車輪が地面を噛む音が響いてくる。


「退け! 領主様のご帰還だ!」


 御者の声は鋭く、そしてよく通った。


 ――領主!?


 ざわめきが起こる。


 しかし領主が乗った馬車は窓すら開かず、重臣が前へ進み出て書を広げるのみだ。


「聞け!」


 重臣の声も、よく通る。


「我々の頼りにしていた国は乱れ、経済、治安に深刻な影響が出ている。街道は夜盗、魔物が溢れ、そのためやむなく剣士の育成を急いだ」


 筋は――まぁ、一見しただけならば――通っている。


「これは全て、領民のためである! この決断に、残念な事であるが逆らう愚かな村があった。我々はやむを得ず。その村に厳罰を与えると共に、新たな精剣顕現の儀式を執り行う!」


 引き出されるのは、村の女たちだ。


 今から、その女たちに宿される精剣は、全て村人への厳罰――恐らくは処刑――のために使われるのだ。


「――!」


 皆一様に息を呑まされた。


 母がいる――。


 娘がいる――。


 姉妹がいる――。


 村人の叫びは、声にもならなかった。



 いや――声になった者が一人、いる。



「よせ!」


 フミの隣にいた少年だ。


 懐に隠していたのは、酒場で肉を捌くのに使う牛刀だった。


 それを構え、柵を跳び越えて突き進もうとする。


「!?」


 脇に控えていた剣士が身構え、同時に自分たちの精剣を抜こうとするも、それにはタイムラグが大きすぎた。


 ――そうだ。剣士が何だ! 最後まで諦めて堪るか!


 フミにいわれた「勇気」を振り絞り、震える右手を左手で押さえて牛刀を握り、駆け込む。


「……これも、領主様の御意志なのか?」


 重臣は目を細めて見下ろしていた。牛刀など、近衛兵の囲みに対して何の役に立つというのか。


 一度は振るえた。


 最も端に立っていた兵士の膝に突き刺さったが――それまでだった。


「抜剣!」


 女の嬌声を切り裂き、剣士たちの怒声が響く。女たちは意識を消され、身体を剣へと変えられる。


「縛れ!」


 剣士のかけ声と共に、精剣から伸びる魔力が少年の身体を捉えた。


 ――!?


 何が起きたのか分からなかった。ただ全身から力が抜け、また手足に不自然な重さを感じさせられた。前へ行こうと足を動かしても、地面を踏んでいる感触が怪しくなり、簡単に縺れる。


 縺れた足は、いとも簡単に崩れ落ちた。


「!」


 少年の眼前に突き刺されていく精剣。全て少年の身体を掠める程度であったが、心を奪うのには十分な効果を示した。


「ここへ連れてこい! 儀式の前の血祭りにあげてやる」


 重臣の怒声が飛んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます