第2話「僕の大好きな信号ラッパ」

 果たして誰かと、皆の顔が入り口へ向けられる。


 その先では、豪奢としか言いようのない絹服を着た男が、それとは対照的に質素な木綿の服を着た女を伴って立っていた。


 食堂の中が緊張感に包まれるのだから、絹服の男がどのような出自、身分であるかは明白だ。



 剣士――特別な意味を持つ方の。



「あいつ……!」


 店主の甥が歯軋りした。


 高がそれだけの行動でも、剣士は少年を睨みつける。


「あの……!」


 粗末な服を着た女が、恐る恐る声をかけた。


「……」


 その姿は食堂内の空気がいちいち揺らせていた。この女は食堂にいる誰かの母であり、妻なのだ。


「斬らんよ」


 そんな女に対し、剣士は笑って――いや、不敵な笑みを作って見せた。


 言葉からは主語が抜けている。



 斬らないとは、誰を斬らないというのか?



 それが分かっているだけに、女の顔に安堵はない。


 剣士は尚、笑い、


「ここにいるのは大切な臣民だ。傷つけたりはしない。領主様の許可もなく……なぁ? 斬るはずがないじゃないか」


 どんな会話があり、どんな考えを持つ者がいるのか分かった上であっても、剣士は自身が持つ優越感が揺るがない限り負け犬の遠吠えだと思っている。


「ただし――」


 負け犬にも見せしめは必要だ。


「旅芸人、お前は別だ」


 村人ではないのだから、無礼打ちする事に躊躇う必要などはない。


「お待ちください!」


 慌ててエルが立ち上がり、ファンと剣士の間に立つ。


「お調子者が、ただ調子に乗って――」


「勘違いするな。お前も旅芸人だろうが」


 剣士の大声がエルの言葉を遮った。


「斬り捨てるのは二人に決まっているだろう!」


 剣を寄越せと女に目を向ける。


「我が半身、炎の精剣プロミネンスを!」


 木綿の服を着た女が身体を震わせる。



 既に精剣を宿らせていた。



 意識に上下があるならば、上へ何者かがやってきて、下を女の嫌いな色に塗りつぶしていくような感覚が襲いかかってくる。


 当然、不愉快な感覚だ。眩暈がし、吐き気がする。本能が拒否しようとするが、塗りつぶされた割合が大きくなるにつれ、肉体には快楽が宿っていく。


 女は声を奪われ、それを始めに感覚が消えていくのを感じ始める。


 その全てが自分の意のままにならなくなった時、自分は精剣へと姿を変えるのだと思うと、言い知れぬ恐怖が――いや、恐怖すら消えてしまう。


 それを塗りつぶしていく快楽が高まり――、


「剣士様、お待ちを」


 フミの声が、それらを断った。


 声だけならば止まらなかったかも知れないが、フミが言葉と共に伸ばした手に載せられていたものには、精剣を抜く意識を全て奪う魔力があったのだ。


 金貨や銀貨の類いではない。



 コインの大きさではないのだから、メダル、あるいはビスケットと呼ばれる高額貨幣に見えた。



「売れば、それ相応の代価が貰えるでしょう。少なくとも、剣の錆落としに研ぎ師を呼ぶよりも有益のはずです」


「……」


 剣士の視線が掌と顔とに行き来した。


「は……ふ、フン」


 何やら奇妙な声に聞こえてしまうが、剣士は鼻を鳴らしてメダルを上着の内側へ滑り込ませた。


「旅芸人の命に比べれば、相当、多いが……まぁ、いい」


 その一言で、フミが支払った代償が相当な大きさであった事が分かる。


「帰るぞ」


 剣士は女を一瞥して踵を返した。


「は、はい」


 女はホッと胸を撫で下ろし、また事を荒立てずに治めてくれたフミに一礼したため、剣士よりもかなり遅れる目事になる。


「早くしろ!」


 食堂の前に乗り付けている馬車からだろうか、剣士の怒鳴り声が聞こえてきた。


「はい!」


 女は慌てた声で返事をし、もう一度、フミに「ありがとうございました」と告げ、出て行った。


 馬車の音が遠ざかった所で、ファンの頭を後ろからエルが押した。


「頭、下げてください」


 フミによって救われたのは、何よりも自分たちが第一なのだ。


「ありがとうございました」


 エルはファンの頭を押さえつけ、お辞儀させながら言った。


「ありがとうございます」


 ファンが言うと、フミは思わず吹き出してしまう。エルは「ございました」と過去形、ファンは「ございます」と現在形だったからだ。やらされているのではない、と言うささやかな抵抗なのかも知れない。


「ありがとうございました」


 そんなフミの笑みに対し、横合いから少年の言葉がかけられた。


「ん?」


 フミが顔を向けると、少年はファンやエルよりも恐縮した顔をみせていた。


「あいつが簡単に引き下がったって事は、高価なものだったんでしょう? 大切なものだったんじゃないんですか?」


「それなりに高価なのは間違いないけど……気にする事はありませんよ」


 フミは笑みを苦笑いに変え、気にする事はないと少年の頭をひとなでした。


「生きていれば、また戻ってくる事もあります。大切なのは、諦めたり、希望を捨てたりしない事です」


 そう言いながらフミが視線を食堂の中へ巡らせた。


「そう……何事も、ですよ」


 その言葉には、連れ去られていった女たちも含めたつもりだった。


「……全く……」


 店主はフッと笑いながら、冷めてしまったチキンを下げた。


「温め直そう」


「ありがとうございます」


 フミが軽く片手を上げた。何ともありがとうが乱発される日だ。


「ところで、ファンさん、エルさん。命を救われたとお思いなら、何か明るい曲をお願いできませんか? 楽器も演奏できるのでしょう?」


「お安いご用ッス!」


 飛び跳ねるように席を立つファンは、馬車に積んである道具箱からラッパを取り出してくる。


「折角、明るい雰囲気になったッスからね」


 心が弾む曲を――とファンが目配せすると、エルも食堂の片隅にあるスタンドピアノを指した。


「ピアノ、お借りしていいですか?」


 店主の返事は決まっている。


「ああ、いいとも」


 温め直したチキンをフミへと振る舞う店主は、「飛び切り明るい曲を頼む」といってくれた。


「はい」


 言うが早いか、エルはピアノの鍵盤を2オクターブ程、流すように指を滑らせた。


 それを合図にファンのラッパが響く。


 笑顔も同様だ。


 そんな中、フミは主役は皆だとでも言うように下がり、チキンにナイフを入れながら板壁一枚向こうへ意識だけを向ける。


「十分だろう。明日にでも動こう」


 食堂の中にいる者には決して聞こえない小声だったが、壁の向こうにいた者には十分、届いた。


 ――すべからく。


 壁から誰かが離れる気配がする。


「待て。最後に、全員に念を押しておけ」


 フミの言葉に気配が止まる。


「私が合図をするまで動くな、と」


 ――すべからく。


 今度こそ気配は完全に消えた。


「これでいい、これでこそ……」


 笑みを浮かべて口元に、フミはチキンを運んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます