第2章「夢を見る処」

第9話「悲しみを湛え、ダナ、ダナ、儚い命」

 精剣の出現によって戦場が様変わりした。魔力を収束、発振させる精剣は、武器ではなく兵器だったからだ。


 精剣のスキルを使った殲滅戦が展開され、その衝撃が天下分け目の決戦へと突き進める原動力になった。


 それが瞬く間に天下を治めてしまった理由の一つかも知れない。


 兎にも角にも、西の皇帝が権威を持ち、東の帝王が権力を持っているという奇妙な構造で戦乱が収まった。


 どれだけ不安定であっても戦争が続いているよりはマシなのだが、戦争が終わったから地方の悪政を糾弾し、庶民を救う特使でも派遣する、とならなかったのは不幸だった。


 剣士は隠密要員として、地方を巡って庶民を救う特使にはならず、より強い剣を奪い合う方に腐心した。


 結果、治安維持は後回しにされ、街道ですら盗賊や魔物が出るのでは経済活動など望むべくもない。



 そう――この世には、人よりも質の悪い魔物という存在がいるのだ。



 不自然な赤い肌の小男が、手に粗末な武器を持って集団で走っている。


 向かう先にあるのは人の住む村。


 棍棒や穂先を削っただけの槍、錆で真っ赤になった剣などを手にしている小男は、犬のような頭部を持った人型の魔物コボルトだ。


 眼前にある村は、村というよりも集落と呼んだ方がイメージと合致するくらいの、本当に小さく、粗末な所であるが、コボルトにとっては襲いやすい。


 穀物と野菜と水を手に入れるには絶好の場所だ。


「――」


 コボルトが口々に叫び声を――活字にし難い言葉かも知れない――をあげ、手にした武器で集落を指す。


 距離を詰めつつ、進軍速度を速めていく。


 そのスピードが走るスピードになった時、村に恐るべき変化が起こる。



 紫の光が広がり、半球となって村を覆ったのだ。



 結界、或いは障壁と呼ばれる事もある魔物の襲撃から守る防御魔法だ。


「――!」


 コボルトの叫び声には、呪いの言葉にも似た響きがあった。忌々しいと毒突いたくらいではない。もっともっと重い響きだ。


 ただし防御魔法も、ここまで巨大になれば維持するために術者も命を賭けなければならないほどの負担になる。


 半球の形は、ゆらりゆらりと歪んでいる。それは術者が万全でないことを示しているのではないか?


「――」


 今度の叫び声は、聞いた者全てが理解できた。



 行けと命じたのだ、



 最前線のコボルトが全力疾走に移った。防御魔法など知った事かと武器を構えて。


 だが、その前に立ちはだかる者がいる。


 一人ではない――二人だ。


 コボルトのスピードを緩めさせるのだから、その二人の素性は明らかだ。



 剣士に違いない。



「抜剣」


 女の姿が精剣へと変わり、男の手に収まる。その刃からは、まるで剣士の闘気が宿ったかのように白い輝きが立ち上っていた。炎のような赤い鳥を模した護拳が特徴的な剣は、決してノーマルではない。


 剣士が精剣を構えると、突撃してくるコボルトの足が若干、弱まった。


 しかし足踏みしたのが最前列を走る一列だけでは、全体の動きは変わらない。


 最前線がつんのめれば隊列が崩れるかと思ったが、一度、全力疾走状態に入ったコボルトは止まらない。


 仲間を踏み潰してでも前へ出て行く。足が縺れる事など無視する。確かに陣形が乱れはするが、仲間を踏み潰して進むコボルトに決定的な崩れはなかった。


 精剣を持っている剣士といえども一人で相手にできる数ではないはず――と思ったかどうかは、分からない。人語を解するコボルトであるが、血が上った頭だ。何を考えているのか、思考を読むのは難しい。


 剣士もコボルトの考えを察しようとはしなかった。


 構えた精剣を振り上げる剣士は、その相貌をコボルトへと向けつつも、意識は背後の村へも広げていた。


 ――防御魔法に揺らぎがある!


 どれだけの時間、防御魔法を保たせられるかは分からないが、そう長い時間ではあるまい。


 剣士がスキルを発動させる。


闘気とうき捻出ねんしゅつ……!」


 精剣から溢れる輝きが、白から朱へと色を変える。


 輝きは、その形を不定形から巨大な鳥へと姿を変え――、


「オーラバード!」


 振り下ろす一撃と共に、朱に輝く鳥が弾き出された。


「ライジング!」


 文字通り、真一文字にコボルトの前線を切り裂き、飛翔する旋風がコボルトの足を止める。


「――!」


 またコボルトの叫び声が聞こえた。後方から飛ばされた怒声だった。怯むなと檄を飛ばしたのかも知れないし、停止は死を意味すると脅したのかも知れない。


 それによって一瞬に過ぎない停止となったが、一瞬でも剣士にとっては千載一遇の好機だ。


「ウィニング!」


 もう一度、走り始めようとしたコボルトの、今度は中心部へとオーラバードを急降下させる。


 その一撃が遂にコボルトの陣形にヒビを入れた。


 ――いや、まだだ!


 切り込みたい衝動に駆られる剣士であったが、それを押さえて精剣を宛らタクトのように振るう。


「ケイジ!」


 オーラバードが降り立った地点から八方へ亀裂と炎が広がり、剣士が精剣の切っ先を天へと向けた瞬間、その八方へと広がった亀裂より数を無数に変えて舞い上がったのだった。


 文字通りコボルトの陣はズタズタだ。


 ――よし!


 そこで満を持して切り込む剣士。混乱に乗じ、一気に首魁の首を取るつもりだった。オーラバードは強力なスキルであるが、細かな照準はつけられないし、乱射できるものでもない。


 切り込み、まごついていた一匹のコボルトに狙いを付ける。振りかぶられた精剣は恐るべき鋭さ、恐るべき重さを発揮し、その首を落とした。それを二度、三度と繰り返したところで、コボルトも漸く正気を取り戻し、自分たちの中心に来た剣士へ向けて槍の穂先を揃える。


「――!」


 逃げ場を奪って刺し殺せといったのだろう。


 隊列を組もうとしたところへ、剣士は精剣を横薙ぎに振るった。


「サークル!」


 その言葉と共に、上空を旋回していたオーラバードが弧を描き、舞い降りてくる。槍を並べた戦術の弱点は側面だ。槍を並べてしまった場合、向きを変えるためには一度、全員が穂先を上げなければならない。オーラバードのスピードは、それを許さない。





 たった一人の剣士が100匹に及ぶコボルトを相手に一歩も引かず、寧ろ圧倒している光景を背に、村へと回ろうとする者がいた。


 禿頭でつり上がった目を持っているのは、人ではなくコボルトだ。


 しかし他のコボルトと違ったのは、その肌が真っ白い事だった。



 色素がないのだ。



 肌が灰色に近い白で、代わりに目が血のような赤い色をしていた。


「……」


 そんなコボルトが二匹、連れ立って戦線を離脱していた。オーラバードが飛翔し、陣形をズタズタにしたからこそ可能な離脱だった。ここでもう一度、剣士の背後を狙うという選択肢もあるのだが、それは断念した。気配を察する事に関して、剣士はずば抜けている。自分のスキルが、どういう場面で有効かを知っているからだ。


 白いコボルト二匹が目指したのは、防御魔法が不安定になっている村だ。


 ――抜けられるはずだ。


 そう直感していた。事実、抜けた者を見た事があった。滑らかな半球を描いている時はダメだが、そこに揺らぎが発生した時、まるで風に揺れたカーテンの如く隙間が発生してしまう。


 目を凝らす。半円に走る揺らぎは、徐々に発生する間隔が短くなっている。それだけ術者が負担に耐えられなくなっているのだ。


 揺らぎが来る。


 その一度は尻込みしたように見逃すことになったが、もう一度、来た時、二匹は意を決して飛び込んだ。防御魔法とはいうが、発生している光はギロチンでもあり剣でもある。触れても無傷で済む代物ではない。


 運が良かった。焼け付くような、凍みるような、そんな矛盾の塊のような痛みを背に感じたが、四肢の欠損もなく、行動に支障のない傷しか負わなかったのだから。


 兎に角、防御魔法は抜けた。もっと大人数であったならば、殺到したコボルトが何匹も犠牲になったはずだが、たった二匹であった事が幸いした。


 しかし村に入ってみると、村人とて無手でいる訳ではない。


 外の守りは剣士が一手に引き受けているが、もし防御魔法を突破した者がいれば倒せる程度の装備に身を固め、巡回している。


 それに対し、この白いコボルト二匹は、頭がよかった。


 隠れた。


 そして幸いな事に――といっていいのか悪いのかは分からないが――防御魔法が作り出している光が、村人の目を奪い、またコボルトの白い肌には味方となった。赤い肌を持つコボルトの間では爪弾きにされる白い肌だが、防御魔法の光をそのまま映す肌は、注意して見なければ溶け込んでしまう。


 村人を避け、コボルトは行く。



 この防御魔法を操っている術者の元だ。



 村の最奥、粗末だが神殿とでも呼べる場所だ。


 周囲へ魔力を放つためか、全ての戸、窓が開け放たれた板張りの神殿には、その中心に少女が座らされていた。手を組み、一心不乱に祈っているように見える少女は、年齢がやっと十代半ばにさしかかったかというくらいか。額に浮かんでいる汗は、冷や汗と脂汗の混じったもので、黒い髪を額に張り付かせていた。


「ハァ……ハァ……」


 肩で息をしている。ここまで巨大な防御魔法を維持しているのだ。辛くない訳がない。


 限界を迎えているのは明らかで、固く閉じた両目はそうしなければ耐えられないからだ。


「――!」


 コボルトは声を上げてしまった。ここまで決定的な瞬間に出くわすとは思っていなかった。


「!?」


 巫女が反射的に目を開けた。


 その目に映ったのは、錆が浮かび、刃物として用を足すのかどうかも分からない剣だった。



 その日、村を守ってきた防御魔法は消えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます