第10話「かみさまの、めぐみたたえる」

 宛てのある旅をしている訳ではないファンとエルであるが。だからといって、人のいない方へ行っても仕方がない。


 だから街道を中心に移動し、時々、小道へ外れる。


「そろそろ信用できる地図がなくなります」


 キャビンからエルが声をかけた。


「計りながら進むとしますか」


 道具を出してくれというファンは、馬の足を緩めさせた。地図が亡い地域は、道だけでも測量して地図を作っていく。



 そもそも地図は戦略物資だ。



 進軍ルートの決定だけでなく、徴兵の基本となる「人」の調査にも繋がるからだ。この国の度量衡は人を基準としており、土地の広さは農業生産によって決定する。成人男性が一年に食べる穀物の量を1ハント、それだけの収穫を得られる土地の広さを1タントと呼ぶ。1年は360日であるから、1ハントの1000分の1が大体、一食で成人男性が食べる穀物の量という事になり、その単位を1リーベと定めている。


 土地の広さで、その土地で養える人口が計算できるのだから、優れた地図は金になる。


「ま~、お金もらっても仕方ないッスけどねェ」


 エルが立てている竹竿を基準に距離を計算していくファンは、そろそろ寂しくなったキャビンを見遣った。地方へ行けば、まだまだ原始的な物々交換が主だ。物が慢性的に不足するのが戦乱の時代だった。物がないから金で、という方向で進んでしまった貨幣経済であるから、金はあくまでも代替品なのだ。


 買えるところで買い、消費しながら進むか、必要な物に交換してしまうか、そうしなければ旅を続けられない。


「芸で変えましょう」


 竹竿を移動させながら道の先を見遣るエルは、道の宛てはないが、食う宛てはあるのだろうかと首を傾げさせていた。


 街道から逸れたとはいえ、道があるのだから集落もあるはずだか――、


「変えられれば、いいッスねェ」


 集落が健全に運営されている可能性は、まだまだ低い。





 幌馬車を進めると、確かにファンとエルが望む通り集落はあった。


 しかし集落の荒れ様は、二人の予想を遙かに超えていたが。


「参ったッスねェ」


 手綱を握るファンは、商店がないかと周囲に視線を巡らせるのだが、それらしい建物は見えない。


「……この荒れ方は、盗賊では亡いでしょう」


 エルも窓越しであるが、集落の景色を見ていた。



 理由は集落の荒れ方だ。



 盗賊だというのならば、何もかもを奪っていくはずだが、この集落は建物が建物として残っている。


 荒らされているのは、畑の一部と備蓄庫だ。


 根刮ぎ奪っていったのではなく、一部だけ――恐らくは必要な分だけを奪っていった、となれば、盗賊ではない。


「……魔物ッスかぁ……」


 ファンは大きく溜息を吐いた。


 盗賊と魔物の違いは、盗賊ならば皆殺しにするところを、魔物は被害が小さくて済むのだが、何度も繰り返される点が挙げられる。


 ――まだ一度だけ……って様子じゃないな。


 被害の様子から、何度の襲撃があったのかと予想するファン。その予想は、当たらずとも遠からず、というのが常だ。


 どちらにせよ、この集落では補給は望みが薄い。魔物は自分たちが食べるな分しか奪っていかないが、残された食料に、旅人へ施す余裕はないだろう。


 その上、ファンから見ると、この集落は心配な点があまりにも多い。


 魔物に対する防御は、集落の中心に術者となる術者を置き、防御魔法を展開させる事が防御の基本となるため、防壁は比較的低くても構わないのだが、それでも穴が空いている防壁では用を為さない。


 その上、魔物が荒らしていったという事は、その術者に何か問題が起きているという事でもある。


「……うーん?」


 どうするかと考えるファンは馬を止めた。早めに出立した方がいいのではないかと思うが、「いるだけ無駄だ」と断じられないのがファンだ。


「人、探すッスよ」


 馬を手近にあった木に繋ぎ、ファンが周囲に視線を巡らせる。集落を襲う魔物のうち、人肉食を好まない魔物は畑を荒らさない。


 畑は無事だ。


 ただし街並みを見るに、やはりファンとエルに分けられる程の蓄えがあるとは思えない。


 しかし、それ以上にファンが気にした事は――、


「薬とか、余ってるッスか?」


 こういう場所で不足しがちなのは、食料もそうだが医療品だ。その状況なのだから、襲撃を無傷で切り抜けられたはずがなく、負傷者は労働力の損失に繋がる。そして怪我人の次に出るのは病人だ。


「傷薬などは……、まぁ、余裕余裕といえる程ではありませんが、あります」


「あー、そりゃ、すまないッスなぁ。自分が使ってたッスわ」


 ファンは頭を掻きつつ、「あ痛ぁ」と戯けた顔と身振りを見せた。曲芸や軽業の練習で生傷を作ってしまう。医療品こそ余裕を持っていられない。


「でも、困っている人がいれば、使ってしまいましょう」


 エルは、食料品に変えられるならば変えてしまおう、とは言わない。互いに必要なものを交換するのは正当な商行為であるが、ファンの性格では今のような状況で交換を持ちかけるのは、傘に懸かるように感じてしまう。


 ――タダという訳にはいかないけれど。


 ファンに気遣いつつ、正当な対価をもらう算段を立てたところで、エルは人影を見つけた。


「もし、そこの方」


 声楽を心得ているエルの声は、よく通った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます