ヴェルナスタ特務局の魔法事件簿 〜少年は平和のため/生活のため、呪いの美女と土属性の魔法を武器に戦います! 性癖を気にしてたら、やってられません〜

作者 司之々

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全49話

更新

  1. 第一章 大運河の怪魚人
  2. 1.静かな夜も良いんだけどな
  3. 2.なかなかの美意識ですね
  4. 3.局に案内するわ
  5. 4.ざっくりしてるね
  6. 5.御褒美も考えてあげますよ
  7. 6.適当だよなあ
  8. 7.私を感じて下さい
  9. 8.無関係じゃないわ
  10. 9.頼りにしてるよ
  11. 10.はげんで下さいね
  12. 11.だから嫌なのよ
  13. 12.魔法は千差万別
  14. 13.きつく言っておいてあげましょう
  15. <登場人物イラスト>
  16. 第二章 潟の氷結聖母像
  17. 14.俺のことは放っておいてくれ
  18. 15.あれこれ考える必要はない
  19. 16.ちゃんと甘やかしますよ
  20. 17.きっとそうなんですね
  21. 18.私をお母さまに紹介するのです
  22. 19.驚いたわ
  23. 20.新しい種類の快感を覚えます
  24. 21.それは要らない
  25. 22.ぼくと父さんの問題だよ
  26. 23.地平の果てまであなたと共に
  27. 24.その機会を待とう
  28. 25.真っ向勝負だ
  29. 26.痛くしませんよ
  30. 27.潮の匂いがしますね
  31. 28.急に大所帯になったなあ
  32. 第三章 水上都市の悪霊
  33. 29.今日は静かですねえ
  34. 30.強いて選ぶなら果実系です
  35. 31.素敵だわ
  36. 32.お邪魔してごめんなさいね
  37. 33.分量をわきまえろ
  38. 34.友達なの
  39. 35.約束していたの
  40. 36.構いやしないわ
  41. 37.いくらでも文句を言ってください
  42. 38.それで充分よ
  43. 第四章 小型船の邪神教徒
  44. 39.そこいらへんでやめとけって
  45. 40.深い命題ですね
  46. 41.供養してやりましょ
  47. 42.落ち着いた方が良い
  48. 43.悪いけどそこまでな
  49. 44.これは怒りではありません
  50. 45.目を離さずに
  51. 46.羽毛が未成熟なの
  52. 47.供養って言うんですかねえ
  53. 48.そういうことでさ