食客商売7話-4「請負人、確定申告に奔走する」


「……てな訳で、その金貸しの寺院をしょっぴく口実が欲しいのさ」

 防人の長官、ゴチェフは三つ編みの髭を撫でながら言った。

「ははあ。左様ですか。しかし、どうも、いやはや」

 コッパアが頭を掻く。ドモンは腕を組んだまま、口を固く閉ざしている。


 市庁舎の事務室には、よく素行の悪い役人達が仕事をサボって遊びに来る。

  その「素行の悪い」連中の中に、ちゃっかり防人が混ざっていた。

 ただの防人ならまだいい。問題は、その防人が組織の長であるということ。これでは誰も叱る事が出来ない。

 こうして、不良共の些細な悪行は、権威の濫用によって、半ば黙認されているのであった。


「それでしたら、脱税の証拠を突きつけるのがよろしいでしょう。ええと、ここに金の計算と書類には、小うるさい男がおります」

 コッパアはドモンに話を振った。

「ほう?」

「……その寺院が役所に提出した申告書に、一つでも嘘偽りがあれば、口実は作れます」

「確かめられるか?」

「税務の者をゴチェフ様の元へ出向かせます。ただいま、手配をして参りますので、失礼!」

 コッパアが素早く動いた。


「あ奴、普段はさほど俊敏でもないだろう?」

「ええ」

 素直にドモンは頷く。

「まあ、口実を作った所で、金の力で逃げるだろうな。それに、実は金を借りた客に、現役の司法関係者がいてなぁ」

「では勝ち目が薄いと?」

「おいおい。捕まえるだけが勝利じゃあないぜ。正義ってのは、何でもアリなんだ」

 ゴチェフはあっけらかんと言った。


「街には請負人とか言う、くそったれな殺し屋がいて、まるで正義の使者のように振る舞ってやがるそうじゃあないか。おかげで、奴らを正義の使者だと囃す馬鹿も少なくない」

 請負人。ドモンは密かに動揺した。

 その請負人の正体は、ここにいるドモン・マギルなのだから。


 勘付かれたか? ドモンは防人の主から目を離さぬよう、正面を向けた。

「つまり、馬鹿共にとっては、請負人の殺しもまた正義なのさ」

「なるほど」

 ゴチェフの人懐っこい笑みに対し、ドモンは無表情を貫き通す。

「……あまり、関心はできませんな」

 低い声でドモンは感想を述べた。

「まあな。野放しにするつもりはねぇよ。だがしかし、会ってみてぇもんだ。その請負人とやらによお」

 ゴチェフは節くれだった厚い手に拳を作った。


--------------------------------------------------------


 夜道を歩くドモンは、ランタンを片手に、ずっと前だけを見ていた。

 河原沿いの小道に人の気配はない。

 通り過ぎる民家や暖簾を下ろした商店は、ひっそり静まり返っている。

 ランタン灯りは寒空の暗闇に呑まれてしまい、わずかに小役人の帰り道を示すだけだ。


「……すまんな。このような事をさせて」

 ふと、ドモンは足を止めて口を開く。

 その姿はまるで、闇に向かって話しているようだった。

「珍しいねぇ。アンタが、誰かに後ろを守らせるなんて」

 女の声が返ってきた。

 ニト。マギル商会の食客。


「防人の動きに気をつけろ」

 ドモンは静かに言った。

「するってぇと、ゴチェフは勘付いたのかい、アンタの正体に?」

「それにしては、揺さぶり方が露骨すぎる」

 正体を暴くまでには至っていない。ドモンはそう判断した。


「しかし、請負人の動きに関心を寄せ始めたのは確かだ。気を抜くな。証拠を掴まれたら、どこまでも追ってくるぞ」

「おっかねぇや。アンタが何とかし てくれ」

「私だって願い下げだ」

 二人揃ってため息。

「ところで、高利貸しの因業坊主のことだけど」

 切り出したのはニト。

「近いうちに仕事で関わることになるかも」

「分かった。心しておこう」

 ドモンは気づいた。ほんの一瞬で、ニトの気配が跡形もなく消えたことに。


--------------------------------------------------------


 あくる朝、エシェバ老は息を引き取った。

 その後の葬儀や埋葬に、家族や親戚といった血縁者達の姿はなかった。

 老人が一族の最後の一人だったのだ。


 エシェバ老の棺に土をかけたのは、最期まで尽くした執事と数少ない友人。それを見守るのは、マギル商会の主人一家。そして、安駄賃で呼んだ、ざんばら髪の坊主。


 レミルは坊主を見て、最初は気まずげにしていた。でも今は違う。

 たとえざんばら髪だろうが、派手な着物を着ていようが、どうでもいい。

 それより、別れとはこうも呆気ないのだと、拍子抜けしていた。

 何一つ印象に残るような事もなく、すべてが淡々と、滞りなく進んでいく。

 悲しいとはもっと湿っぽい気がしていた。


 今は乾いている。どうして?

 祖父が死んだ時。

 私はどうしていたんだろう。

 結局、レミルは最後まで涙を一滴も流せなかった。


 店に戻ったレミルは、食客や友人たちに、葬儀の事を静かに話した。泣けなかったことも、正直に。

「悲しいからって、必ず涙が流れると限らないよ、お嬢」

 ぼんやりした眼差しで、食客は言った。

「そうですね。悲しみ方は人の数だけあるのだと思います」

 続けて口を開いたのは、ロラミア。

「レミルさんが率直に悲しいとおもったのなら、あなたは悲しんでいた。それで良いと思います」


「うん……。そうなのかな。ごめんね、みんな。何だか急に、自分が薄情な人間になっちゃったのかと思って」

「家族で なければ他人だ。情が薄くて当然だろう。よもや貴様、世界中の人間が一人死ぬ度に悲しむつもりか?」

 と、言ったのはクーゼだった。


「無神経すぎますよ。それに、エシェバ老はまったくの他人でもないんですから」

 困惑気味にロラミアが抗議する。

 答えに窮したクーゼは一同から背を向けた。

「……すまん」

 やっと紡ぎ出せた言葉は謝罪だった。


「ううん。気にしないで。この話、もう止めにしよう。いつまでも、感傷に浸ってちゃいけないよね」

 レミルは寂しげに笑う。

「話を聞いてもらってありがとう。お腹、空いてない? 家からお菓子を持ってくるわ」

「手伝うよ、お嬢」

 ニトが真っ先に動く。

「つまみ食いはダメだかんね」

「へーい」


 二人が蔵を出た後、ロラミアは、ずっと背を向けていたクーゼに話しかけた。

「修練も大事ですが、少しくらい、正しい言葉の選び方を学んではいかがでしょう?」

 返ってきたのは舌打ちを一つだけ。クーゼは何も答えなかった。


「クーゼさんなりに慰めようとしたのでしょう? 本当は気に病むなって、言いたかったんでしょう?」

「……あいつとそっくりだな、貴様は」

「はい?」

「かつて、貴様のようなお節介焼きがいたんだ。もういい。この話は忘れろ」

 女剣士は歯をくいしばる。彼女もまた、親しい者を喪っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます