食客商売4話-4「酒にのまれるのは食客」

「分かってんのか、テメエら!コトの重大さによおぉ!?」

 ヂヲの腹心が椅子を蹴飛ばす。椅子は宙をくるくる舞い、床に落ちて四散した。

 彼の名はコズン。

 そして、彼の傍にはいつも巨漢の用心棒がついていた。

 こっちの名前はジェリ。


「あの壺。あの壺が無くなったら、俺たちゃあ、おしまいなんだぁよ!」

 拳をテーブルに叩きつける。表面に大きなくぼみができた。

「はひっ。も、申し訳ありません。で、ですがどこにあるか、検討はついとります」

 鮪男は歯を震わせながら、それでも懸命に答えた。

「どこだ?」

「ま……マギル商会とかいう、ちんけな雑貨屋でさあ。あのジジイ、盗んだ壺を、その店に売っちまったんだ」

「え、でも……」

 イタチ顔が何かを言おうとしたが、鮪男はそれを遮った。

「準備さえ整えば、店に入って盗んでやりますとも、ええ!」

 魚の眼をくりくりさせて、鮪男が身を乗り出す。コズンはしばらく黙っていたが、ようやく口を開く。

「3日。3日でカタをつけろ。もしダメなら、テメェら3人とも、河ン中だぜ」

 青ざめた顔で3人は平伏する。コズンは見向きもせず、幅広の大刀を肩に担いで去った。


「……余計なコト、言うんじゃない!」

 しばらくして、鮪男がイタチ顔を叱った。

「で、でも。本当は、あの店にあるかどうかなんて、たしかめられなかっただろ?」

 あれは嘘だった。

 マギル商会では、番頭に適当にあしらわれ、収穫もなく退散したのだ。

「どうせ、コズンの旦那には分かりっこないんだ。一応は上手くいったろう?」

「……で、どうする。今度ばかりはブツがないと、オレたちが殺される」

 ずっと黙っていた狐目が喋る。

「あのジジイを問い詰めて吐かせたのはいいが、ひょっとして、あいつも嘘をついていたのかも」

「また、ジジイの所に行くか?」

 と、イタチ顔。


「……畜生。こんなコトなら、ヂヲの酒蔵に通うんじゃあなかった!」

 おもむろに鮪男は毒づいた。

 三人は同じ貧乏長屋に住む顔見知り同士だ。そして、二束三文の僅かな金、その日暮らしを送る人足でもある。

「安い密造酒に安く遊べる賭場。最初は軽い憂さ晴らしに良かったのに」

「気付いたら、酒浸りと賭け浸りで、文無しどころか借金まみれ。雑用やって金を返さなきゃ、元締めのヂヲ一家に河に捨てられるんだ」

「嫌んなっちゃうなぁ」

「はー……」

 3人は狭い部屋で肩を合わせ、揃ってため息を吐いた。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


「一体どうして、あなたは金持ちなの?」

 女が尋ねる。薄手の布を肩に掛けただけで、他は何もまとっていない。

首すじの刺青は牡丹の花だった。

「御主様に愛されてるんだ。毎朝、恋文が届く。いつも読まねぇで捨てるんだけど」

 骨付き肉を咥えたまま、ディー・ランは臆面もなく答えた。彼も下着以外は何も着ていない。

 二人はかび臭い寝台に横になり、休息をとっていた。

「足を向けて寝てる癖に、よく言うわ」


 ディー・ランは僧侶だ。しかし、彼は清貧や貞操というものを蔑ろにしている節があった。

 何しろ彼は、寺院の許可なく出家した、私度僧。仏罰への意識は皆無なのだ。

「妬くなよ、リーシェ。今はほら、良い女が目の前にいるから」

 ディー・ランは節くれ立った太い指で、女の体をなぞった。

 くすぐったいのか女は痩せ細った体をよじる。

 左脇の肉が伸びて肋骨の形がはっきり見えた。

「その気にさせないでよ。これ、仕事なんだから」


「仕事ねぇ」

 仕事。割り切ってしまえば何と楽か。こうして、好みではない痩せた女とも、表向きは仲良く寝ることができるのだから。

「昨日、酒を奢ってくれたのは感謝してるよ。その後も色々と楽しくやらせてもらった。あなたは良い人だけど、それ以上の感情はない」

 リーシェは寝台から降りようと、体を動かした。

「いいね、そういう考え」

 ディー・ランは骨を皿に向けて吐き出す。それからリーシェの手首を掴んだ。


「だったら、もう一働きしないか?」

「金はともかく、カラダが持つのかい?」

 女が体ごと向きなおる。首すじの牡丹の刺青が艶かしく動いた。

「どっちのだ?強がってると、気ィ失っちまうぞ?」

「ばか」

 二人は互いの体に腕を回し、絡み合いながら横になる。

「そうだ。聞こうと思ってたのがあった」

 徐にディー・ランが口走る。

「なぁに?」

「あの壺。どこで買った?中々、いい品物だとおもってな」

 ディー・ランは顎でそれを指した。

 部屋の脇に壺が置いてあった。高価なものには見えない。模様も色合いも地味だが、不思議と上品さが感じられる。

 貧乏娼婦の部屋には不釣り合いだと、ディー・ランは訝しんでいる。

 すると、見透かしたようにリーシェは囁いた。

「あれは……貰い物だよ。とっても親切な爺さんが、アタシにくれたのサ」


 その日の夜。

「ジジイがいねぇだと?」

 鮪男が訊き返す。狐目は黙って頷く。

「二人で長屋に行ったんだけどよ、もぬけの殻だった。逃げたのかも」

 と、イタチ顔。

「それじゃあ、ヤツの事は忘れろ。今は目の前のことに集中すりゃいいんだ」


 鮪男の丸い目は、マギル商会に注がれていた。

 三人は街道を挟んだ野原から、盗みに入る見せの様子を伺っていた。

 最初は、裏手の雑木林から侵入しようと目論んでいたが、道に迷いかけて断念したのだ。

 彼らは幸運だった。雑木林には、食客の仕掛けた罠が至る所に張り巡らされていたのだから。


 とはいえ、野原に長居もできない。

「でもさあ、俺たち盗みなんてやったことないぜ。どうすんだ?」

「どうするもこうするも、こっそり忍び込んで目当ての物を頂戴すんだ」

「見つかったら?」

 狐目が訊く。

「そん時の為に、刀持ってきてんだろ!」

 鮪男が湾刀を掲げる。

「こ、殺すのか!?」

「馬鹿、振り回して脅すだけだ。殺してみろ。防人に捕まったら縛り首にされる」

 3人は戦々恐々としながらも、マギル商会へと近づいていった。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



「そうだ。確か、連中が来る前、壺を売りにきた老人がいたな」

不意にザムロが言った。

「それを探しているのか、あの三人組」

ニトはぐずつく空模様を窺いながら応える。

厚い雲が夜空を覆い、肌を撫でる風は湿っていた。

食客は窓を閉める。

「値打ち物がまざっていたのかい?」

番頭へ体ごと向けてから、そっと彼女は尋ねた。

「いやいや、どれもガラクタ。明後日にでも、砕いて染料屋に持っていくつもりだ」

「金にならない古物が目当てだっていうの?」

ニトは椅子の上で胡座をかき、

「壺が欲しいんじゃあ無いんだろう。例えばそうだな……」

ザムロは脂がのった顎をさする。

「壺に隠した<何か>が欲しい」

答えたのはニトだった。

「順当に考えりゃあ、そうだろうぜ。ンでよ、物は相談なんだが……」

「これ以上の深入りはお止しなさい。店に余計な火の粉を撒くようなもんだよ?」

ニトは呆れ顔で手を振る。首を突っ込むだけ店に災いが返ってくるかもしれない。それだけは、食客として避けたかった。

「安心しろ。下手にコトは荒だてねぇって約束すっからさ」

余裕綽々とザムロが言ってのけた時だった。

「その約束がさっそくフイになったみたい。今、誰かが塀を乗り越えた」

食客は窓へ鋭い視線をはしらせた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます