食客商売4話-5「酒にのまれるのは食客」


マギル商会には蔵が二つある。一つが家の、もう一つが店のものだ。後者には勿論、商品が保管されている。

三人組の目当ては、この中にあるだろう、古い壺だった。


蔵には小さな窓が二つだけしかない。入口は同然、重い扉で閉ざされている。となれば、窓から侵入するのが当然だろう。


三人組は窓の下まで忍び足。まばらに敷かれた砂利を避けるように近づいていく。

庭はさほど広くないが、身を隠せる障害物が沢山ある。そして殆ど真っ暗だった。

音さえ出さなければ見つかることもないだろう。彼らはそう踏んでいた。

既に食客に捕捉されているとも知らず。


ニトは暗闇の中から侵入者達を監視していた。彼女は生き物が放つ気配を殺し、完全に溶け込んでいた。

確かにそこにいる。しかし、誰も彼女がそこにいるとは気付けない。


あとは、いつものように近づいて殺すだけなのだが、この日のニトは、すぐ行動に移そうとしなかった。


素人すぎる。身のこなし、周囲への警戒、何もかもがお粗末だ。

これが初仕事か。

ニトの体から、急速に殺意が抜けていった。

目くじら立てて殺すのはアホ臭い。


そう思った瞬間、彼女は複雑な気分になった。

昔の自分は基準など設けずに見つけたらすぐ殺していた。

つまり、甘くなっている、ということだ。

不味いわね、これは。

食客は苦々しい顔つきで、三人組へと近づいていった。


いよいよ、三人組は窓の下に到達した。おっかなびっくり進んでいたせいで、たどり着くまでに長い時間を要していた。

狐目は鉤付きの縄を肩から下ろした。

それをくるくる回し、窓へ向けて投げる。鉤を引っ掛けてよじ登ろうというのだ。


狐目の手から離れた鉤は、そのまま蔵の窓に届……かない!


壁に当たって跳ね返ってきた。しかも、要らぬ物音までたてて。


イタチ顔が声を抑えて狼狽し、鮪男も周囲をキョロキョロ見回す。

不安と恐怖が彼らをその場で金縛りにした。

やがて、怖れていた事態にはならない事に気付いた。

誰も来ない。全て杞憂だった。


緊張を解き、安堵した……次の瞬間!


狐目の両脚に縄が巻きついた。

そして、獲物を捕らえた大蛇の如く、彼を地面に引き倒してしまう。

悲鳴をあげる狐目、恐怖で言葉すら失った残り二人。

縄に捕まった狐目は木の根元まで引きずられていった。

そして、見えない力で持ち上げられ、木に逆さ吊りにされた。

「た、助けて……!」

狐目が仲間達に助けを求める。

しかし、暗闇の中から信頼する仲間達が出てくる気配はない。

代わりに、塀の辺りから騒がしい物音が聞こえてした。

見捨てられた。狐目は憤慨よりも絶望に駆られた。

ようやく奉公人達が侵入者に気付いて家から出てきた。

手にした提灯が狐目を照らす。

侵入者の涙は、細い目から額を伝って地面に落ちていた。


--------------------------------------------------------


 既にニトは商会を飛び出していた。

 食客は大急ぎで逃げる二人を追っていた。

 侵入者たちは持ってきた刀や、顔を隠す頭巾を途中で落としていく。そんな彼らをニトは、ほぼ一定の距離をとって追跡。


 木々を渡り歩き、時には人の背丈ほどの壁すら飛び越えながら、彼らに気づかれる(その心配は皆無だが)ことなく追い続けた。

 そして、ニトが辿り着いたのはヂヲの密造酒工場ではなく、貧乏長屋の外れだった。


 廃屋が何軒かあるだけ。さみしい場所。

 その一つに侵入者たちは逃げ込んだ。ニトは壁の隙間から室内を窺い見た。耳を澄ませると、彼らの切羽詰まったやり取りが聞こえてくる。

「もう駄目だ!このまま俺たち 、コズンに殺されちまう!」

「お、落ち着け。まだやり様はある!」

「嘘つけ。大体、たかが腐った壺一つを探させるってのがおかしい話しなんだ。きっとあれは、体良く俺たちを始末する為の……」


 ニトはコズンという名前を記憶して、壁から離れた。


 翌日。

 生臭坊主のディー・ランは、サンダルを足に引っかけ、石畳の道を踏みしめていた。

 御主はこの世の誰よりも倹約家だ。この世の誰よりも潔癖で欲を嫌う。故に、貧相だ。

 つまり、清いほど貧しく、汚いほど美しい?

 唐突に昨日の酔いと多幸感を彼は思い出した。リーシェの部屋を出たのは、朝陽が上って間もない頃。あれから時間が経ち、太陽は今、頭のほぼ真上に移っている。


 やせぎすの体に牡丹の花が咲く。僧侶はにんまり笑った。


 今夜も通うか。

 迷いなくディー・ランは決めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます