食客商売4話-6「酒にのまれるのは食客」

-----------------------------------------

 ヂヲは密造酒の売買でのし上がった男だ。

 滅多に人前には姿を見せず、その人となりは長らく謎に包まれていた。

 しかし、ニトはその秘密をすんなり知ってしまった。



 天井に張り巡らされた梁から、女食客はだだっ広い酒蔵を見下ろしていた。

 あの追跡の後、彼女は密造の本拠地に潜入したのだ。

「ほへぇ……」

 思わず口からため息が漏れた。彼女ですら圧倒される光景が、足元に広がっている。


 巨大な貯蔵タンクが一面にずらりと並ぶ。その一つ一つ に、何人もの男たちが肩を寄せて集まり、酒造りに精を出していた。皆、周りを見ようとしない。目の前の作業に集中している。


作業の内容も設備もしっかりしたものだった。彼らの密造は、そこらの酒造工場にヒケをとらないほど、大がかりに行われていた。

 作業場から離れた一角には、使われていない樽や器材が雑然と積み上げられている。

その中に一つ、特に汚い樽が混ざっていた。


 ヂヲはあの中に入っている。

 正確には細切れにされた彼の肉体。あるいは、人間を構成していた部品の数々。

 いずれにせよ、ヂヲだったものは酒漬けにされ、樽の中にみっしり詰まっているのだ。


 彼は殺された。ニトの目の前で。

 コズンという部下の手で。

 バラバラにしたのはコズンの手下たち。顔にはっきり、気が進まないと書いていたが、彼らは従った。


 原因は例によって壺だった。

 ヂヲは部下を怒鳴り散らしながら、こう言った。

「あの壺はな、酒の帳簿なんだよ!」

 彼らは壺の裏側に、酒の売買の記録をとっているらしい。

 壺によって刻まれる内容が変わる。顧客の名前、卸した酒の品目、値段などだ。

 彼らが血眼になって探しているのは、顧客情報がびっしり書き込まれた、最も重要な壺だった。

 怒り狂うヂヲに責められ続け、コズンはついに逆上。隙をついて組織の頭目を、自分の雇い主を殺した。

 一連の騒動からはや2時間。職人たちは黙々と作業を続け、コズンら幹部は冷徹に今後について話し合っている。

 ヂヲが殺され、蔵の裏で後処理が行われていようとも、密造酒の製造が中断されることはなかった。

 そして、コズンらもいっさい取り乱さない。

 よくできた組織だった。これなら、頭目が誰になろうとも、機能不全に陥ることはない。

 ニトは監視を切り上げることにした。必要な情報は手に入れた。

 コズンの話によると、壺は賭場に出入りしていた老人が持ち去ってしまったらしい。

 その後、老人は他の壺と合わせて、まとめてマギル商会へ売りに来た。

 なぜ老人はこのような真似をしたのか。誰もその理由を考えようとしない。当然だ。壺の行方とは全く関係ないことなのだから。

 壺さえどうにかしてしまえば、丸く収まる。

 ニトの両肩から力が抜け た。マギル商会はさっさと壺を手放せば、この一件から解放される。

 食客が退散しようとした時だ。蔵の中に大男が入ってきた。

 その手に持っていたのは、壺だった。


 船着場のすぐ横、木箱やゴミが雑多に置かれた河岸に野次馬ができていた。

 生臭坊主のディー・ランは、その中に立ち尽くしていた。

 彼は口を固く結び、拳を固く握り締めていた。そして、鋭い眼光を、岸にあげられたばかりの死体へ注いでいる。

 遠目からでもよく見えた。

 死体の首筋に彫られた刺青が。死んでもなお咲く牡丹の花が。

 知り合ったばかりの娼婦、リーシェ。彼女は水路の端っこに死体となって浮かんでいた。

 野次馬たちは平然と死体を見て、飽きると立ち去って いく。

 死体など、汚い路地や排水路の辺りによく転がっているものだ。とりわけ、日銭もマトモに稼げぬ手合いの死体は。

「近くに住んでた貧乏娼婦でさ」

「溺れて死んだようだな」

 引き揚げた彼女を囲みながら、守手どもが話し合っている。

「見てくださいよ、旦那。手首に巻き付いたコレ。酒瓶でさぁ」

 下っ端らしい若者が紐付きの陶瓶を持ちあげた。

 一緒にリーシェの細腕も持ち上がる。

 それがディー・ランには、今にも折れそうな枯れ枝に見えた。

 青白い枝。

 今朝まで、あの腕が自分の体に巻き付いていた。あの小さな手が、必死に背中を掴んで離そうとしなかった。

 ディー・ランは生きていた頃の彼女を思い出す。それが瞬く間に泡となり、弾けて消えて いく。

「中身は……入っちゃいねぇか、流石に」

「酔って水路に落っこちたんでしょうな。情けねえ死に方をしたもんだ」

 検分を続ける守手。絶えぬ野次馬の群れ。

 ディー・ランはそういった諸々へ背を向け、歩きはじめた。

 向かったのはリーシェの部屋。鍵など無理やり開けてしまえば無いのと同じ。それに、文句を言う住人はもういない。

 ディー・ランは扉を蹴破った。

 思った通り。壺が無くなっていた。

 やはり、あの壺は……。

「そちらさんも来たのか」

 驚いた声が窓から聞こえて来た。

 ニト。女食客は易々と窓から部屋に入った。

「何の気なしに入ってきたが、御宅、ここが何階か知ってるよな。3階だぞ。どうやって……」

 ディーラ ンは口を噤む。考えるまでもない。屋上から窓枠や出っ張りを伝い、降りてきただけのことである。

「まあいい。んで、どいつもこいつも、どうして壺に拘る?たかが壺で、今日は一人死んだ」

 ディー・ランは今朝まで横になっていた寝台に腰かけた。

 寝台は狭い。なのに、広いと感じてしまう。

「三人だよ、ディー・ラン」

 ニトは酒蔵で見聞きしたことをディーランに教えた。

 一通りの説明が終わる頃、ディーランは舌打ちした。

「首を突っ込み過ぎたぜ。ああ、だいたい分かった。しかし、どうして壺が……帳簿がこの部屋に?」

「最初に壺を持ち出した爺さんには協力者がいたの。それが、この部屋に住んでた娼婦。二人は帳簿がどうとか知らなかったようだ。単に値 打ちものだと思って盗み出したんだって」

 ニトは壺が置かれていた場所に近づいた。

「マギル商会に買取らせたのは、壺がそこにあるとヂヲ達に思い込ませる為。その間、件の帳簿を、娼婦が隠していたんだ。

ここまでは上手くコトが運んだ。けど、よくある問題が起きちゃった」

「仲間割れ」

 と、ディーラン。頷くニト。

「手下を騙した後で、爺さんは壺を回収するつもりだったんだろうね。んで、この部屋に来たところで、欲に目が眩んだ娼婦が、爺さんを殺してしまった」

「それらしい痕跡は見当たらないが?」

「毒だよ。簡単に手に入る。そして、死体の捨て場所も、この界隈じゃ事欠かないよ」

「それも、ヂヲの酒蔵で聞いたんだな」

 ニトはディー・ランの殺気を訝しん だ。

「まあ、うん。娼婦を殺したヤツが、今の話をボスに話していたんだ。そいつは娼婦から全て聞き出して、殺した。ジェリっていう、あんたよりデカい男さ」

 大男・ジェリは粗暴な見かけによらず、気のつく男だった。大量の酒を飲ませて水路に落としただけでなく、死体に酒瓶を括り付ける小細工までわざわざやっていた。

 敵に回すと面倒な輩だと、ニトは思った。

 一方のディー・ラン。寝台に腰かけたまま、微動だにしない。

 それに気づいたニトは小首を傾げた。

「……そうか。やっぱり女は殺されたか。因果応報ってか、ええ?」

 おもむろにディー・ランは寝台に倒れこみ、大きなため息をついた。

「どうしちまったんだ。オレが言うのもなんだけど、さっきからア ンタ……ヘンだぜ?」

 取り乱し気味のニトは伝法な物言いをした。

「首を突っ込み過ぎた。ああ、ああ、嫌だ、嫌だ。こんなコトになるなら、余計な気を起こすんじゃあなかったぜ!くそったれ!こん畜生!」

 突然、ディー・ランは毒づきながら、部屋中の家具や調度品に八つ当たりを始めた。

 ニトはディー・ランの間合いの外へ退避する。この坊主は体が大きいだけでなく、四肢も太くて長い。素手の一撃には侮れない威力がある。

 実際、部屋はものの数十秒で半壊してしまった。

 そして、ディー・ランは何を思ったか、部屋の外へ飛び出して行った。

 それをニトは呆然と見送る。それしかできなかったのだ。

「……とうとう、頭にヘンな血が回っちまったらしい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます