食客商売4話-7「酒にのまれるのは食客」

〇〇

「ジェリ。壺はどこへやった?」

 コズンがやって来た。さっきまで、蔵の地下にある賭場で豪勢に遊んでいたようだ。その名残がニオイとなり、ツンと鼻をさす。

「指示通り、部下に運ばせました。今ごろは屋敷に着いているでしょう。あと、ヂヲさん死体は物置に。頃合いを見て、捨てさせます」

「いいぞお。今日は良くやった。お前も早く骨休めをしろ」

 そう言ってコズンは歩き去った。足取りは軽く、上機嫌だった。

 反対にジェリは不機嫌だった。表には決して出さないが、組織のトップに収まったコズンを、彼は良く思っていなかった。

 しかもその椅子は、前の持ち主を殺して奪ったものだ。

 そして、もう一つ。特に気に食わないものがある。

「いつまでそこに隠れている?」

 コズンがいなくなったのを見計らい、ジェリは尋ねた。

「ふざけた奴だ。それで隠れているつもりか」

 ジェリは光の届かない片隅に体を向けた。

「だったら、そっちから来りゃあいいじゃあねぇか。一人で勝手に腹ぁ立てやがってさ」

 影がぬっと動いた。

「怒ってるのはこっちの方なんだけど」

 と、影は軽薄に言った。灯りのあたる場所で影は立ち止まる。

 ディー・ラン。戒律破りの坊主。

「何の用だ? 聞いたところで素直に答える馬鹿ではなさそうだな」

 ジェリはそう言いながら、傍に置いてあった棍棒を手に取った。巨大な容器をかき混ぜる時に使う、長い棍棒である。

 巨漢であるジェリの背丈を優に越えているにも拘らず、彼はそれを片手で軽々と持っていた。

「残念。馬鹿なんだよ、俺は。くそったれな女に惚れた、くそったれの男。んで、そのくそったれな女を殺した、くそったれを殺すのに、こうして出向いたんだ」

 ディー・ランはジェリを睨みつける。凶悪な殺気を滾らせながら。

「なるほど。確かに馬鹿のようだ」

 2人は間合いを詰める。

「どうした。仲間は呼ばんのか?」

 と、請負人は尋ねる。

「呼んでほしいのか?」

「ご自由に。こちらは構わん」

「つくづく愚かだな、貴様は。こういうバカにうってつけの薬がある。それをくれてやる」

 ジェリは棒を体の前で構える。いつでも突きが放てるよう、体勢を作る。

 しかし、ディー・ランはどうだ。武器はおろか、構えらしいものさえとろうとしない。

 こいつ、死にたいのか?

 訝るジェリに、請負人は言った。

「どうした?早く来い」

 薄笑い。たった一つの笑みでも、ジェリの堪忍袋を破るには充分すぎた。

 ジェリは前に踏み込んだ。

 恐るべき棒のひと突きが、ディー・ランの眼前へ迫る。

 それに対して、ディー・ランは避けようとしなかった。防ぎもしなかった。

 前に、敵の一撃に、真っ向から突っ込んでいった。

 同時に右の拳を振るう。まっすぐ、直線 的な軌道を描いた一打であった。

 棍棒の切っ先と右拳が正面からぶつかり合う。

 力が拮抗し、棒は緩やかに曲がり始める。

 拳は止まらない。

 ディー・ランは抵抗をものとせず、脚をつっぱり、腰を回転させる。

 生み出された力が拳を突き進める。

 棍棒の先端を砕き、めきめきと割っていく。

 止まらない。

 棒は花びらのように四方に分かれていく。

 止まらない。

 そして、ついに中ほどで真っ二つに折れた。

 ディー・ランの拳は真っ赤に濡れている。

 肉は裂け、あちこちに木片が深々と刺さっていた。

「馬鹿な……」

 ジェリが半歩ほど後ずさる。

「足りねぇよ」

 ディー・ランは低く呟き、大きく一歩、前へ。

「こんなんじゃあ足りない」

 前進。

「もっと殴らせろ」

 ジェリは身構える。だが、遅かった。得体の知れない僧侶は、もう既に至近距離にまで迫っていた。

 やられる。

 そう判断した直後、鈍痛が全身を駆け巡った。

 下を見ると、みぞおちに正拳が刺さっていた。

 痛みより息苦しさを覚え、よろめく。

 なんだ、こいつは!?

 目をひん剥く大男に、ディー・ランはもう一打、お見舞いした。

 傷ついた拳がジェリの鼻柱を砕く。

 血だらけの拳が右耳の鼓膜を破る。

 ジェリの顔に脂汗が滲む。

 鼻血を零して後退する敵を逃さんと、ディー・ランはジェリの足を、靴の上から力強く踏んづけた。

 ぱきり。乾いた音が、キンキンに冷えた酒蔵の空気を震わせる。

 左足 、複雑骨折。大男の動きが止まる。

 鬼。ジェリに襲いかかる男は、まさしく荒れ狂う鬼であった。

 狙うは下半身。ディー・ランは下から上へ右の拳を振るった。

 股間強打。

 恥骨破砕ッ!

 そして……睾丸粉砕ッッ!!

「がっ……あがああぁッッッ???!!!?」

 急所を破壊され、ジェリは体をくの字に折り曲げる。男の意地、体面など、彼にはもはや存在しない。苛烈すら生ぬるい、地獄よりも遥かに過酷な痛みに、全て消されてしまったのだ。

 ジェリはその場に両膝をつき、ぼろぼろ涙を垂らして苦しみ、壊れた股座からは赤い小便を止め処なく流した。

 ジェリは今まで誰かを見上げることが殆どなかった。いつも、彼は見下ろす側にいた。

 それが今はど うだ。

 得体の知れない鬼に、見下ろされているではないか。

 これで俺は死ぬ。最期の一撃が待っている。

 ジェリは覚悟を決めた。

 だが……。

「まさか、楽に死ねるとは思っちゃあいねェよな?」

「……へ?」

 意味を図りかねたジェリは、直後に激痛と目眩に襲われた。

 側頭部にディー・ラン拳が振り下ろされたのだ。

 ぐらぐら視界が歪む。そこにまたもう一打。反対側の側頭部。

 ジェリの硬い頭蓋骨に、ヒビが入ってしまう。

 ダラリと耳の穴から濁り水のようなものが流れ出て来た。

 終わらない。ディー・ランは左右の拳を交互に振り回し、ジェリの顎関節を壊した。

 終わらない。

 だらりと下がった顎を打ち上げた。上下の顎が互いにぶつ かり合い、歯が全て砕けた。

 歯と血のカクテルを噴水のように吐き出すジェリ。

 ディー・ランは天井を向いたジェリの顔面に、ずたずたに裂けた拳を振り下ろした。

 これがようやく訪れた、最期の一撃となった。


〇〇〇


 ジェリが殺されたほぼ同時刻。コズンは一人、酒蔵から離れた物置部屋にいた。

 中央に置かれた樽を前に、彼はほくそ笑む。

 樽の中には、かつてのボスが詰まっている。

 部下に裏切られたばかりか、その死体はバラバラに切断され、懐を肥やした密造酒漬けにされてしまった。

 あとは樽ごと運河に沈めてしまえば、見つかることもない。

 コズンは絶頂のまっただ中にいた。足が今にも浮き上がりそうな位、彼は喜んだ。

 壺 は易々と返ってきた。そして、成り行きとはいえ、組織の頂点に立つこともできた。

 コズンは樽に背を向けた。声をあげて笑ってしまいそうなのを、冷たい理性が抑え込む。

 その時だ。背後から音がした。

 一度だけ。微かな物音だ。しかし……。

 冷たい理性よりも遥かに冷たい、凍りつく寒さがコズンの背中を走り抜けた。

 振り返る。

 さっきと何一つ変わっていない。同じ光景。

 ヂヲの体を詰め込んだ樽が置かれ、あちこちに積み上げられている道具類にも変化はない。

 ネズミ? それとも、荷物が崩れた?

 体から熱が奪われていく。

 この時期、この時間は確かに寒い。

 違う。この寒さは内側から襲ってきている。

 恐れ。

 見えない「何か」に対する恐怖だ。

 慌ててコズンは後ろを振り返る。

 背後に気配を感じたのだ。

 しかし、やはり誰もいない。

 そもそも、最初からいなかったのでは。コズンは自分の感覚を疑った。

「まさか」

 すぐに気のせいだと片付け、余裕を取り戻そうとする。実際、幾分かコズンは落ち着きを取り戻していた。

 だが、またすぐに要らぬ想像が湧いてしまう。

 彼の目は勝手に樽へと吸い込まれていく。

 思い込みだ。馬鹿馬鹿しい想像だ。

 あり得ない。自分でもそう思う。

 なのに 、どうしてさっきから、樽から目が離せない。

 あの中に入っているのは死体だ。バラバラの肉片、型崩れした臓物や、折れた骨ばかり。

 そんなのが、どうやって音を出す。

 まさか生き返った?

 やはり、自分は馬鹿な妄想にとりつかれている。

 ならば確かめてやろう。妄想を消してやろう。

 コズンには自信があった。あの中身を見ても、食べたばかりの豪華な食事を戻さないと。

 樽へ歩き進む。その足取りには、異変が起きる前より威勢があった。

 樽の蓋を掴む。勢いよく外した。

「うん?」

 コズンは目を丸くする。

 樽にはヂヲの死体はおろか、ひたひたに満たされた酒も入っていなかった。

 樽の中には襤褸布のお化けが、ぴったり と入っていた。

 顔を覆い隠すフードの奥から、喜怒哀楽すべてを欠いた目が、コズンをじっと見上げていた。

「あら……?」

 コズンは自分の胸元を見た。

 鈍色の刃が胸に深々と刺さっていた。

 湾刀だ。それで急所を一突き。

 肌蹴た着物から覗く肌が赤黒く染まり始める。

 お化けは水平に刺した刀をぐるりと捻った。

「あら……あり?」

 刃が抜ける。コズンは傷口を抑えたまま、後ろへ一歩、よろめきながら下がる。

「る……れ……」

 口から声を漏らす毎に、一歩ずつ後退。

「……ろ」

 どさり。

 コズンは仰向けに倒れた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます