食客商売4話-3「酒にのまれるのは食客」


 ディー・ランは空の蓋付きジョッキを軽く掲げた。

 無愛想な女給が何も言わずにジョッキをひったくっていく。

 それからきっかり40秒後。女給は乱暴にジョッキを置いていった。中は安酒で満たされていた。


 小汚い路地にある粗末な店。ここには表通りに並ぶだけの清潔や品性が欠けていた。それでも店は、すえた臭いと人間でいっぱいだった。

 店には壁がない。地面に刺した木切れに、穴だらけの幌を張り付けただけ。

 客に対して椅子の数が絶対的に足りない。

 木箱やガラクタの類を置いても、やっぱり足りない。

 客の多くは立ったまま、今にも折れそうなテーブルを囲む他ないのだ。


 はす向かいの客が、粘っこい視線を僧侶に向けてくる。さっきからずっと、彼は空になったコップを啜っていた。

 嫌な野郎だ。

 ディー・ランは無視を決め込む一方、その時への準備を整えていた。それとも、今すぐ仕掛けてやろうかとさえ考えている。

 理由なんてどうでもいいのだ。酔っ払いの喧嘩とは、切欠からてん末まで下らないものばかりなのだから。


 そんな腹の立つ視線を一人の女が遮った。

 夜中に裸の男と寝て、食い扶持を稼ぐ手合いだった。安い着物と痩せぎすの体を魅せる努力はしているようだが、残念な事に、その実が結ばれているようには見えない。

 彼女は首筋に刺青を彫っていた。花のようだが、何の花かはよく分からない。

「昼間から商売してんの?」

「ふざけないで」

 卑しく笑う僧侶を、女は露骨に嫌悪した。

 路上の汚水を避ける時の目付きで、テーブルに紙巻を置く。

「金は払うんでしょうね」

「勿論。ついでにどうだ?」

 ディー・ランはジョッキの蓋を指で叩く。

「奢ろう」

「アンタの施しなんかご免だよ」

「残念」

 泣きそうな顔を作り、僧侶は袖の下から袋を取り出す。

 それを女の手に渡す。すると、彼女は目を白黒させた。

 厚みと重さに驚いたのだ。

「今日は最高に気分が良いんだよ」

 ディー・ランはにこやかに笑って席をたつ。女が手にした報酬に呆けているのを尻目に、あの嫌な目付きの酔っ払いに近づいた。


「一杯、奢らせてくれないか? 一人で飲むのは味気なくてねぇ」

 蓋付きジョッキをテーブルに置き、ディー・ランは愛想よく微笑む。

「……話が分かるじゃあねえかい、坊様」

 酔っ払いは歯の抜けた口を横に広げた。

「ちょいと!酒を二つ頼むぜ!」

 ディー・ランが右手を挙げて店主へ声を掛ける。自然と、酔っ払いの視線も同じ方角に動く。

 隙が生まれた。ディー・ランは空いた左手で、酔っ払いの頭を掴む。

 そして、酔っ払いの顔を、ジョッキに叩きつけた。

 赤くなった破片、砕けた歯がテーブルの上に四散する。酔っ払いの体がずるりとテーブルから崩れ落ちた。潰れた鼻や裂けた口から血が流れ出ていた。


 だらしなく地面に伏す酔っ払いを見下していると、ディー・ランのもとに酒が二つ運ばれてきた。

注文通り、この店が出すものでは高価な酒だった。


持ってきた無愛想な女中は、倒れている酔っ払いを一瞥する。それだけ。すぐに視線を外してしまう。他の客も、騒ぎなどなかったように振舞い始めた。


「いいねえ。上物だ」

 酒を受け取りながら、女給に代金を渡した。それから受け取った酒を、青ざめた顔をしている商売女に。

「乾杯!」


――――――――――――――――――――

 

 その夜。町外れの廃寺。


「――で、今日はどんなご用事で?」

 女から渡された手紙に従い、ディー・ランはここに来た。

 寺には既にザムロがいた。

「集合時間と場所しか書かねえんだから。もし俺ちゃんが、億劫がって来なかったらどうするつもりだったの?」

「別の奴に頼む。近頃は、金次第で仕事を引き受けてくれるヤツがいてね」

「どちら様?」

「マヤジャだよ。それも、腕っこき」

 ディー・ランは嘲笑する。

「ついにマヤジャくんだりにまで声を掛けるたァな。そんなに余裕がないのか?」


 マヤジャは狩りを生業とする集団だが、何も好きで山暮らしをしているのではない。


彼らの多くが、犯罪者や街にいられなくなったはみ出し者や、その子孫だった。

故に「社会」はマヤジャを嫌悪し、ならず者と同等に見なすのである。


「腐った生臭坊主よりは有能だぜ」

「……会ってみたいもんだよ、そいつに」

 ディー・ランは腐った縁側に腰を下ろした。これが本題に移る合図となった。

 それからザムロは店に来た妙な三人組の事を皆に話した。

「変な客ってだけならまだいい。問題は、連中がどこから来たのかなんだ」

「店を出た後に尾行したんだな?」

 と、ディー・ラン。


「マヤジャの男……ヴィクがやってくれた。三人組は、店を出た後で、まっすぐヂヲ一家の見世蔵に行ったらしい」

 ザムロが片方の眉をあげた。

「ヂヲっていやあ、不味い密造酒で荒稼ぎしてる輩だな。昼間、しこたま飲んできたぜ」

「不味いのに何で飲む?」

「決まってんだろ? 酔っ払うのさ」

 すかさず坊主は言い返した。ザムロは鼻でせせら笑い、続きを言う。

「つまりだ。ヂヲの蔵に出入りするようなゴロツキ連中の目的が知りたい」

「てっきり請負人の仕事かとばかり……」

「すぐには殺さねえよ。キチンと調べてから決める。それが俺達のやり方だろう」

 ディー・ランは数度頷く。それから、ふと思い出して尋ねた。


「あの食客にも話はしたの?」


―――――――――――――――――――

 ニトはしかめっ面を作った。

 酒に酔う感覚はいつも不快だ。

 身体の全てが狂う。思うように動かない。これは命取りになる。

 だからいつも、少量だけ口に含み、酔うフリをしてやり過ごす。

 客人として店に居づいて何十年も経つが、彼女は酒に対して距離を置いていた。

 

 今日は商人同士の会合……とは名ばかりの、飲めや食えやの宴会が開かれていた。場は大盛況らしい。何しろ、宴会場から離れた廊下にまで、楽しげな音が漏れ聞こえてくるのだから。

 その中に、シャスタの陽気な笑い声もまじっていた。


 今は持ち込まれた壺の値段を言い当てているようだ。

 壺。

 そういえば、昼間の3人組も壺を探していた。ザムロは、彼らに引っかかりを覚えたようだ。今も子飼いの密偵を使って情報を集め始めている。

「壺……」

 話を持ちかけられたが、わざわざ出張る必要はないだろう。


 気配を感じて徐に振り返る。

 商会の一人娘、レミルが立っていた。

「ここにいたんだ」

 レミルは温和な微笑みを作る。純朴で飾りっ気の無さは、生まれ持っての長所といえた。

「ニトがいないから、大皿の料理も全然減らないんだよ」

「みんなが大人しくなったら食べに行く」

「冷めたら美味しくなくなっちゃう」

「あたしはね、大抵の料理は美味しく食べられるんだ」

「なに、それ?そんな事を自慢しちゃうの?」

「しちゃうの」

二人は顔を見合わせ、そして笑った。


「あーきれた。やっぱりニトは、いつまで経っても昔のまま。ちっとも変わらないんだ」

レミルは肩を竦めてみせた。

「……さて、ちょっと手伝って。お母さんったら、きっと飲み過ぎてしまって起きれなくなるだろうから」

「はいよ、お嬢」

ニトは重い腰を上げた。

「よろこんで」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます