食客商売1話-3「あんた、この食客をどう思う?」

 その後。


「騎士ってなァ、これまでにない位、落ちぶれたのヨ」

 レミルの母、シャスタ・マギルは、静かに帳簿を閉じた。

「まア、わっちの話しを聞きな、レミル」

 短い茜色の髪をいじり、陽に焼けた彫の深い顔を娘へと向け、椅子に座ったまま細長い脚を組み直した。


 娘は膝をつめて耳を傾ける。

「みィんな没落したんだ。騎士共は何すんにも金がかかっちまう。中にゃ、土地も家も手放して、二束三文の足しにする輩もおる」

 シャスタは変わった話し方をする。何でも、祖父母に連れられ、各地で行商の旅をしている内に、言葉や訛りが混ざってしまったそうだ。


 これは店を開くより前の、ずっと古い話。母がまだ子だった頃の昔話。

そして今は、今の話をしている最中。

「あちこちで戦争とまではいかないけど、国同士の小競り合いなんて、しょっちゅう起きているのに?」

 と、レミルは言いながら、椅子の上で脚をぶらぶらさせ始めた。


 今日もどこかで国家公認の私掠船が船を

 襲って金を稼いだり、兵隊くずれ同士が国境を挟んで撃ちあったり、村を襲ったり。


 どったんばったん大騒ぎ。


 小さないざこざなら日常茶飯事。

誰も深刻に捉えるような気配がない。

 みんな感覚が麻痺しているのかも。レミルは、そう思わずにはいられない。

 一昔前に大きな戦乱があったそうだから、それに比べたら些細過ぎて、みんな気にならなくなっているだけなのかもしれない。


 シャスタはアーモンド形の目を細めた。

「王様に仕えるような騎士が出張る規模でもないからネ。その肝心の稼ぎ口、戦争だって、ここんトコは鉄砲やら大砲でカタがついちまう。ちィとも活躍できんのネ。

 だから金が入る所か、いらぬ出費で余計に貧しくなるンだ。でも何にせよ。血生臭いのだけは勘弁して欲しいわア……」

 想像は身内の言動に否定された。

戦いはうんざり、といったシャスタの顔に娘は安堵する。


「レミル。さっき決斗と言ったかい?」

「うん」

「たぶん、そいつァ昔からある、強盗騎士共のやり方さね」

「強盗騎士?」

 レミルは頭の上に疑問符を浮かべた。


「騎士の身分を持ちながら、強盗や盗賊を働く手合いのことです、お嬢」

 と、親子の横を通りかかった男が代わりに答える。


 番頭のザムロ。先代の頃から店で働く一番の古参であった。


 恰幅が良いを通り越し、肥えた体はもはや丸だった。顔と丸い。太い四肢も丸い。目も鼻も、ふくよかな耳も丸い。

彼を構成するパーツすべてが丸い。


 丸い男であった。


「昔は制度を悪用して、合法ギリギリの身代金誘拐もやってました。それでも野盗よりはお上品にやってたんですが。この所は、天下の往来でも好き勝手にやる無頼が増えてきているんですよ。それだけ、ふところ具合も悪いってことです」

 ザムロに質問したら大体の答えが返ってくる。おかげでレミルは、幼い頃から彼から様々な知識を仕入れる事が出来た。


 それが役に立った試しはないが。


「良くあるのは難癖つけて決斗をけしかける手口。そして恐喝紛いの交渉に持ち込み、相手から示談金を巻き上げるんです。

 命盗られちゃ堪ったものじゃありません。相手は泣く泣く、金を払う。どれだけ理不尽でも、こっちに落ち度が無かったとしても」

「ひっどぉい……」

 レミルは口許を両袖で覆い、顔をしかめた。ザムロも困り顔で二度も頷く。


「悪党だねぇ」

 いつの間にか、ニトまでもが話しの輪に加わっていた。


 乾燥させた葉に五本のキリッポを包み、片手にも食べかけを手にしている。

「姿が見えないと思ったら、わざわざキリッポを買いに行っていたの?」

 レミルはまたも肩を落として溜息をつく。


ニトは心情を察する気もないようで、美味しそうにキリッポをむしゃむしゃ食べる。

「昼間にあンだけ食べといて、まだ食うか。ホンっとに性もないヤツねェ……」

「腹が減ったらなんとやら、だよ」

 面と向かって主人から苦言を呈されても食客はビクともしない。


「ついでに食べ歩きもしてきた。お嬢と一緒に通りかかった露店のが一番美味かったから、お土産」

 と、食客はにっこり笑い、包みをレミルへ渡した。

 ぶつぶつ聞き取れない小言を並べながらも、レミルはキリッポを一本、手にした。

 シャスタもやれやれと肩を竦めるだけ。


 それを見たザムロが吹き出す。

「なるほど。この笑顔にころっと騙されて、お嬢も女将さんも、ニトを甘やかしちまうんですな」

 何も言い返せず、母娘は項垂れた。


 たぶん、その通りだ。

レミルは納得した。こんな食客が家に居続けられるのも、私達が甘すぎるからだ。


でも、これ以外に理由があるのかしら?


―――――――――――――――――――


 その日の夜。


「昼間に起きた自殺騒ぎですがね」

 夕食を皆で囲んでいる時だった。ザムロが徐に話題を切りだす。

 所帯の小さな店だからなのか、使用人が主人と食卓を囲んでいる。この光景を珍しがられるが、マギル母娘にとって、これが当たり前だった。


 さて……。

「止めンさい。ンな話聴きとうない」

 顔を曇らせ、シャスタは厭々かぶりを振った。

「耳に入れて損はないですぜ、女将さん。

俺達も無関係といかないかもだ」

 レミルも同席していた使用人達も、思わず食事の手を止めてしまう。


 唯一、ニトだけがそ知らぬで、シチューを無作法に啜っていた。行儀の悪さをレミルは指摘してやりたかったが、先ずは目前の話に集中することにした。


「どういう事よ」

 さすがにシャスタも訊かずにはいられなくなったらしい。

「昼間の騎士ども、悪どいやり口で荒稼ぎしてるそうなんです。噂に違わぬ大悪党なんだから、用心に越したことはないでしょう」

「ほう?」

「決斗で死んだのは、小姓のヴェトロって男で、昼間に自殺したのは、その婚約者。

この女に、件の強盗騎士共がしつこく付きまとっていましてね。色恋沙汰なら、少しはロマンスがあったが、例によって原因は金。

女はしつこく強請られてたんです」

「おっかねぇ話しだこと」

 ニトが小声を挟む。


「そして、騎士連中を追い払うのに颯爽と立ち上がったのが……」

「ヴェトロ。話しが見えてきた。決斗で勝負をつけようとしたんだネ」

 先を読んだシャスタが横から言う。


「仕組まれていたんすよ、最初から。立会人はもちろん騎士の仲間。結果はご存じの通り。きっと、騙し討ちだったんだろうな。

泣けるよ、本当……」

 ザムロは大きく息を吐いた。


 どんより。夕食の席に重い空気がのしかかる。誰もが口を閉ざし、やり場のない感情を抱え込む。

「いやァ。すんません。不謹慎な話しで」

 ぺこりと頭を下げ、ザムロは謝る。

「いいや、話してくれてどうも」

 シャスタが口を開く。

「しッかし、お前さんが言うように、どうしようもなく最低な手合いだ。よくもまァ捕まらずにいられンね」

「これも噂ですが、連中が街に入った時点で、防人さきもりが目をつけていると。だからおおっぴらに悪さをしたら、すぐにしょっぴかれる……と思うんですが」


 防人は街の治安維持を行う組織のことだ。

市長や議会とは別に、防人主さきもりぬしと呼ばれる武官が、運営にあたっている。


「なんにせよ、用心せにゃならンか。こういう時、頼りになる用心棒がウチにいたら、少しは心強いンだけど……」

 そう言ってシャスタは意地の悪い笑みを浮かべてニトを見る。空気を変えようと、いつものように食客を弄り倒すつもりらしい。


「あれれ? 女将ちゃんはあたしの事、頼りにしてるから、いつも美味しいゴハンをくれるんでしょう?」

 とぼけた返し。これが素なのか、はたまた、シャスタに合わせているのか。

「何まァ言うとンの。刀も碌に振れるのか分からん女に飯を食わせて、命を預ける、ご酔狂なヤツがおるかい?」


「女将ちゃん!」

 ニトは満面の笑みで即答し、彼女の前にお椀を差し出す。


「この……おバカさん」

 シャスタは椀を受け取る。


「空気は読めんが、食う気はたっぷりかよ」

 誰かが冷やかし半分に口走る。

「酷いね」

「まったくだ。つまらんシャレだ」

「そっちかよ……」


 徐々に食卓に会話が戻り始めた。発端のザムロも皆も、心の内で安堵する。

 レミルもニトの隣でくすくす笑っていた。

 なみなみとシチューを盛ってからニトにつき返す。

「残さず食え。食客一人もてなせないんじゃア、主人失格だかんね」

 わざわざ言うまでもなく、ニトはがつがつ、お代わりを食べ始める。嬉しそうに食べ進めるニトの表情に、シャスタも暖かい微笑を浮かべた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます