食客商売3話ー2「狩人、人を狩る」

 マギル商会の一人娘、レミルは客の対応に追われていた。


 どこにでもいる町娘の恰好をした客人。自分より歳上に見える。

 給仕だった。それなら良い。

 この街の有力者の屋敷で働く給仕である

ことも、特に問題ではない。

 もっと重大な点にレミルは悩んでいた。


「良いお店ですね」

 と、客が暖かい微笑みを向けてきた。益々、レミルは困窮する。


 客は「彼」なのか。「彼女」なのか。


 服装も、長い黒髪も、細面も、柔らかい曲線を描くしなやかな身体も、一見すると女性だ。でも、何か違和感がある。時々、振る舞いの中に、男っぽさが垣間見えているような気がするのだ。


 緊張が治まらない。彼女か、彼か?

 間違えたらすごく失礼。気が抜けない。

「もし?」

 客が怪訝そうに声を掛ける。

「は――はい!」

 上ずった声で返事をしてしまう。

「どうかなさいました?」

「な、何でもありません」

「それなら良いんですが。あの、実は薬草を探しているんです。でも、時期が少し過ぎているし、流通量も少ないせいで、どこにも置いていなくて……」

 すぐにレミルは合点がいった。

「もしかして〈九つ草〉ですか?」


 古くから薬品や料理と幅広く使われる香草だ。最近は癖のある香りのせいで、他の香辛料や薬草に取って代わられてしまっている。それに、出回る期間も短い。


「ええ。よく、分かりましたね」

「入荷時期が過ぎた頃でも、尋ねてくるお客さんがよくいるんです。殆どが、ハーブティーを作る為にお求めに。あ、ちょっと待って下さい。ザムロ?」

 レミルは後ろで作業をしていた使用人頭に声を掛ける。

「あるよ」

 丸い背中が二人に答えた。

「あるんだ……」

 客は丸くした目でレミルを見る。

「何でもあります」

 彼もしくは彼女にレミルは微笑み返した。


 ――――------------――


 小物や食器、それに九つ草の瓶詰も購入した客は、レミルと談笑しながら、馬車へ向かっていた。


「本当にびっくり。この店には魔法使いさんでもいるのかい?」

「まさか。店に来る人達の要望に応えていたら、自然と品ぞろえが増えちゃっただけ。それが店の売りなの」

 会った頃より双方の言葉遣いが砕けている。すんなり打ち解けたのだ。


「それより、私だってビックリしたんだよ。ロラミアが男の子だなんて。パッと見、美人だもの」

 レミルは彼の立ち姿をあらためて見直す。


 客人は男だった。


 異性である筈なのに、レミルが羨望する要素を、彼は備えていた。だというのに、嫉妬の感情が沸かない。


 勝てない、届かない、諦めるしかない。この3つが目に見えているからだろうか。

「美人だなんて。そんな……」

 眩しい照れ笑いにあてられ、レミルは心の内で白旗を振った。

「今日はありがとう。助かった。これで妹様も機嫌を直して下さる」



「九つ草のハーブティーが何よりの好物なんだ。無い時はちょっと機嫌が悪くなる」

「大変だねェ」

「でも、あの人は僕によくしてくれるんだ。ちょっと気分屋なだけ。ただ……」

 ロラミアは俯く。

「僕を着せ替え人形にして遊ぶのだけは勘弁してほしいかな」

 顔を赤らめ、気恥ずかしげに話す彼を見て、レミルは吹き出した。


「あ、ここで少し待って。ハーブティーにあうお菓子があるの。それを妹様に」

「いいの? 一見だよ、僕は」

「いいの。折角、縁があって店に来てくれたんだから。いま、取って来る」

 そう言ってレミルは店に駆けて行く。


 彼女が店の中に入ったのを確認すると、ロラミアは冷たい声で尋ねた。

「……どちら様でしょうか?」

 

 振り返る。


 欠伸をしながら佇む女がいた。

 ロラミアより頭一つ大きい、骨太な女。


「食客。この店の食客です」

 と、女食客――ニトは名乗った。


 ロラミアは目を細める。

「なるほど。食客さまでしたか。さぞや、腕の立つ御仁とお見受けします」

「買い被っちゃいけないよ、お兄さん。あたしは何もしない無駄飯食い」

 食客は言う。

「――って、主人がそう言うんです」

 呑気な調子で話す食客から、ロラミアは決して視線を外そうとしなかった。


 恵まれた体格ではあるが、食客には迫力というものが欠けていた。

 緊張感と荒事とは無縁な大女。そうとしか見えない。


 本当に?


「そうでしたか」

 ロラミアは柔和な笑顔で反応を覆い隠す。

 二人は表情を変えることなく、じっと固まり、互いを見合う。


 この冷たい沈黙を解いたのは、上機嫌に駆け寄るレミルだった。


「お待たせ。美味しい焼菓子よ」

 ニトとロラミアはレミルに顔を向けた。

「確かに美味そう。お味を拝見しても?」

 と、食客。

「残念でした。お客様用なの、これは」

「えー!」

「わざわざ、ありがとうございます」

 丁寧にロラミアは礼を述べた。


「妹様によろしく伝えて下さい。ところで、二人して何をしてたの?」

 不思議そうにレミルが尋ねる。

「なにも」

 言葉少なくニトが答える。

「ほんのご挨拶を」

 ロラミアはニトを見上げて言う。レミルはこれ以上訊こうはとしなかった。


「それでは僕はこれで」

 女服を着た給仕は、一頭立ての馬車に乗り、ゆっくり店を発つ。レミルは馬車が緩い坂を下るまでの間、手を振り続けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます