食客商売7話-終「請負人、確定申告に奔走する」

 それから2時間後。繁華街の小料理屋。

 ヴィクはひっそり、喧騒の外で飯を食っていた。つきまとう陰気が他の客を拒み、周りも暗い顔をしたマヤジャの青年から距離を置いている。


 人を殺した。だというのに、実感が薄い。

 吹き矢を放った時の緊張は、どこかに飛んで行ってしまった。手応えもよく覚えていない。もう少しで忘れてしまいそうだ。

 何が違う?


 不意に、狙撃手ミトライ……狂気に堕ちた弟子が、脳裏によぎった。

 あの時、ヴィクは狙撃の師匠として、彼女に引導を渡した。

 引き金の感触。銃声。ライフルの反動。火薬のにおい。全て、はっきり覚えている。


 どうして?

 同じ「殺し」なのに。

 相手はまったくの他人だから?

 見ず知らずの人間には、どこまでも冷酷になれる。それはよく知っている。

 でも、それが理由だとしたら、人はきっかけ一つで……。


 嫌な想像は、とある客の登場によって、横に流された。

「おい。貴様は確か、マヤジャの……」

 クーゼ・フォシャール。

 マギル商会に出入りしている女剣士。面識はあれど、それぐらいしかヴィクは知らない。そして女剣士も、ヴィクの事を、店と取引をしているマヤジャという認識しか持っていなかった。


 お互いに合わせた目を白黒させた。

「お一人さま?」

 先に質問したのはヴィク。これは愚問だと、彼は心の内で、舌打ちをしていた。

「見ての通り」

 案の定、クーゼはぶっきらぼうに答えた。

 それから彼女も、バツの悪そうに視線を彷徨わせた。


「一緒にどうだ?」

 先に口を開いたクーゼが、手前のテーブルを顎で指す。

 しばし考えた後、ヴィクは頷いた。

 理由は分からなかった。普段なら断っていただろう。

 それはクーゼも同じだった。


「……その、浮かない顔をしているな」

 移動してきたヴィクに彼女はそっと言う。

「そう見える?」

「見える。それに、理由も知っているから、余計にそう思ってしまう」

 クーゼは女給に酒を頼み、話を再開した。


「レミルとお前の話をした。あのお節介娘、よっぽど貴様のことが心配らしい」

「レミルが?」

 ヴィクはきょとんとする。

 クーゼの前に蓋つきジョッキが置かれた。


「まあ、その、なんだ。アタシで良ければ付き合うが。どうだ?」

 目を瞬かせるヴィクに、女剣士は言う。

「それとも、マギル商会に行く度に、歳下の少女にい慰められ、労られたいのか?」

「毎回、気が滅入ってしまいそうだ」

「だろう? ならば、ここで全て吐き出せ」

 クーゼがジョッキを持ち上げた。おずおずとヴィクも倣う。

「……ありがとう」


-------------------------------------------


 翌日。マギル商会。

 漬物石が庭に張られた氷の上を滑っていた。ニトは縁側に寝そべりながら、流れ行く漬物石を目で追った。


「ここにいたか」

 ドモンが声をかけてきた。

「見なよ、あいつらの真剣な顔」

 ブラシを持った使用人が、必死に氷を磨いていた。その様子を、氷の周りにいる仲間達が固唾をのんで見守る。


「面白いのかしら、アレ?」

「やってみたら良いだろう」

「そうだねェ。気が向いたらやろう」

 寝返りをうったニトは、まるで陸に上がったアザラシのようだった。


「先ほど、防人の一団が寺院へ向かった。ニゼに買収されていた汚職役人達も、今日中には全員、捕まるだろう」

 と、ドモンは淡白に話した。

 ふうん、とニトは気の抜けた相槌をうつ。

「主犯が死んじまったのに、今さら摘発ってのもねぇ」

「宣伝が目的なんだ。たとえ御主の使いでも容赦はしないと」

「……じゃあ、あとはコトが治るのをゆっくり待つとしよう」

「これで終わりだといいんだがな」

 一件落着だというのにドモンの表情は硬いままであった。


「ああ、防人の長官のことを気にしてるのかい?」

 ニトはドモンの横顔を見上げる。

 歳をとるにつれて、ますます心配性が酷くなっているようだ。

 だらけるフリをしながら、友人は苦笑する。

「どっしり構えていようぜ、婿旦那。心配して いたって『その時』が早く来る訳でもなし。遅くなる事もないんだから」

 そう言って、ニトはまた、歓声をあげる使用人達へ視線を移した。



「ここに居たんですか?」

 しばらくして、シャスタとレミルがやって来た。今朝から二人は、市庁舎まで出かけていた。


「すごい行列だったよ」

 くたびれ顔のレミルが、ニトの隣にどさりと座る。

「税の申告、お疲れ様」

「ああ、待ってるだけで疲れたわい。ほら、ドモンさん。言われた通り、市民の務めとやらを果たして来ましたえ?」

 と、シャスタは細めた目でドモンを見る。

「ご苦労」

 ドモンはそれだけしか言わない。表情にも変化がなかった。


「それだけでっか? ちぃとは褒めてくださりませんこと?わっちの納めた税金が、回り回って、ドモンさんのお給料になるンのに」

 シャスタはニトを押し退け、ドモンにべったり体をくっ付ける。やっと、主人の仏頂面が少しだけ崩れた。


「ねぇ、ニト」

 思い出したようにレミルが声をかける。そして呟くように言った。

「あたし達、税金をいっぱい払ってるのよ。それなのに、どうしてお父さんの給料は上がらないのかしら?」

「そういえばそうだ」

 ニトは家長へ顔を向ける。

 家族からの視線を避けるように、ドモンはそっぽを向いてしまう。

 彼の丸まった背中は何だかもの寂しく見えてならない。


「世の中、世知辛いわねぇ~」

 シャスタはくすくす笑った。


(了)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます