食客商売8話「食客、中途採用される」

食客商売8話-1「食客、中途採用される」


 ――15年前の夜。


 月が黒雲が覆い隠される中で、怪物は血を吐き、片膝をついていた。

 地面にぶちまけられた赤黒の液体が、行燈の弱々しい灯りで妖しく輝く。

 同時に弱々しい灯りは、ふるふる震える怪物の姿も曝け出していた。


 怪物はまるで「ボロ切れのお化け」というような姿だった。

 フードで顔を覆い隠し、薄汚い衣の下には傷だらけの防具。そして両手には、鎖を巻いた赤手甲をはめている。


「まだやるか?」

 灯りの届かぬ暗がりから、男が怪物に声をかけた。

 男は着物も外套も黒ずくめだった。

「その傷では、もう戦えぬだろう」

 と、男は続ける。

 対する怪物は、ぜーぜー息を吸っては吐きを繰り返すばかり。

 最早、話す余裕すら無くないらしい。


 手にした縄鏢じょうひょうを握り直しながら、男は口を開いた。

「もう充分殺した。任務は終了だ」

 辺りに転がる死体の数は尋常ではない。

 ざっと30体はあるだろう。

 暗闇の中にはもっと……。


「まだ」

 もがり笛の混ざった掠れ声が返ってくる。

「おわってない」

 怪物の体がわずかに揺れた。


 瞬き一つ終わらぬ間に、怪物は男に肉薄していた。怪物の赤手甲には、折れた刃が鎖で巻きつけられていた。この怪物、一瞬で即席の暗器をこしらえたのである。

 男にはそれに瞠目する余裕もなかった。紙一重でかわすのが精一杯だった。


 間合いを取り、男は縄鏢を投げる。

 怪物は、もう片手の鎖で飛んで来たひょうを絡めとり、逆に奪いとってしまった。

 たちまち無手となってしまった男は、ほぞを噛む。

 すかさず怪物は男に縄鏢を投げ返す。

 鋭い鏢が男の胸を突き刺さ……らない!?


 肉を叩く鈍い音が響いただけ。男は苦悶に満ちた顔で?を素手で掴んだ。

 鏢はだった。


 意を決した怪物は再度、突貫。手甲の刃を振るう。

 その斬撃を男はかい潜る。

 そして、鋭い当身を食らわせた。


 満身創痍の怪物を倒すには、この一打で充分だった。それだけ怪物は消耗しきっていたのだ。

 しかし、倒れる怪物から身を離した男は、警戒を解かず、縄鏢を握り直した。


 この怪物は油断ならない。

 男……ドモンは、露わになった怪物の素顔を睨んだ。


 女。怪物の正体は、若い女だった。


------------------------------------------------------


商人の街、サチャ。


 巨大な運河と街中に張り巡らされた水路、そして内陸への幹線道路によって、古くから栄えてきた。



 今日も街のあちこちで、東の衣を着た西の生まれの人が北の郷土料理を食べ、南の地酒に舌鼓を打つ光景が至る所で見られる。

 活気は絶えず、栄華は衰えを知らない。


 そんな街で、ドモンは暗殺稼業の傍ら、

市庁舎の役人として日々を過ごしている。

 あるいは公務の傍ら、裏の仕事に手を出しているのかもしれない。

 いずれにせよ、金を貰って人を殺しているのに変わりはない。

 彼のような暗殺者を裏の世界では、

「請負人」

 と呼ぶ。


 標的は俗にいう悪党ども。つまり、悪が悪を人知れずに始末するというのだ。これほど変わった仕事はないだろう。


 それはともかく……。

 ドモンは一向に片付かぬ書類の山に、そろそろ辟易し始めていた。

 無口、無表情、無愛想の三拍子を備えているとさえ評されるこの男にも、飽きはやって来るのだ。


「暇か?」

 と、挨拶がわりに声をかけてきたのは同僚のコッパァ。彼は何かにつけてドモンのもとへやって来る。

「いいや」

 つっけんどんにドモンは答えた。これは二人にとって挨拶のようなものだった。


「少しは休まんと、体がもたぬぞ?」

 冷たくあしらわれてもコッパァはビクともしない。彼はドモン性格をよく知っていたし、むしろ、友人の冷たい反応を楽しんでいる節さえあった。


 ドモンは帳簿をたたんで、体をコッパァへ向ける。招かれざる客は部屋の主人の許可なしに、手近な椅子に座っていた。


「暇になった。して、今日はどうした?」

 無表情にドモンは尋ねる。

「またどうしようもない噂話か?」

「そうだよ。新鮮で、どうしようもない噂話を仕入れて来てやったのさ」

 椅子の背もたれに頬杖をつき、コッパァは言った。


「最近、刑務所から脱走した山賊一味の話題で町じゅう賑やかになったの、覚えてるか?」

「覚えている。お前がわざわざその話をしにここへ来たからな」

「一人残らず死んだよ。今朝、河原にの山ができていた。それはもう、うず高く積み上がって……」

「見に行ったのか?」

「行く訳ねーだろ。縁起でもない」

「では、むくろの山とは……」

「野次馬がそう言ってたんだって。俺はそれを又聞きしただけだよ!」


 だろうな。ドモンは心の内で呟く。見ていたら、喋る気など失せるだろう。


 脳裏に怪物と対峙した瞬間が蘇る。


 あの夜。あの河原で。あの怪物が。あの女が。たった一人で、30人もの山賊一味を全滅させた。

 その真相に辿り着く者は金輪際、現れる事はないだろう。


 ドモンはあの夜の事を鮮明に思い出すことが出来た。


 あの日、彼は殺しの依頼を受けていた。

 暗殺目標は、あの山賊一味の頭領。しかし、その獲物は横取りされてしまった。

 仕留めたのは、赤い手甲の怪物である。

 そして怪物は躊躇なく、ドモンを襲った。

 請負人は拾った刀で必死に斬撃を避けて、斬りかえす。反撃は防がれ、一度は武器も奪われた。

 

 もし、縄鏢じょうひょうの刃をにしていなかったら、ドモンは自分の武器で命を落としていたかもしれない。

 ドモンは鏢の切れ味を落として、あえておもり替わりに使っていた。

 理由は単に、尖った錘の方が、飛距離を伸ばせるからに過ぎない。しかし、その選択が、結果として彼の命を救ったのだ。



 さて……。

 かような事が起きていたと知る由もないコッパァは、あっけらかんと言葉を続けるのである。

防人さきもり(注・街の治安部隊)どもは、悪党同士の抗争と決めつけて、捜査を打ち切ったらしい」

 この街の防人は、日和見主義なきらいがある。おかげでドモンは、暗殺を少し楽にこなせていた。


「しかし、呆気なく終わったもんだぜ。てっきりこれから、山賊と防人との大立ち回りが拝めるとばかり思ってたのによぉ」

「その手の話をご所望なら貸本屋に行け」

 と、結んでドモンは仕事に戻る事にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます