食客商売1話-1「あんた、この食客をどう思う?」

 ある日の夜。



「立会人が3つ数える。俺達はそいつにあわせて、後ろに下がっていく」

 

 髭の男は若い青年にこう言った。

 青年は無言で頷く。男達に囲まれ、音のない嘲笑を浴びせられ、彼は激しい怒りに燃えていた。


 草原に佇む彼らを照らすのは、周りにたてられた松明の炎だけ。灯は夜更けの冷たい風に吹かれ、大きく揺らめいていた。


「次の合図が決斗の始まりだ。サイゴに確認するぞ、ヴェトロ君。本当にやるんだな?」

 髭の男は粘っこい口調で尋ねてきた。

「ああ」

 ヴェトロ青年は、はっきり頷いてみせた。

「分かった」

 にやり。男は笑う。


「僕が勝ったら、すぐにでもこの地より立ち去れ。そして、彼女にも……」

「勿論。騎士の誇りにかけ、約束はきっちり果たす」

 それから二人は口を閉ざし、足元の武器を手にした。


  片刃の湾刀。

 この地域で普及している刀剣だ。別段、業物ではないが切れ味は申し分なく、一太刀で相手に深手を負わせることもできる。


 ――腕次第では。


 ヴェトロは大きく息を吐く。この決斗は負けられない。

 自らのため、愛する者のために。


 負けられない。


 互いに背中を向け合う。


 口許に古傷のある立会人が、ずっと閉ざしていた口を開いた。


「ひとーつ」

 数えにあわせ、二人は一歩前へ。

「ふたーつ」

 また一歩。次で両者は間合いの外に出る。それも、刃先が触れるか触れないかの、ちょうど境目に。

「みっつ!」

 最後の一歩。振り返った時が決斗の開始。


 負けられない。


 ヴェトロはくるりと身体を回して叫んだ


 ――はずだった。


 彼の口から発せられた声よりも、すぐ目の前で起きた破裂音の方が、遥かに大きく轟いていた。


青年の悲鳴は、掻き消されてしまった。


 銃声によって。


 両膝から力が抜ける、地に着いた足に再び力を入れたくても、憎き騎士に一太刀あびせたくとも、ヴェトロにはできなかった。


 真っ白なシャツの中心に大きな赤い染みが広がり、尚も背中にまで貫通した傷口からは、ゴボゴボ血が噴き出ている。


 撃たれた。

 騎士が剣の代わりに、隠し持っていた銃で発砲したのだ。


 マスケット銃。


 騎士でなくとも、猟師でも雑兵でも、一般人でも扱える、

今の世にありふれてしまった武器。


 古臭い決斗の場に「いてはならない存在」だと――ヴェトロの唾棄する道具。


 それに殺された。


 堪えきれず、込み上げてきた赤い液体を口から吐きだす。ヴェトロはばたりと倒れてしまった。


「散々、止めておけと言ったのに。バカな野郎だ」

 銃をベルトに戻すと、騎士は高笑う。周りの仲間――騎士たちも声をあげて笑い出す。


「頭に血が昇りやすい連中は特にカモになる。男の意地ってなぁ良いもんだな」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます