食客商売

碓井彩風

食客商売1話「あんた、この食客をどう思う?」

食客商売「あんた、この食客をどう思う?」

「裕福な商人なら、食客の一人や二人、養っているもんさね」


 昔、亡くなった祖父がそんなことを言っていたらしい。

 

 家は雑貨屋――商売をしている。

 つまり商人というやつだ。

 だから私は商人の娘。


 でも、裕福ではない。

 悔しいけど断言できる。

 所帯の小さい中堅どこの商家。

 だけど、家には食客がいる。

 ずっと前から。

 わたしが生まれて間もない頃からいる。

 ずっと。ずっと一緒だった。


 食客。


 ある程度の財産がある家で養われる、ある程度の実力のある者。


 居候との違いは、衣食住の対価として

 自身の才能を提供しているか、否か。

 この定義を思い出すと、わたしはきまって首を傾げてしまう。


 おかしい。


 ――我が家の食客は何もしていない。


 ------------------


 レミル・マギルは座卓に頬杖をつき、食客をじっとり湿った目で睨んでいた。

その目を維持するのも疲れ、彼女は呆れに呆れ返った、湿っぽい視線へ切り替えた。


 件の食客は庭に生えた大木の下で、

 ぐーすかぴーすか、昼寝の最中。

 手拭いを顔にあて、寝息をたてている。


「まだ寝てる」


何もしないで寝てばかりなら、もっとお店を手伝ってほしいものだわ。


レミルは運河沿いの街に店を構える雑貨屋「マギル商会」の一人娘。

生まれてから数え年で十五年。未だに解せない疑問に頭を抱えながら育った。

 あの食客は何者なの?


 ニト


 奇妙な名前の奇妙な女食客。由来は数字の二十という廃れた言葉。

 見た目は三十歳(ミト)に達していそうだが、実のところ、幾なのかは分からない。


 そもそも、何の食客かすら不明だ。店を切り盛りする母も、店で働く使用人たちも、みんな知らない。死んでしまった祖父が唯一、事情を知っていたようだが、全て説明する前に、墓まで秘密を持って行ってしまった。


 さて、この女食客。体格に恵まれているものの、武芸者には見えない。動作の一つ一つがとにかく鈍いのだ。

 かといって、芸術に秀でているようでもなければ、特定の何かに励んでいるようでもなく、雑用を手伝う以外を食事と昼寝に費やしている。


 怠惰の塊。


 誰もが訝しみ、小言を唱えて呆れるが、何だかんだで受け入れてしまっている。

 悪さをする訳でもないし、人が悪いようでもない。怠け者ではあるが、目立った害を及ぼすでもないのだ。


 かくいうレミルも、ずっと一緒に暮らして来た手前、彼女の素行に慣れてしまっていた。おかげで別段、悪感情を持つことができないでいる。

 これが仇となり、食客は今日まで居候をきめていた。


 レミルは時に自身の甘さに嘆き、時に食客の素行に嘆く。そして、この合間に娘は必死に首を捻るのだ。

 

 彼女は何者なのか――と。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます