食客商売2話「外道を始末するのは悪党」

食客商売2話ー1「外道を始末するのは悪党」


「ねぇ?」

 掛け布の中から女の声がする。

 上下に動かしていた頭を止め、彼女は上目遣いに見てきた。

 赤毛の女である。

「本当にいいの?」

「しつこい」

 男は布を剥した。


 二人とも裸であった。男は頑健で傷だらけの体を、女は艶やかな柔い体を、互いに灯りの下に曝しあう。


「不満なのか、オレが?」

「むしろ逆。あんたは他の客と違って金払いが良いし、相性も良いみたいだし」

 そっと抱き寄りがてら、女の手は男の下半身へ伸びていた。

「じゃあ、何だ? 何だって同じ質問ばかり繰り返し訊きやがって」

 男は尋ねる。

「何度でも念を入れて訊きたくなるよ。

だってあんた――」

 女は脱ぎ捨てられた男の衣服へと目をやる。新調したばかりなのだろう。濃緑の布地はとても良い状態が保たれている。

 この服が男の身分を如実に表していた。


「坊さんだろう。寺院の」


 それは僧侶が纏う法衣であった。


 おそらく彼が属しているだろう宗派は、

商業で賑わうサチャの街をはじめ、各地に寺社を置いている。

 僧侶たちは御主(みぬし)という神を崇め祀り、清貧を良しとし、禁欲的なのだが、この男は僧でありながらそうではようだ。


「神様の使いとやらが、女と寝るなんて、罰当たりも良い所じゃないか」

「そっちこそ、見知らぬ男と寝る罰当たりな仕事をしている」

 切り返された女はうっすら笑みを浮かべ、男の体をじっと見つめる。視線には、粘滑らかな色欲が絡みついていた。


 ……色街に入り浸る男など珍しくもない。

 男か女か。子供か大人か。どちらかを買い、寝て、金を払う。違法だろうが合法だろうが、色街でコトに及べる店では、それが当たり前の光景であった。

「坊さんの客はこれが初めてじゃないのよ」

「そうだろう。そうだろう。大昔から、昼間から寺ん中で乳繰り合う腐れ共はゴマンといやがったんだ」

 と、生臭坊主は砕けた物言いをした。


 会話を交えながらも、両者はぴっとり互いの肌を重ね合わせていた。

「ええ。先週も一人、ぶよぶよに太ったのが来たわ。とっても偉い人らしいけど、詳しくは知らない。でも、あんたは、あの豚とは

まるで違う」

 この僧侶、正に筋骨隆々という難しい単語通りの体つきなのであった。その体には至る所に傷があった。刃物傷、打撲痕、縫い痕、噛み跡、火傷。種類にも富んでいる。そして、無骨な顔にも古傷が奔っていた。


「良い体、それに……良いニオイ」

 女は首筋に鼻を近づけ、細指で僧侶のざんばら髪を掬いあげる。

「どんな髪脂を使ってんだい? 安物の香りじゃあないわね」


「気になるか?」


 ひょいと、女を上に跨らせ、尋ねる。

「ええ」

「こいつをつけると……寄って来るんだ。

色気につられた客から、金と命を奪う汚ねぇ虫が。俺はそういう虫から――」



 僧侶の両手が女の両肩にあてられた。



「命を貰う」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます