食客商売6話-終「殺し請け負います」

  診療所のベッドで、クーゼは気怠げに日差しを浴びていた。

 倒れている所をマギル商会の食客に助けられたらしい。


 ムウスの手下を殺したのも彼女では?

 食客の事を疑ってみたが、見舞いに来た時に確信した。


 違う。こんな呑気な女が人殺しなんてする筈が無い。

 あの危機を救ったのは誰なのか。分からずじまいだった。


 そして寝込んでいる間に、最悪の報せをたて続けに聞かされた。

 

 まず、ムウス・パタとその取り巻きの弟子四人の死体が次々と街中で見つかった。

 道場ではルゼットが自死、先生までもが息を引き取ってしまった。

 道場は武道大会どころではなくなり、しばらく休館することになった。


 あの夜。何かが起きた。アタシのおよび知らぬ所で何かが。 

 それが何か突き止めたいと衝動に駆られることもあった。

 が、その度にこう思うのだ。


 今度は死んでしまうかも。


 偶々運よく助かった。

 もしかしたら、あの時、ひょっとしたらアタシは死んでいたかもしれない。

 

 人はいつ死ぬか分からない。いつまで生きられるのかも分からない。

 何の為に生きて何のために死ぬのか。ただ剣を振るうだけの人生で、答えは見いだせるのだろうか。

 寝ていると余計な考えが次々と浮かんでは消えていく。


 早く怪我を治さなくちゃ。

 女剣士はため息をついた。


-----------------------――ーーーーーーーーーーーーーーー-


 ニトとディー・ランの二人は高台から診療所を眺めていた。目が良ければここからクーゼの病室を覗き見ることが出来た。

「怪我のせいで気落ちしているが、あの女剣士様なら大丈夫だろう」

 坊主は今日も酒に舌鼓を打っている。

「ちょっと危なかったな、今回は。請負人ってのは大変だよ。依頼人の裏まで見極めなきゃいかんから」

「うん」

 ニトはぼんやり頷く。先日の神鬼迫る勢いは影も形もない。

 雲。それも朧雲のような薄いやつだ。こやつ正体を掴むには骨が折れるぞ。 

 頭を掻いて坊主は苦笑い。

 

 ルゼットの暗殺を請け負ったニトは、出立前にドモンから事件の真相を聞かされた。どうやらドモンは依頼を受けた直後から、一人単独で、道場の内紛を調べ回っていたらしい。

 

「にしても、意外だったなあ。師範とルゼットも含めた殺しを依頼したのが、ラグディオ・アディカだなんて」

 また坊主から話題を切り出した。

 今回の依頼人。ルゼットの仕組んだ偽の依頼とは別に、復讐代行と暗殺の仕事が入っていた。


 クーゼに怪我を負わせたムウス一派への復讐。そして事件の裏で暗躍していた道場師範とルゼットの暗殺。

 その依頼人はアディカ。誰とも関わらずにいた無頼の高弟だ。

「まるで謀略とか野心とか、そんなものとは無縁そうな面して、やることはやっちまうオッサンだったと」

 と、ディー・ランは言う。

「ルゼット達もそうだったでしょう。誰だってあるんだ。隠している事の一つや二つ。いや、もっとかもしれない」

「お主のようにな」

「あんたこそ」

 ニトは坊主の事をじっとり睨んだ。



 道理は通らぬが、邪道はまかり通る。

 無法は知らぬが仏。

 渡る世間は悪ばかり。

 天下を回すのは金。人を翻弄するのは力なり。


 そんな世の中で、人知れず悪と戦う者達がいる。

 彼らは正義の味方ではない。何故なら金を貰って人を殺すから。


 しかし、外道ではない。彼らは邪悪を決して許さない。

 晴らせぬ恨みを晴らす裏の世界の人間達。

 悪を持って悪を斬る。

 人は彼らを「請負人」と呼ぶ。



 その殺し、いくらで請け負いましょうか?


(了)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます