食客商売6話-3「殺し請け負います」

 その日の夜。マギル商会からやや離れた場所に建つ朽ちた小屋。

 ろうそくの微かな灯りに照らされた、数人ばかりの影があった。

「するとお前さん。道場まで、あのクーゼを尾けたってぇのかい」

 と言ったのは、番頭のザムロだ。

「うん。ちょっと気になったから」

 答えるのはニト。愚鈍に振舞う食客だ。しかし、今の彼女は様子が違う。

「あたしを指名した理由は、最後まで分からずじまいだったけれども」

「向こうも、それどころじゃなくなったようだからな。これでいいのかもしれん。余計なことには、首を突っ込むものじゃあない」

「長老ぶった話し方をしやがって」

 ニトは嘆息した。


「しかし、驚いた。こっそり逃げた筈なんだけど、こっちに気づいて外に飛び出してきた。しかも、説明なしにいきなり手矛を抜いてさ。参ったよ」

「手練れなのかい、やっぱり」

「だろうね。場数は踏んでないけど、それ以上に才能に恵まれているんだ。怖いんだよな、ああいうのは」

「もし、何かの縁で戦うとなったら、勝ち目はあるか?」

 と、ザムロは尋ねた。

 ニトは鼻で笑う。

「馬鹿な質問はおよし。向こう何十年経ったって、そんな日は来やしないさ」


 これでクーゼとの縁は切れた。この時、ニトはそう思っていた。

 しかし、それは間違いだった。


------------―――------------―――――――――――


 二週間後。時刻は正午を回ったばかり。


 クーゼは酔っ払いと出会った。

 そんなのは世に掃いて捨てるほどいる。

 その酔っ払いは坊主だった。

 が、酒で乱れる坊主も珍しくなかった。


 だが、派手な着物を着崩した、ざんばら髪の酔いどれ坊主は、世間広しと言えど、お目にかかれやしない。

 加えて、夜鷹らしき女二人の肩を抱き、天下の往来を我が物顔で闊歩する坊主など、もはや魑魅魍魎の親戚といっても過言ではない。

 道行く通行人は奇異の視線を酔いどれ坊主へと向けていた。無視しようにも、派手な装いに嫌でも目がいってしまう。


「母さま。あれ……」

「しぃ。見てはなりません」

 母親と思しき女が子どもの前に立ち、視界を遮る。

「あんな大人になってはいけませんよ」

「はあい」

 これは別の親子連れの会話。


 クーゼは最初、素通りしようかと思った。

 だが、気になってしょうがない。

 あの坊主は何者なのか。何ゆえ、あのような目立つ振舞いをしているのか。

 気づいた時には足が勝手に動いていた。


 気づかれないよう注意を払って後を追う。

 酔いどれ坊主の一行は、寂れた茶屋の店先で腰を下ろした。

 すぐ横は水路。桟橋には小舟が一艘。

 後で舟でも借りよう。クーゼはそう考えながら、坊主に近づく。

 何をしているのだろう。自分でもバカだと思った。


「もし」

「あんだい、お前さん。俺ちゃんに何の用?」

 坊主が上目遣いに尋ねる。黙っていれば長髪の色男なのに、口を開くだけで卑しさが倍増する。

「貴様に興味を持った。何者なのか、と」

 正直にクーゼは答えた。

「見ての通りさね」

 両脇の女達をがっしり掴みながら坊主は答える。片方の手が夜鷹の着物の内へ滑り落ちていた。

 不愉快な男。


 アタシは馬鹿だった。

 遅い後悔の味にクーゼは内心で舌打ちをする。

「煩悩まみれの俗物にしか見えんが?」

「人は皆、煩悩まみれよ」

 男は言った。

「すべて煩悩。すべて我欲。それが人を人たらしめる」

「では貴様は最も人間らしいと?」

「その通り。道行く者達は俺様を見て学んだことだろう。子どもにも良い手本となったであろう」

 平然と言ってのける坊主。夜鷹達がくすくす笑う。クーゼは坊主を睨んだ。


「今までも散々訊かれた。その度に俺は答えた。僧籍に身を置くただの人間。

 数え歳で28の男。いくつもの街と数えきれんほどの酒場を渡り歩いた流浪人。

 名はディー・ランだと。何度もね」

 不良坊主のディー・ランは、夜鷹が酌をした酒を一口で飲み干した。


 美味そうに酒を飲み、嬉しそうに女の身体を触る。

 これを俗人と呼ばずして他になんと呼ぶ。

 呼ぶとすれば。クーゼには断言できた。


 たった一文字。


 屑。


「俺は名乗った。なら、お嬢さん。あんたも名乗れ」

「その次はわたいらが名乗りましょうか?」

 と、夜鷹が訊く。

「いらん、いらん。俺ちゃん忘れっぽいの」

「薄情なお人だわぁ」

 ディー・ランと夜鷹達が声をあげて笑い出す。それに腹をたてたクーゼは、大声で名乗った。

「セスパタの門弟が一人、クーゼ・フォシャールだ!」

「……へぇ、武道家の卵だってえのか」

 ディー・ランが小声で呟く。一瞬で、緩んでいた顔つきが変わった。

 目に宿した光にクーゼは思わず身構える。

 この男、似ている。女剣士は先日の食客を思い出した。


 ディー・ランは女達から腕を離し、ゆっくり立ち上がった。

「ンだよ。手っ取り早い方法があンじゃねェか。俺ちゃんのこと知りたいって?だったら、これあるのみ」

 ディー・ランは拳を掲げて見せた。

「背中にしょっているのは手矛だろう、女ァ」

「いかにも」

 クーゼは頷く。思ってもみない展開になった。

「その手は何だ?」

「無粋な質問するンじゃあねェ、女剣士サマ。決まってンだろ。喧嘩だよ、喧嘩ァ」

「喧嘩」

「そうだ。アンタは手矛を振り回し、俺は拳を振るう。簡単なことだろう」

 驚きと僅かな期待で胸が勝手に小躍りを始める。

「確かに。異論はない」

 クーゼは手矛を地面に突き立てた。


 怪訝な顔になるディー・ランに彼女は言い放つ。

「これで対等に戦える」

「いいの、得物使わなくても?」

「これしきのことで使っては……」

 クーゼは口を閉じて軽くのけ反った。

 鼻先から僅か3寸の位置を、ディー・ランの拳が通過。

 不意打ちである。クーゼは卑怯坊主から離れ、構えた。


「貴様!」

「先に言っただろう。喧嘩ッてよォ!」

 曲げた両腕で顔を守りながら、ディー・ランは突っ込んで来る。

 既に戦いは始まっていた。


 クーゼは気持ちを切り替え、お返しといわんばかりに掌打を繰り出す。

 が、太い腕の壁に阻まれる。

 硬い。この男、鍛えている。クーゼは先ほどまでの評価を、あらためざるを得なくなった。

 夜鷹達がやんやと手を叩いて喜ぶ。呑気だなと女剣士は呆れる。

「こっちの方もイケるクチかい」

 ディー・ランは両腕を振って薄笑いを浮かべる。

「何だろう。貴様が言うと無性に腹がたつ」

「そう言いなさんな。ンじゃあ、イクぜ!」

 ディー・ランは身体を小刻みに揺らしながら、左右の拳を打ち込む。

 ひらりひらりとクーゼに躱されても、猛攻は止まらない。

 反撃の前蹴りは身体を沈めて避ける。


 細く、引き締まった脚。見惚れる暇なかった。

 その脚を曲げ、女剣士は膝蹴りを坊主に見舞う。

 腕を交差して坊主は鋭い一撃を抑え込む。



 逃しきれなかった衝撃が隙を作った。

 ディー・ランにとっては致命的な一瞬。クーゼにとっては好機。

 女剣士が半歩踏み込む。

 足刀蹴り。

 直撃。


 しかし、ディー・ランの強固な腹筋が、彼女の渾身の一撃を防いだ。

 一瞬だけ、彼は顔を歪ませた。


 だが、すぐに平静を装い、

「ヤる事が派手だねェ……」

 と、驚いてみせた。

「喧嘩だからな」

 クーゼは蹴り脚を戻しながら言う。

「先の発言は取り消す」

 彼女が突き刺していた手矛に手を伸ばした時だ。

 甲高い笛の音が響いた。

「防人だな」


 防人とは、この街の治安維持組織の名前だ。

 同時に、組織に属する役人の通称としても使われている。

 だから、見回り中の役人の事も防人と皆は呼ぶのだ。


「こっちに来るらしい」

 ディー・ランは頭を掻いた。


 クーゼは急いで手矛を肩に担ぐ。

 今度出場する大会を主催しているのは彼らだ。

 試合前に喧嘩沙汰を起こしていたと知れたら、面倒な事になる。


「この喧嘩、しばし預ける」

「おう。俺は街中をうろついてっからよ。見つけたら声を掛けな」

 そう言うと、ディー・ランも夜鷹達を軽々と小脇に抱きかかえた。

「いつでも相手してやる」

 坊主は笑う。

 気持ちのいい笑顔に見えた。先ほどの不快感など、どこにもなかった。

「では」

「じゃあな」


 二人は別々の方角へ駈け去った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます