食客商売5話-終「婿旦那の浮気は成功するのか?」

 ドモンが何事もなかったように帰宅してから数時間後。


 書斎で物思いに耽る彼のもとを、ニトが訪ねた。

「スキュレは?」

「帰った。泣いても誰も助けに来ないって気付いたらしい」

 あらかじめ、食客にはスキュレを見張るように言っていた。

 あの女ははしばらく雪に埋まりながら、稚児のように泣き喚いていたらしい。


「またちょっかいかけて来ると思う?」

 と、ニトは訊く。

「どうだか。少なくとも、当分は大人しくしているだろう。今回はお前とヴィクに助けられた。ありがとう」


「なんだい藪から棒に。この所、礼を言われても、ちっとも嬉しくない連中に頭を下げられてるね、あたし」

 苦笑いするニトは、不意に話題を変えた。

「そういや、ずっと気になってたんだけど。どうしてあの女を助けちゃったの? そりゃあ婿旦那は、超のつくお節介焼きだ。でも、理由は他にあるんだろ?」

「……これだ」

 ドモンは机の引き出しから、銀色の髪飾りを出して、食客に渡す。

 表面の装飾が剥がれ、先端も折れていた。


「シャスタのものだ」

「思い出した。女将ちゃん、昔はよくこれを使っていたねぇ」

 髪を伸ばしていた頃のシャスタを思い出し、ニトは微笑んだ。


「最近の家内は、ため息が多かっただろう?原因はこの髪飾りだ。大事にしまっていた思い出の品が壊れていたと。それで酷く消沈したという訳だ」

「髪飾りくらい修理に出すか、新調できるでしょうに」

 そう言いながら、ニトは髪飾りを返した。


「この髪飾りを作った職人が、あのシオン・スキュレの夫なんだ」

 合点がいったニトは鼻を鳴らす。

「直してもらおうと職人のもとを訪ねたら、ちょうど妻に手をあげていた。そして、お節介焼きの婿旦那が間に入ってしまった、と。災難だったねぇ、婿旦那。面倒な人妻に付きまとわれ、髪飾りも直せずじまいとは」

 けらけら笑う食客。


 ドモンはそんな食客をひと睨みするが、それもすぐに辞め、ため息を吐いた。

 無表情が崩れ、みるみる内に疲労が表に溢れだす。

「もうじきシャスタの誕生日だから、これを直して贈ろうと思っていたのに」

「ボヤきとは旦那らしくない。諦めて新しいのを買ってやることだよ」

「それしかないようだな。しかし、なんだ。うむ……」

 歯切れが悪い。ニトは訝しんだ。

「どうしたんだい? 」


「また妙な噂が流れたりしないだろうか。贈り物で浮気を誤魔化としている……とか」


 真面目かつ神妙な面持ちで話すドモン。

 耐えきれる筈もなく、ニトは腹を抱えて大笑いした。


(了)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます