食客商売1話ー5「あんた、この食客をどう思う?」

 騎士たちの事件も日が経つとすぐ別の話題に上塗りされてしまう。


 囚人護送船の座礁騒ぎが起きたかと思えば、今は珍獣のお披露目で大賑わい。

 あっという間。気が付くと、何もかもが変わってしまう。


 ぼんやり物思いに耽りながら、レミルは庭に置かれた台座から、店の前を横切る街道を眺めていた。

 行き交う通行人から馬車、建ち並ぶ家々から木々草花まで、すべてが普段通り。ここだけは何一つ変わりない。

 周囲はいつも通りの平穏。


 今日は珍しくニトが一人で外出している。いつもの木陰では、代わりにシャスタが昼寝をしていた。

 ここだけはいつもと違う。

 他にはあるだろうか。


 家の裏手――雑木林へと目を向ける。何も無いと分かっていながら、乱雑に生え並ぶ木々の隙間、あるいは薄暗い林の奥へ目を凝らしてしまう。

 彼女自身、はっきりした理由は持っていなかった。なんとなく、である。


「どうかした?」

 シャスタの問いに答えるように林が音を発する。枯れ枝を踏み砕いた音。乾いた音であった。


 体を起こすシャスタ。

 そして、息を呑むレミル。


 二人の前に小さな人影が林の暗がりから出てきた。

「子ども?」

 子ども――それも、レミルより、ずっと歳下の少年。

 明瞭になった容姿に母娘は言葉を失う。


 少年の衣服はボロボロだった。汚れてもいた。そして、血だらけだった。

 その場で凍りつくレミルは、言葉はおろか、頭を働かせることすら忘れてしまう。震える両脚で立ち、大きく見開いた眼で、出会ってしまった衝撃と相対するので、少女は精一杯だった。


「どうしたんだい、アンタ?」

 落ち着き払った声が、レミルを現実に引き戻す。シャスタが尋ねたのだ。

 しかし、母もまた冷静ではいられなかったらしい。小麦色の肌からは血の気が失せ、唇も震えだす。シャスタは込み上げてくる感情を必死に抑えていた。

「坊や。何があったんだい?」

 また尋ねた。しかし、沈黙だけしか、返ってくるものはない。少年からは視線すら返ってはこない。


 生気も喜怒哀楽すら枯れ果てた、濁った目。この眼には、レミルもシャスタも、ただ狼狽するしかなかった。

 少年は踵を返すと、一目散に林の中へ駆け込んでしまう。


「待って」

 意を決したレミルは後を追うように林へと入った。


「ちょいと。行ってはダメ……レミル!」

 シャスタが呼び止めたが、レミルの後姿は遠のくばかり。

 あっという間に、二人の姿と足音が木々の薄暗闇へと吸い込まれていく。


 程なくして、甲高い悲鳴が響き渡った。

 レミルの声であった。


 ―――――――――――――――――――


「――女将さんは?」

 ザムロは物憂げな顔でニトに尋ねた。

「寝床に運んだ」


 夕刻、何の前触れなくもたらされた事件は、マギル商会の面々をドン底へとつき落とす。とりわけ――シャスタを。


 レミル・マギルが誘拐された。

 犯人は数日前に捕まったと噂された、あの強盗騎士たちだった。


 彼らはレミルだけ捕らえ、例によって逃走中の安全と身代金を要求してきた。

 数日前に一同の話題にのぼった手口そのものである。


 絶望の二文字すら生ぬるく、形容すらできぬ程のショックに、気丈が取り柄のシャスタでさえも打ちひしがれてしまう。

 更に娘から無理やり引き剥がされただけでなく、殴られ、けがを負っていた。


「今は女中に傍についてもらってる。怪我の具合は軽いが、一晩は、安静にしておくのが最善だ」

 食客は静かに長椅子へ腰を落とす。

「分かった」

 頷くと、ザムロは暗い面持ちのまま、こう言った。

「二人に危険が及ばないよう、身を挺するのがアンタの仕事だろうに。一体どうしちまったんだ?」

 非難。感情的な口調でぶつけられるも、ニトは沈黙を通す。


 ザムロの口はまだ止まらない。

「……こういう時の為に、俺らは店にいる筈だったのに。俺も耄碌しやがって。そう。噂の真偽を見極めるのが俺の役目。店に害が及ぶかどうかも、俺が探りを入れて、吟味し、判断をする。にしても、だ。ニトよ。本気でタダ飯食いに成り下がるつもりだったんじゃないよな? ええ?」

「つもりだった」

 乾いた声でニトが言う。ザムロは大きな腹をしぼませる位、大きなため息を吐く。

「冗談止せ。お前さんに平和は似合わん。さて……」


 ――こんなことをしている場合ではない。

 ザムロはやっと冷静さを取り戻す。

 百回の謝罪より、一度の挽回で失敗を取り返す方が良い。


 それに前代未聞の厄介事はこれが最初でもない。

 今までに何度も、二人は陰で動いていた。

 店のため、母娘のため、皆のために。


 ザムロは乾いた態度で口を開く。

「賊のリーダー……ダダンだったかな。ヤツは死んだと聞いたがね。あちこちで仕入れた情報でも、やっぱり死亡扱いだったのに」

「奴の死体は、どこかの誰かだ。ボロ雑巾にしてしまえば、見分けなんてつかない。防人も細切れ肉は早く捨てたい」

 ニトは落ち着き払って答える。


「乱戦の中で防人の誰かにすり替わったか、それとも、初めからいなかったのか。いずれにせよ、悪知恵の働く男だ。死体さえあがれば追及の手は緩む」

 ザムロは質問を続ける。

「敵の規模と隠れ家は?」

「足跡の数から推測するに、5人以上はいる。途中で馬を使って移動した。連中はこの一帯に詳しくない。だから、人質を調達するリスクまで犯したんだろう。これならすぐに捕捉できる」

 と、食客はザムロをまっすぐ見据えて答えた。目つきがまるで別人だった。


 窓から差す夕陽に染められたニトからは、日頃の皆が知っているような、あの「タダ飯食い」の面影は感じられない。

 もはや虚無といえるような、静かな殺気を漂わせる女。

「やれるな?」

 と、ザムロは問う。

 ニトは何も答えない。代わりに音もなく腰を上げた。


----------------------------------------------------


 レミルは林に潜んでいた強盗騎士たちに連れ去られ、郊外の農家に囚われていた。


 背中に強い衝撃を受け、仰向けに倒れた頃には、意識も薄らいでいた。すぐ隣で必死に声を掛けてくれていたシャスタの声も、遠くから響き渡っているようだった。


 その後の事は分からない。

 目が覚めた時には後ろ手に縛られ、床に転がされていた。


 記憶の片隅に残っていた髭面が、卑しい笑みを浮かべて見下ろしていた。

「どこかで会った気もするが、この際、どうでもいい。お前に恨みはないが人質になってもらう。理由?運が悪かった。それだけだ」


 それだけ?


 両目を白黒させていると、彼らは尚も卑しく笑った。


 ――ああ、こういう人たちなんだ。

 ようやく理解できた。

 彼らの非道さを。自らの保身の為には、平気で他人を踏みにじれる人間がいるのだと。そこに後ろめたさも躊躇も、理由すら持ち合わせない人たちなのだと。


 ショックだった。

 これまでレミルは固く信じていた。たとえ、どんな悪人であっても、僅かに一片だけ「心」というものがある筈だと。


 それは絵空事だった。悪党はとことん悪党でしかなかった。

今まで信じてきたものは現実を知らない、子どもの幻想なのだと、レミルは深く思い知らされた。


 そうして、打ちひしがれてからどれ位、時間がたったのだろう。

 気がつけば日没を経て夜となっていた。

 既に家中が荒らされ、二束三文でも、値のつく物品は全て奪われた後だった。


食べ終えた食事も卓上に散らかしたまま。床には食器や食べかすまで落ちている。

 彼らは外に出払っていた。


 見張りがどうとか言っていた気がする。


 現在、散らかった狭い一室にいるのはレミルと少年の二人だけ。

互いに視線を合わせる事も、会話を交わすこともなく、長い時間、沈黙していた。

 少年はずっと部屋の片隅に蹲っていた。顔にべっとりついた血は一度も拭われることなく、すっかり渇いてしまっている。


 彼はこの家の子どものようだった。賊徒の話しぶりから、親兄弟は地下室に積み上げられているらしい。生き残ったのは彼一人。もしかしなくても見てしまったのだろう。最愛の者達を殺された瞬間を。


 ここでやっとレミルは気付いた。

 手が拳を作り、痛覚が鈍るまで握りしめていることに。自らの不運より、少年への憐憫。元凶となった男共への激しい怒りが勝ったのだ。

 彼女の中では、滅多に抱いたことのない、粘っこい憎悪が込み上げていた。


 ――ダメ。


 レミルは目を閉じる。大きく息を吐き、ニトの言葉を思い出す。

「怒りなんてのは長続きしない。そんなものに拘るくらいなら――」

 彼女の言葉が脳裏をよぎった時、レミルは無意識のうちに大きく息を吐き、空になった肺にたっぷり空気を入れていた。


 この作業を繰り返す内に、頭のてっぺんにまで昇り詰めていた熱気は、跡形もなく消えてしまった。


 おまじない。教えてくれたのはニトだ。

 考えろ。

 レミルはぐるりと室内を見回す。

 ――助かる方法を。


 その時だ。

 彼女は発見した。食べかすやゴミに雑じってテーブルナイフが落ちているのを。

 幸い足は縛られていない。レミルは静かに起きあがり、背中越しにナイフを拾った。


 見えない、動かない、切れない。三重苦に焦りながらも、少女はやっと縄を切断した。


 何やら外が騒がしくなった。

 馬の嘶き、悲鳴、男達の喧騒。そして、夜空を赤々と照らす炎。

 窓から窺うと、畑を挟んで建っていた納屋が、ごうごう、燃えていた。

 その周りで騎士たちが暴れ馬を捕まえ、なだめるのに、躍起になっている。


 何が起きているのか分からないけど。

 逃げられる!


 レミルは少年を見た。少年は窓の外に、

感情の失せた眼を向けていた。

 この子も一緒に。小さな手を強く掴んで抱き寄せ、レミルは少年を伴い、外へ飛び出す。遠くへ。とにかく遠くへ。

 恐怖を背負いながら、涙をボロボロ流しながら、少女は走った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます