食客商売5話-3「婿旦那の浮気は成功するのか?」


〇〇〇〇


 家に戻ったドモンは 人気のない台所で遅い夕食にありついた。

 ロウソクの灯りを頼りに、冷めた雑穀に温め直した出汁をかけ、手早くかき込む。


「食べるか?」

 戸口の側にそっと声をかける。

 同時に、椀を静かに置き、匙を持った手をテーブルの下へ隠した。

「遠慮する。いっぱい食べたくなるから」

 ニトが背中を壁に預けて立っていた。


「ふむん」

「ちょいと。一人で納得しないでおくれ」

 ドモンは片方の手で瓶を持ち、食べ終わった椀に茶を注ぐ。もう片手はまだ机の下。

 迂闊に近寄れない。間合いに入ったら、匙で目玉をくり抜かれてしまいそうだ。

 ニトは口許を綻ばせた。

「旦那は変わらないよね」


 ドモンは茶を飲み干してから答えた。

 「変われなかった。それだけのことだ」

 ふうん。ニトはしげしげと、ドモンの無表情を見つめる。

「てっきり、愛情を向ける先は変えてしまったとばかり思ってたんだけど」

 ドモンの眉間がほんの僅かに動く。返す視線は鋭かった。


 男の眼光を前にしても、ニトは調子を崩さない。飄々と彼女は尋ねる。

「今日も女と二人でうろついていたって?」

 沈黙。しばし後、ドモンは答えた。

「尾行されている気がしたが、そうか。あれはお前か?」

「ちがう。ヴィクだよ」

「あの男が?なるほど、確かに追跡には適任の男だ。二度、見失いかけた」

 ヴィクがレミルに頼まれ、尾行をしたと、ニトは正直に打ち明けた。


「レミルには尾行は失敗したと誤魔化したんだって。刺激が強すぎたんだろうねぇ。帰ってきた時は、顔が真っ青だったよ、あいつ。可愛い坊やじゃないか」

 へらへら笑う食客とは反対に、婿旦那の表情は硬い。その中にはもちろん、不機嫌が混ざっていた。


「予想以上に噂が広まってる。いずれ女将ちゃんの耳にも入るだろう。ひょっとしたら既にかもだ」

「コッパァだな、面白おかしく話を広めているのは。いや、ヤツ以外にもいる筈だ。心当たりなら充分あるぞ」

 ニトは心なしか、ドモンの口調の端々に、心の乱れを感じた。

 笑いを堪えて食客は言った。

「友達を選ばないからこうなる。でもさ、同僚の木っ端役人どもが触れ回っているとしてもだ……話 の広まり方が早すぎやしない?」

 ニトの目つきが変わった。

 のんびり屋の食客から冷たい裏稼業の人間へ。


 ドモンをはじめ、ほんの一握りの人間だけが知る、彼女の本性だ。

 静かに考えるドモンは、やっと机の下に隠していた匙を椀の上に置いた。

 こちらも体に纏う雰囲気が変わっていた。

 それは言うなれば、心を凍てつかせてしまう、尖って鋭い冷気だった。

「ひょっとして旦那」

「言いたいことは分かった。ニト、お前の考えは当たっているかもしれん」



○○○○○○○○


 あの人に出会うまで、私は何度もこの世を呪った。自分の力ではどうにもできない。理解していても尚、呪わずにはいられない。

 それが、シオン・スキュレの日常だった。


 来る日も来る日も、シオン・スキュレは夫から暴力を受けていた。

 他にどうする事もできない。

 やがて泣くのも疲れた彼女は、耐えることしかできなくなっていた。


 かつて夫は名の知れた職人だったらしい。

 色んな品を作っていたが、特に髪飾りにかけては、右に出るものはいなかったそうだ。

 あの頃の夫はとても輝いていた気がする。


もう覚えていない。


 シオン・スキュレは夫に関する記憶を殆ど忘れていた。残っている記憶は、どれも今とは段違いに幸せで溢れていて、現実味がなさ過ぎた。これはひょっとしたら、夢なのかもしれない。

 だって、現実があんなに輝いている筈ないのだから。


 夫は変わってしまった。もしかすると、ずっと昔からこうだったのかもしれない。


 仕事は一つも入ってこない。生活は荒み、心は日に日に貧しくなっていく。夫も。怒りのはけ口にされた私自身も。

 夫は家の外でも、しょっちゅう暴力を振るっていた。人目のつきづらい場所に連れ込まれて、急に殴られる。

 咎める者など誰もいなかった。

 あの人以外は。


 あの日、あの人は、夫の振り上げた腕を後ろから掴んで止めた。

 そして軽々と投げ飛ばし、ねじ伏せて、金輪際、暴力を振るわないと約束させた。

 その人の名前はドモン・マギル。


 愛しい人。あまりにも愛おし過ぎて、心は焦がれてしまいそう。


 会いたい。早く、あの人に。会いたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます