魔王の星の次の魔王

十龍

第1話 ロキ それは始まりの災厄

 カンバリア共和国の東の先端に、ハルリアという美しい村がある。

 その村は国境線でもある海峡に面しており、天気がよければ、小さく対岸の大陸を見ることができた。

 村人たちは、晴れの日でも特に、対岸がくっきり見えるくらいの快晴が大好きだった。

 そういう日はなぜか果物がよく売れる。鮮やかな空の青を見ていると、鮮やかな色の果物が欲しくなるような、そんな気質の村人たちだった。

 カンバリア共和国は平和の国である。

 人間と魔物が共存した国だ。

 であるので、その対岸の国で日々巻き起こっている人間と魔物の戦いなど、ハルリア村には関係のないことだった。

 また、たとえ対岸で魔王が自爆魔法を放ったとしても、そよ風程度もハルリア村には届かない。

 なぜなら、ハルリア村が面している海峡は、《悠久の壁》と呼ばれる原初の不可侵領域だったからだ。

 《悠久の壁》は大陸プレートや山脈、海溝などの、惑星の境目に存在する。他にも、神聖とされる場所や秘境に指定されている一帯にも、同じような不可侵領域がある。それらは魔力及び法力、そしてそれらから派生する多くの力の影響を受けないとされていた。

 目には見えない。実際には壁などない。常人では、通り過ぎても分からない。

 白い海鳥が甲高い鳴き声を美しく響かせながら、港を優雅に飛び交っている。

 帆船や汽船が停泊する岸壁に、巨大な黒い影がゆっくりと向かってきていた。

 一つや二つではない。暗い影は大群をなしている。

 戦艦の影だった。

 港に集っていた村人は手を止め足を止め、ゆっくりと大きくなる戦艦たちの影を見つめていた。

 鮮やかな青い空に、澄んだ青い海。

 海鳥は歌い、白い雲が風に乗って走って行く。

 いつもと変わらぬ美しいハルリア。

 くっきりと対岸が見える、鮮やかな午後。

 港から少し離れた場所に、暗い大船団は停まった。

 人々は息を飲んだ。そしてある者は怯え、ある者は嘆き、悲しみ、怒りを露にした。

 その巨大な戦艦のすべては、見るも無残な姿だったからだ。

 幾つの攻撃を受けたのだろう、どの戦艦も壁に大穴があき、へしゃげ、煤で黒ずんでいた。たなびく旗は半分以上が焼けていて、辛うじてそれが対岸の国の国旗であることがわかった。

 対岸の隣国はいつの時代も戦争ばかりだとハルリアの村人は知っていた。しかし、このような船団が姿を見せるのは、ハルリア村の歴史上初めてのことだった。

 まるで死人しか乗っていないかのような暗い船団。助けを求めることも、威嚇してくることもなく、ただただ、そこにいるだけだ。

 時間がそこだけ止まったかのようだった。

 だが、世界はなにかを予感したのだろうか。

 一瞬、風が止まった。

 次の瞬間、船団は真っ赤に熱せられた鉄のように発光し、見る間に赤黒く膨れたかと思うと、爆発したのである。

 爆炎がハルリアの港を襲った。

 爆音を聞いた者はいなかった。

 音が届くまで生きていた者はいなかったのだから。








 カンバリア共和国の東の中心都市、コーカル。

 謎の衝撃波が襲ったのはつい五分前だ。 

 コーカル市の若き市長ロキ・リンミーは、市議と市庁幹部を緊急召集した。

「軍からの報告は?」

 ロキの問いに補佐官がすぐに答えた。

「まだありません。ただいま、コーカル市の観測所には連絡を取っています」

「地震や、火山の噴火の可能性は?」

「まだそのような情報も来ていません」

「だろうな。魔法師団には?」

「それが……」

「早く言え。緊急事態だぞ」

 報告を促された補佐官の表情は怪訝だ。几帳面な男であるが、三十二歳となったロキよりも若い。

「あの、ロキ市長。……先ほどの窓の揺れが、……どれだけの事態なのでしょうか?」

 ロキは舌打ちをした。無駄口を叩いている場合ではないのだ。

「早く魔法師団に連絡をしろ!」

「はい! それが、魔法師団からはすでに連絡が来ています!」

 ロキは口を間抜けに開いて補佐官を見た。

「は? お前、それを早く言え!」

「す、すみませんでした」

「それで?」

「そ、それが。……今回の件は、魔法師団コーカル支部に指揮権をよこせ、と……」

「……なんだと? それはサヴァランからか?」

「はい。市長が防衛庁へ直接電話をかけているときに……」

「サヴァランから直接来たのか? と聞いているんだ」

「はい、サヴァラン所長から直々の連絡でした」

「で? 何と答えた?」

「おって市長から返事をいたします、と」

 緊急招集から七分、市長室には続々と人が集まり始めていた。

「市長、王宮には一向に連絡が付きません」

「ロキ市長、観測所からのデータが届きました!」

「市長、カンバリア軍コーカル支部の長官より、折り返しの直通電話です」

「動物園から異常報告です。動物たちが暴れているそうで、大型獣に麻酔銃を使用。なお、死んだ生物はいないそうです」

「水族館からも異常行動の情報です」

「リテリア国立森林公園からの緊急電話が入りました」

「ハルリアの観測所からの電波が途絶えた模様」

 人と共に続々と集まる情報を聞きながら、ロキは下唇を噛んだ。皆、不安がっているというよりも戸惑っているようだった。

 危機感が薄い。

 それがロキをさらに苛立たせ、焦らせた。

 市庁舎、いや、市内の人間のほとんどは感じなかったのだろう。

 しかし、ロキには感じたのである。

 先ほどの衝撃波には、多量の魔力が含まれていることを。

 その方向は東の海。衝撃波と共に魔力の波が襲った。一瞬で波は過ぎ去ったが、あの魔力をかぶった瞬間に目の前が真っ黒になったのを感じた。

 あれはなんだ。

 まさか、海を挟んだ隣国からの攻撃か。

 対岸の国ではつい半年前、魔王が自爆魔法を発動させ、魔王そのものは消滅したという情報が来た。

 しかし魔物の活動は以前と変わらぬまま。

 もしかしたら新たな魔王が立ったのではないかと、国の上層部は考えている。

 市長であるロキを含めた市の幹部たちは、みな新魔王説派だった。

 カンバリア共和国の中で対岸の隣国に最も近い経済特区はコーカル市であるし、近隣の村の統治もほぼコーカル市が肩代わりしている。

 新魔王一派が攻めてくるとしたら、海を渡ってすぐのハルリア村を含めた東側。

 そしてその中心であるコーカルが被害を受ける。

 最悪の事態を想像するのは当然だ。そしてその対策を早急に立てなければならない。

 国に対して隣国や世界の詳細な動向を再三問い合わせているのだが、返事はなかなか帰ってこない。

 コーカル市独自の調査さえも、咎められる始末だ。

 そのような最中に起こった、謎の衝撃波。

 真っ先に反応をしたのは、国でも市政でもなく、魔法師団の所長。


 市長室に、召集命令を受けた全員がそろった。

「魔法師団は、この件の全権をよこせと言ったのだな?」

 ロキの目が僅かに光を帯びている。

 金と緑の光彩が、ロキの前に並んで立つ者たちの視線を惹きつける。

 まだ三十を過ぎたばかりの若造に、誰も逆らうことができなかった。

 リンミー家はコーカル市長を代々務める施政者の家系である。そのためなのか、それともロキ自身の資質のためなのか、ロキは人々の上に立つにふさわしいオーラを持っていた。

「はい、市長。……あの、一体なにを感じ取られたのでしょうか?」

 市議の一人が言った。

「私は専門家ではないので分からない。しかしあのサヴァランが珍しく指揮権を欲しているようだ。この国における魔法師の実質トップが、そう言っている。その意味を考えてみろ」

 その言葉により、市議と幹部たちは、事の重大性を察知したのだった。

「まさか、隣国の新魔王……ですか?」

 魔王。魔王。魔王。この世界の人々の思考は、もはや魔王によって占領されているようなものだ。

 何かにつけて事象を魔王につなげようとする。

「分からない。分からないが、先ほどの衝撃波。あれには異様な魔力が含まれている」

 市議と幹部が息を飲む。

「まず情報を集めたい。先ほど上がってきた情報と、これから上がってくる情報を速やかに精査しろ。カンバリア軍コーカル支部の電話をつなげ」

「はい! こちらに!」

 ロキは受話器を耳に当てる。

『市長、先ほど要請のございました件についてです。我らコーカル支部軍の魔力探知装置が、異常を検知いたいしました。空軍での緊急スクランブルの準備は整っています』

「軍本部からの連絡は?」

『緊急時の判断は現場に任されております』

「では緊急出動だ。魔法部隊の緊急配備も急げ。場合によっては魔法師団と連携する」

『は、速やかに』

 電話を切り、ロキは指示を飛ばす。

「至急、リテリアの森への入り口全てを閉鎖しろ。ハルリア村からの情報が入るまで、森の中の街道を使わせるな。動物園や水族館での異常報告から考えて、野生の動物や魔獣、神獣も凶暴性を増している可能性がある。全集落に通達せよ」

「はい!」

「沿岸部からの情報は? 海上も一時封鎖だ。至急各港と船舶会社に通達。異常事態発生、東の海には絶対に入るな。軍が調べに向かっていると言え」

 かしこまりましたという返事とほぼ同時に補佐官が叫んだ。

「市長、王宮より命令が来ました!」

 補佐官は受話器を手にしていて、ロキは電話を替わろうと手を差し出したが、それよりも先に、

「『今は動くな』とのことです」

 そう困惑しながら言われたのだ。

「……なんだと?」

「『全ての判断は国が行う』と」

 馬鹿な!

 ロキは受話器を奪い取り耳を当てたがとっくに切れている。

 思い切り舌打ちをした。

 何を考えているんだ、この国の中枢は。

「市長、国軍コーカル支部より緊急連絡! 調査に向かった無人探査機が、リテリアの森上空で制御不能。墜落の可能性あり!」

「は?」

 わけのわからない事態がどんどん報告されていゆく。

「有人型戦闘機が緊急発進しました!」

「なんだと!」

 カンバリアは世界で唯一というくらい科学技術が発達している。魔力や法力を持たぬ者も、それに匹敵する力を得ている。

 しかしこの状況下、得たいの知れない魔力が渦巻く地に、魔法を使えない者をむかわせることは、どう考えても危険すぎた。

「なにを馬鹿なことを……!」

 どうしてこちらの指示を待たない。そういいたいが、現場には現場の判断がある。勘や経験則。それを信じたいが、ロキにはどうしても嫌な予感がしてならなかった。

「市長、衛星からの映像が届きました。ご覧ください」

 幹部の一人が、少し落ちた声でロキの前に出た。

 壁に映像が映し出される。

 そこにいた全員が絶句した。

 ハルリア村を中心にした海岸線の形が、えぐられたように変形していたのだ。

「さらに拡大した映像がこちらです」

 それを見て、ロキはさらに愕然とした。

「……なんだこれは……おい、……ちゃんと映せ……」

 拡大された映像は、全面が真っ黒であった。

「いえ、これが……ハルリア村を宇宙から見た映像、……のようです」

 カンバリアの科学力をこのときばかりは疑いたくなった。

 世界は魔法力が主力であり、科学などとるに足らない劣った力。

 そう。そのはずだ。

 他国がせせら笑う程度なのだ、科学など。

 だから、これは、間違いだ。

「……」

「……」

 異様な静けさに包まれた。

「隣の国の映像は? ハルリアだけなのか? カンバリアだけ、なのか?」

「そ、それが。隣国の映像は、妨害波により、……砂嵐の画面しか出ないそうです」

「……」

 無情な情報が続々と集まってくる。

「市長! 軍コーカル支部より緊急連絡! 有人型戦闘機、リテリア上空で制御不能! 墜落は回避! 近くの小規模空港に緊急着陸!」

「……」

「市長! ハルリア村との連絡は依然取れません! 観測所自体がなくなった可能性があると」

「市長、カンバリア軍本部より、無人偵察機一機、有人偵察機二機がリテリア上空に向けて緊急発進したそうです!」

「その件にて追加報告! リテリアの森上空にて、やはり機体の異常が出たとの救難信号受信!」

「市長、リテリアの森の警備部より報告です! 二日前に魔法結界柵の修理依頼あり。……もしかしたら、リテリアの森には今、魔法結界が張られていない可能性が」

「市長、軍本部の偵察機体がリテリアの森上空にてやはり、制御不能。近隣の広場および小規模空港に不時着。……パイロットに精神異常あり、とのこと……」

「市長、カンバリア国魔法師団コーカル支部のサヴァラン所長より再びの伝言が入りました」

「魔法師団……」

「はい。今回の件、国には頼るな。すべてを魔法師団コーカル支部によこせ……と」

 ロキは眉根を寄せて、目をつぶった。

 瞼の下で、金と緑の混じる瞳が光を帯びていった。




 続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます