王立図書館の守護者<ガーディアン>

作者 葉月透李

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全54話

更新

  1. 本文
  2. 王立図書館の守護者<ガーディアン> 登場人物
  3. 01:王国一の巨大な図書館
  4. 02:守護者<ガーディアン>になるには
  5. 03:彼が妥協するはずがない
  6. 04:真面目なだけで何故こうも
  7. 05:魔法書の選択
  8. 06:実践で見る魔法の使い方
  9. 07:予想外の展開
  10. 08:あの時の青年
  11. 09:全てを含めての試験
  12. 10:これからどう進むのか
  13. 11:隠された魔法書の秘密
  14. 12:童話の世界
  15. 13:光になれなかったもの
  16. 14:招かざる来訪者
  17. 15:彼女の願い
  18. 16:男たちの会話
  19. 17:彼の想い
  20. 18:契約の恩恵とリスク
  21. 19:欠点の指摘
  22. 20:不器用な物言い
  23. 21:案外似た者同士
  24. 22:人生は物語のように
  25. 23:一人で対処してみれば
  26. 24:選んだら選ばれる
  27. 25:準備に向けて
  28. 26:慌ただしい創立記念日
  29. 27:深緑色のお嬢様
  30. 28:自分だからできる魔法を
  31. 29:伝えたいと思った言葉
  32. 30:童話の管理人
  33. 31:二つの口づけ
  34. 32:無意識と意識
  35. 33:招待された目的は
  36. 34:ある学者の思惑
  37. 35:言葉と態度は裏腹に
  38. 36:動き出す時
  39. 37:知るために
  40. 38:小さな幸せ
  41. 39:離れるのは誰のために
  42. 40:過去を得ての現在がある
  43. 41:ここに誓う
  44. 42:絆のようにつながる
  45. 43:見守っていた第三者
  46. 44:嘘と本音と、それぞれの意図
  47. 45:強大な力は厄災を生む
  48. 46:記憶が物語ってくれる
  49. 47:とある少年の日記
  50. 48:縁を結び、心を開いて
  51. 49:決着の勝者は
  52. 50:兄妹として、家族として
  53. 51:終末の時
  54. 52:愛の伝え方
  55. 53:一緒に