豚は丸焼きに限る。ただし骨つきで。

作者 濱野乱

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全40話

更新

  1. 第1話 僕は焼き豚の味が知りたい
  2. 第2話 僕は呪いの鶴の扱いに困る
  3. 第3話 僕は現状を把握したい
  4. 第4話 僕は本音と建前を知っている
  5. 第5話 僕はイタズラされても気にしない
  6. 第6話 僕らは体罰を恐れている
  7. 第7話 僕といるときの彩矢ちゃんは気持ち悪い
  8. 第8話 僕は可愛い脅ししか使わない
  9. 第9話 僕はダンベル以外ももてる
  10. 第10話 僕は天音のクッキーが気になる
  11. 第11話 僕らは帰還者を喜ばない
  12. 第12話 僕は身請けを恐れている
  13. 第13話 僕はずっと亡者だった
  14. 第14話 僕は一人で羊羹を食べる
  15. 第15話 僕はいつかに打ちのめされる
  16. 第16話 僕らは野ざらしに憧れる
  17. 第17話 僕と弥生は縁を大切にする
  18. 第18話 僕は身請けの旅に出る
  19. 第19話 僕の兄は自爆テロで死にました
  20. 第20話 僕はナンを食べて育った
  21. 第21話 僕は二人の兄に出会う
  22. 第22話 僕は二人の兄とそれなりに楽しく暮らしていた
  23. 第23話 僕とリュウは花火をする
  24. 第24話 僕とリュウの教育
  25. 第25話 僕と鯱の教育
  26. 第26話 僕は冬の雨が嫌いだ
  27. 第27話 僕は兄の甲斐性に期待する
  28. 第28話 僕の願いは叶えられた
  29. 第29話 僕はリュウに殺される
  30. 第30話 僕はリュウノイチバンではなくなった
  31. 第31話 僕ハブタノヤキイロヲシッテイタケドシラナイフリヲシタ
  32. 第32話 僕は不破瑞樹としての幸せを考える
  33. 第33話 僕は不穏な電話を受け取る
  34. 第34話 僕の友達は案外普通らしい
  35. 第35話 僕は臨時カウンセラー
  36. 第36話 僕は治外法権に足を踏み入れる
  37. 第37話 僕はようやく身請け人と会う
  38. 第38話 僕は誰も守れない
  39. 第39話 僕は万里天音の生態を知る
  40. 第40話 僕の友達は蛭子だった