和桜国のレディ

作者 冬村蜜柑

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

完結済 全43話

更新

  1. はじまりのはなし
  2. 大晶五年 とある春の日
  3. 出仕
  4. 騒動
  5. 小娘の処分
  6. 「いろは」
  7. 一年目の春と夏
  8. まずは身繕い
  9. やることは山積みで
  10. 本と教育
  11. 色は匂えど散りぬるを
  12. デパートメントストア
  13. 二人で反省
  14. 鍵付きの日記帳
  15. 夏の暑い日
  16. いろはの日記より(その一)
  17. 一年目の秋と冬
  18. 紅葉狩りへ
  19. いろはの日記より(その二)
  20. 「悪戯」
  21. オレンジポマンダーを作ろう
  22. 香りを学ぶ
  23. 魔術局での評判と女王の視察
  24. ともだち
  25. いろはの日記より(その三)
  26. 聖なる夜
  27. 二年目の春と夏
  28. 大晶六年 春先に
  29. 観桜会
  30. いろはの日記より(その四)
  31. 彼女は、それを、自己満足と言った
  32. 小さな約束
  33. 紫乃宮圭人の手記より
  34. いざ、青海へと
  35. 船遊び
  36. 夏の終わりに
  37. 二年目の秋と冬
  38. 茴香屋、開店の日
  39. 星の宝石
  40. いろはの日記より(その五)
  41. 招待状
  42. 靴音を響かせ舞い踊る
  43. 薔薇のつぼみのドレス
  44. 苦い雫
  45. そして、おわりのはなし
  46. 樹乃花姫
  47. 運命の刻
  48. 神殿にて
  49. そして、新たなはじまりのはなし
  50. 和桜国の女王曰く――

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!