血汐燃ゆるは現世のみ

作者 秋保千代子

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全40話

更新

  1. 月も凍てつく夜ゆえに
  2. 近よれぬまま時過ぎて
  3. 斬っても消えぬ悩みごと
  4. あやかしだけになかりけり
  5. 前だけを向け舞いおどれ
  6. 満つるところがなかりせば
  7. 手がとどかない胸のうち
  8. 晒せるだけをさらけだせ
  9. ふみつけるものあおぐもの
  10. となりにすわったはずなのに
  11. きえてゆかずに届くなら
  12. 呪いをかくす愛を乞う
  13. 手に入れたくて手をのばす
  14. みずから望むさいわいを
  15. 熱をわけあう二人には
  16. 守るためにも白刃を
  17. 離されようと揺るがない
  18. 赦しをもとめさまよいて
  19. なくしたものを夢にみる
  20. 亀の甲より年の功
  21. この眼に映れ現実よ
  22. 見るも触れるも厭わしい
  23. 人は醜き生きものよ
  24. 鎧を捨てよ影を出よ
  25. 罪でなければゆるせない
  26. 手をはなしたらもどれない
  27. うでのなかにはよろこびを
  28. 逃がしはしない必ずや
  29. 嘘にかくした愛しさを
  30. 渡さぬために走りだす
  31. かき乱されて震えても
  32. 呪いばかりを口にした
  33. 名乗りばかりは真実を
  34. まもりたまへとこいねがう
  35. 笑いころげる日をむかえ
  36. 断ち切りきれぬわざわいが
  37. 何があろうと立ちあがる
  38. ふりきるために刃とれ
  39. 血汐燃ゆるは現世のみ
  40. 夢をうたうもこの世のみ