血汐燃ゆるは現世のみ

作者 秋保千代子

和風恋愛ファンタジー好きに贈る

  • ★★★ Excellent!!!

政略結婚から始まった二人――帰蝶と義高。最初はそのせいで、二人はなんだかぎこちない。帰蝶はなかなか素直になれないし、逆に義高は直球すぎて帰蝶を怒らせてしまう。けれど、その向けられる想いに、だんだんと帰蝶にも変化が現れて――。

こちらの作品はまず、タイトルからして素敵です。作中にその意味が出てきますが、その瞬間は思わず「はぁぁあなるほど!」と感心したくらいです。
焦れる二人の関係も見どころ。徐々に変わっていく二人の関係がなんとも微笑ましかったです。
私のお気に入りは「手がとどかない胸のうち」

……あと、合間に現れる脱衣シーン。d( ̄  ̄)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

蓮水 涼さんの他のおすすめレビュー 49