血汐燃ゆるは現世のみ

作者 秋保千代子

花の御所は常春の御所、魑魅魍魎は辻が花の袖のうち。

  • ★★★ Excellent!!!

将軍のおわす花の御所。咲く花々、美しい衣裳や贅を尽くした器物。雅な宴や催し物。

ヒロインの帰蝶は御台所の養い子の一人。教養やたしなみ、芸事を一通り仕込まれ、富貴な生活の代償として、彼女を含めむすめたちは政略結婚の手駒となる身。
帰蝶はライバルたちの嫌がらせにも負けない、凛とした、でも意地っ張りな娘。
彼女の婚姻相手として選ばれたのは、先代将軍の落としだね、義高。互いに望まぬ結婚、初夜は過ごしたものの……。

花婿に対し、心を鎧で覆ったままの帰蝶。「脱ぎ男」義高との間はどうなるのか?
帰蝶への数かずの嫌がらせ、御所内の権力闘争、義高の故地を巡る謎、跳梁する魔物、そして華やかな御所の外を一歩出ればそこは……?

衣裳や調度に造詣の深い作者さんの腕に安心しつつ日本史の知識を動員してニヤリ、ニヤリし、そして帰蝶や義高、彼等の仲間をポンポンもって応援しながら読ませていただいております!
タイトルのつけ方も、いつもながらのお見事さ、おすすめの一編。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

結城かおるさんの他のおすすめレビュー 58