南霽雲

作者 kanegon

34

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

再読にてのレビューです。
中国は唐代、雇われて瓜泥棒の見張りをしている「南八」を巡るエピソード。実は、のちに歴史に名前を遺す人物に……?
スパッと、まるで大河小説の一場面から切り取って来たような掌編。かつ、大唐の雰囲気も充分。いいですねえ。

★★★ Excellent!!!

とてもおもしろかったです。主人公の義の厚いところとか男らしく素敵でしたし、「かつての仲間を啄みに来た」でドキリとさせられました。その言葉で盗人の存在がそれでほのめかされてて、伏線が張られていたのを後で知るとうーんと唸らずを得ません。中華らしい情景描写も美しいですし、とても良い作品を読ませていただきました。

★★★ Excellent!!!

 中国に実在した弓の名手、南霽雲さんこと南八さんの人生を描いた作品です。お話はまだ始まったばかりなのですが、恵まれない生活を送りながらも人格者である南八さんの人柄がよくわかる印象深い始まり方をしています。
 これから彼がどのような形で歴史に名を残していくのか、期待が持てるお話かと思いきや、連載ものではありませんでした…。
続きが読みたかった。