血汐燃ゆるは現世のみ

作者 秋保千代子

一話毎のタイトルだけでも追いかける価値がある

  • ★★★ Excellent!!!

 実直で不器用な義高と、誇り高い気概を持つ意地っ張りの帰蝶。
 政略結婚で結ばれた二人は、帰蝶の気難しさのせいか夫婦仲はよろしくない形でスタートする。
 ありがちな女の嫉妬にも負けじと、舞や歌をそつなくこなす帰蝶。
 だが、先代将軍の落胤の嫁という恵まれた立場の帰蝶へ、意地の悪いトラブルが。
 嫁を守ろうとする義高の男らしさが、二人のこの先が良好なものへ変わるのではと期待させる。

 さて、二人はどのように変わっていくのだろうか? 

 この作品は、作者さんの語彙選択や読みやすく工夫された文章と、過不足ない描写のおかげでサクサクと読み進められる。
 時にハラハラし、時に感心しながら読める。

 しかしもう一点強調したいのは、一話毎に工夫されているタイトルだ。
 タイトルを追いかけるだけで、作中世界の雰囲気が伝わってくる。そして興味も惹かれる。

 和歌の一節を取り出したかのようなタイトルで、雅さも感じられてお洒落だ。

 早速、一話目から読んでいただきたい作品だが、まず、タイトルだけでも追いかけてみてはいかがだろうか?

 それだけでもこの作品の面白さが伝わってきますよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

湯煙さんの他のおすすめレビュー 325