悲劇のヒロインにはなりませんから!

作者 風乃あむり

149

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

勉強が不得意な体育会系女子・志津本と、泣けるライト文芸を愛してやまない男・市井が織りなすドタバタ青春ラブストーリー。
始めは悲劇のヒロインを渇望する市井を見て「あーこういう人いますよね」なんて思ってましたが、読み進めているうちにめちゃめちゃ微笑ましいラブコメになってました。
構成もお見事で面白かったです。

★★★ Excellent!!!

 ラブコメとは「恋愛を主題にしたコメディ要素が強い明るい作風の作品」である。

 はい、ここー!
 まさに本作『悲劇のヒロインにはなりませんから!』のこと。
 これぞラブコメ!

 ヒロイン志津本さん。自由奔放、めっちゃ元気で明るい一年生JK。男勝りでサッカー一筋、部活も当然のごとく女子サッカー部!
 カッコいいんです、ヒロイン志津本さん♪
 そんな彼女のお相手は……。

 文庫本命。特に恋愛小説がお気に入り。時間さえあれば人との会話より読書。当然のことながら肌は真っ白、おたくを絵に描いたような男子市井くん?

 いえ、ないない!
 ただ市井くんはまんざらでもなく(苦笑)、志津本さんへ「熱烈ラブコール」を繰り広げる。可愛いんです。市井くん、すっごくかわいい。

 恋愛ものの王道かと思いきやのドンでん返し、さらなる極めつけの大大大ドンでん返し。

 一粒で数多の味わいを楽しめる至福の小説でした。
 ラブコメパワー、圧巻!!

★★★ Excellent!!!



 読後、真っ先に浮かんだのは「市井公介は志津本翠のどこに、もしくは何がきっかけで惚れたのか?」だ。

 ヒロインが惚れた、市井公介の「ギャップ萌えさせるような格好良い場面」を見たからでも良いし、外見が好みでも何でもいい。とにかく惚れた理由が知りたいというのが私の読後感。

 第一話からの、気持ちの悪い行動をしてまで特別な関係を築こうとしたからには、かなり惚れているはずだ。チート幼なじみに負けまいとするには、そうとうなモチベーションが必要なはずなんだ。

 それが知りたいんだ!

 ……と思いつつも、そこに想像を入り込ませる余地があるからこそ、数度読み返して、市井公介の思いを汲み取ろうとしてしまうのだろう。


 チッ、作者さんの罠にかかったのかもしれない。



 短編だから、ネタバレしないよういろいろと述べたいのを我慢するけど、最後に一つだけ。

 作者の安室さんらしい勢いのある文章と、ラブコメの王道的なほっこり展開。
 さすがです!

★★★ Excellent!!!

ねえ!! ちょっと! 読んだ本に毒されないで!!!

とはいえ、かくいうレビュワーの私も読んだ本に毒されて、探偵物を読んだときは自分が英国紳士探偵になったかの如く紅茶を飲んで「ふん、ワ●ソン君、そろそろ洗濯を畳む時間だ。少し申し訳ないが付き合ってくれないか」などとエアワト●ンに話しかけたりなどしているのですがね!ね!(痛いな)

高校一年生の志津本さんの最近の悩みは、隣の市井くんに謎の思い込みをされていること。
余命が宣告されてるだの、記憶がないんじゃないかだの、タイムリープしてるんじゃないかだの……
正直言って「うざーい!!! もう近寄んないでこの変態!」というのの連呼なのです。逃げるべき!
でも、なぜか彼女は市井くんから、離れることができない。隣の席だというのはさておき。

どうしてか。

その志津本さんの、切なくもけなげな真意が明かされたとき、私は「ああ、かわいいなあ」とほっこりしました。
よく、頑張ったね、と志津本さんの頭をすごくわしゃわしゃしてあげたい気分になりました。

でもってですね……市井くん。ここだけの情報なので耳打ちさせていただきますが、例の幼馴染みのイケメン、本命がおりますのでご安心くださいませませ……(ごにょごにょ)

あ〜!幸せな気分になりました。二人の恋路に幸多からんことを!

★★★ Excellent!!!

とにかく会話のテンポがめちゃくちゃ良くて、声出して笑いました。
いかにもな「泣ける」青春小説のヒロインに当て嵌めようとしてくるオタク男子に、ツッコミ冴え渡るスポーツ女子。

「悲劇のヒロインにはなりませんから!」

繰り返されるタイトルのセリフが、ラストにひっくり返ります。お見事!

とっても可愛らしい二人のお話でした。

★★★ Excellent!!!

上手いなあ。
最高のテンポの良さ。個性的(すぎる)キャラ。突き抜けたセリフ。
体育会系の彼女と、ライト文芸おたくな彼。
共通項なんてまるでなさげな二人。

しかしラストでひっくり返された!
この展開。ほんと上手い!
で、一見うざい彼が実はけっこう愛すべき人物で、ガサツに見える彼女がわりと繊細で愛らしく。
何コレ。無敵やん!
やられたわ!
必読です! サイコー!

★★★ Excellent!!!

クラスの男子、市井公介は誰がどう見たって志津本翠を気にしてる。だから彼の大好きな文芸になぞらえて必死にアピールするのだけれど……。
公介と翠のやりとりの軽妙さとツボを押さえた行動に、しっかりと笑わせられます。でも大丈夫、最後はちゃんと収まるところに。

どうなるかは読んでのお楽しみ。読後感もスッキリ。