血汐燃ゆるは現世のみ

作者 秋保千代子

104

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

秋保さんの長編は三本読みましたが、今回は特にヒロインがよかったです。
この作品、随所に読者を飽きさせない工夫が織り込まれていて(主に脱ぐという点んで……)ついそっちに目がいってしまうのですが、しかし私には今回は帰蝶でした。

こういうタイプのもともとあんまり興味がない人同士の結婚から始まる恋愛ものって、明治以降のお見合い系の話ではわりと見るパターンかもですが、これまではあんまり良さがわかりませんでした。この話を読んで初めて、ああこういうところに面白さがあるのか、こういう風に二人が寄り添っていくのか、というのを理解しました。

帰蝶は気も強いし自分の行動を自分から決めていきたいタイプでしょうから、最初はかわいそうだな気の毒だなという気持ちで読んでいたのですが、ただ義高との距離感がすごく丁寧で、ちぐはぐな二人が少しずつ隙間を埋めていく感じがよかったなです。

読了してほっと胸が暖かくなる、素直な秀作だと思います。
読めてよかったです。

★★★ Excellent!!!

平安鎌倉時代を思わせる貴族と武家の文化が入り混じる世界観の中、大人たちの思惑によって結婚することになった帰蝶と義高。

もともと他人同士、夫婦仲が上手くいかないどころか、帰蝶は義姉妹たちの妬みによって散々な目に遭うし、無理やり地元・宇治から引っ張り出された義高は慣れない政治に巻き込まれていきます。

ですが、物語が進むにつれ周りの人々の思惑が紐解かれ、いつしか二人も真の夫婦としての絆を育んでいきます。

純愛物語と思いきや、しっかり練られた舞台設定と人物関係図による歴史物語としての読み応えも本作の魅力の一つ。

登場人物はたくさん出てきますが、どの人物もキャラが立っていて生き生きとしています。特に好きだったのは義高の仲間である有王たちですね。巴姉さんかっこいいし。
……でも頼信はうざい!笑

タイトル、エピソードタイトルからも見て取れるように、世界観によくはまったリズムのいい詩的な文体が癖になります。

和ファンタジーがお好きな方や、歴史ものがお好きな方もぜひ、読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

 魑魅魍魎は、都の外だけにあらず、御殿の中にも渦巻くもの。

 愛憎にて編まれた籠より飛び立てぬ蝶の、その羽に刺さりし針を抜くのは、木か岩かと言わんばかりに無骨な男の指先か。

 政に翻弄され、望まぬ結婚を強いられ、寄り添えぬ気高さと実直さ。
 しかして不器用ながらも、はらりはらりと互いの心の包み紙を解いていく二人の様は、いじらしく我々読者の胸を打つ。

 権力に胡座をかき、雅にうつつを抜かす男の愚かさ。
 時代に翻弄され、嫉妬にしがみつく女の浅ましさ。

 ときに魔を生む蠱惑的な輝きの中にあって、大事なものを守る為に血汐を燃やすその姿の美しさは、作品の中にあって朱に映える。

 舞う蝶の、羽を休める先は、いずこ——?

★★★ Excellent!!!

政略結婚から始まった二人――帰蝶と義高。最初はそのせいで、二人はなんだかぎこちない。帰蝶はなかなか素直になれないし、逆に義高は直球すぎて帰蝶を怒らせてしまう。けれど、その向けられる想いに、だんだんと帰蝶にも変化が現れて――。

こちらの作品はまず、タイトルからして素敵です。作中にその意味が出てきますが、その瞬間は思わず「はぁぁあなるほど!」と感心したくらいです。
焦れる二人の関係も見どころ。徐々に変わっていく二人の関係がなんとも微笑ましかったです。
私のお気に入りは「手がとどかない胸のうち」

……あと、合間に現れる脱衣シーン。d( ̄  ̄)

★★★ Excellent!!!

政略結婚の裏側にヒロインのサクセスストーリー的な要素を持たせつつ、デコボコ夫婦の不器用な愛を描く。

実直すぎる義高と高慢とも見える帰蝶の夫婦の夫婦は、はじめいびつな形を取ります。しかし、下手くそな二人だからこそ、真実の愛を作れるのかもしれない。二人は共にあるために血汐を燃やし、そして懸命に日々を過ごし、笑って、夢をうたう。

読み終え、知らずと微笑んでいる自分に気付きました。
二人は正反対のようで、ある意味、とても似ている。夫婦とは、そういうものなのかもしれません。
とても尊いその間柄を華やかに、ありのままに描き出した秀作。

★★★ Excellent!!!

将軍のおわす花の御所。咲く花々、美しい衣裳や贅を尽くした器物。雅な宴や催し物。

ヒロインの帰蝶は御台所の養い子の一人。教養やたしなみ、芸事を一通り仕込まれ、富貴な生活の代償として、彼女を含めむすめたちは政略結婚の手駒となる身。
帰蝶はライバルたちの嫌がらせにも負けない、凛とした、でも意地っ張りな娘。
彼女の婚姻相手として選ばれたのは、先代将軍の落としだね、義高。互いに望まぬ結婚、初夜は過ごしたものの……。

花婿に対し、心を鎧で覆ったままの帰蝶。「脱ぎ男」義高との間はどうなるのか?
帰蝶への数かずの嫌がらせ、御所内の権力闘争、義高の故地を巡る謎、跳梁する魔物、そして華やかな御所の外を一歩出ればそこは……?

衣裳や調度に造詣の深い作者さんの腕に安心しつつ日本史の知識を動員してニヤリ、ニヤリし、そして帰蝶や義高、彼等の仲間をポンポンもって応援しながら読ませていただいております!
タイトルのつけ方も、いつもながらのお見事さ、おすすめの一編。

★★★ Excellent!!!

 実直で不器用な義高と、誇り高い気概を持つ意地っ張りの帰蝶。
 政略結婚で結ばれた二人は、帰蝶の気難しさのせいか夫婦仲はよろしくない形でスタートする。
 ありがちな女の嫉妬にも負けじと、舞や歌をそつなくこなす帰蝶。
 だが、先代将軍の落胤の嫁という恵まれた立場の帰蝶へ、意地の悪いトラブルが。
 嫁を守ろうとする義高の男らしさが、二人のこの先が良好なものへ変わるのではと期待させる。

 さて、二人はどのように変わっていくのだろうか? 

 この作品は、作者さんの語彙選択や読みやすく工夫された文章と、過不足ない描写のおかげでサクサクと読み進められる。
 時にハラハラし、時に感心しながら読める。

 しかしもう一点強調したいのは、一話毎に工夫されているタイトルだ。
 タイトルを追いかけるだけで、作中世界の雰囲気が伝わってくる。そして興味も惹かれる。

 和歌の一節を取り出したかのようなタイトルで、雅さも感じられてお洒落だ。

 早速、一話目から読んでいただきたい作品だが、まず、タイトルだけでも追いかけてみてはいかがだろうか?

 それだけでもこの作品の面白さが伝わってきますよ。

★★★ Excellent!!!

とにかく私はこの作者さんの描かれるキャラクターが好きで。
今回もとっても楽しみにお邪魔したわけですけれど、、、ほら素敵でしょう!

気の強いヒロイン帰蝶。
「軽率に脱ぐ男」義高。
そして一癖も二癖もありそうな御所の面々。

それに、キャラクターだけではございません。
パッと情景が浮かび上がる、丁寧な描写。特にお衣装が素晴らしい。

この作品のタグを見てみると、
「すれ違い」「意地っ張り」「溺愛」「ハッピーエンド」と並んでいる。
この並びを見ているだけで大興奮ですよね。
本当に続きが楽しみな作品。
一緒に更新を追いかけながら読みませんか??