君の血の味は少しうるさい

作者 佐久良 明兎

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公シロさんは男の至る所が好きな困ったさんだ。

何をしても尊い、何をやっても萌えたりと端から見たら変態だ。だがそれが見ていて飽きないというか楽しい。

そんな彼女を取り巻くのは吸血鬼の美男子やら訳ありの親友とか。周りが周りだからか、それはもうシロさん暴走します。犬にもなれます(マジ)

フェチ系を好む方にはぜひともおすすめです!

★★★ Excellent!!!

 タイトルを見た時点では、真面目な恋愛モノなのかなって思ってたんです、少し不思議要素も入ってる的な。

 キャッチコピーとあらすじを読んだ時点で、「ん?」ってなりましてん。なんか様子がおかしいぞ?って。

 読み始めました。

 気が付いたら肩まで沼に浸かってたんです。

 なんて冗談はともかく。半分は本気ですが。
 とにかく、主人公であり性癖の権化・白香の暴走っぷりがやばい(語彙力)
 一人称で軽快に一人ボケツッコミを脳内で繰り返すさまはどこか漫画的で、とてもテンポよく読み進めることができます。

 それでいて出てくる男子たちとか友人の環ちゃんとか……本当に……もう……白香ちゃん恵まれすぎじゃないですかねぇ……?

 健やかに生きていって欲しい『推し』がいる、という方。
 読みましょう。あなたもすぐに白香ちゃんになれます。

 最後に、一言だけで本作を表現してみようと思います。

 ――どうあがいても、性癖。