君の血の味は少しうるさい

作者 佐久良 明兎

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全38話

更新

  1. 君の血の味は少しうるさい
  2. 1章:若林紅太は吸血鬼の末裔である
  3. 01ギムナジウムにいるよな青年
  4. 02銀髪赤目のアルビノみたいな
  5. 03吸血鬼の末裔
  6. 04血を舐める
  7. 05優しい嘘
  8. 06君の笑顔は100万ボルト
  9. 2章:奥村緋人は漆黒の貴公子である
  10. 07笑顔の貴公子
  11. 08細マッチョ(驚愕)
  12. 09盛りすぎて感情が追いつかないそのテのアレ
  13. 10ゲス黒(確信犯)
  14. 11テンプレ吸血鬼みたいな
  15. 3章:桜間環は白香の親友である
  16. 12どうあがいても天使
  17. 13浴衣は眼福
  18. 14男の娘
  19. 15相合い傘と名前呼び
  20. 16それは武器とも言うけれど
  21. 4章:安室蒼夜は性癖ではない
  22. 17着物に能面の和風男子(怒)
  23. 18メガネ男子と男装女子
  24. 19方言はエリアによる
  25. 20想定外の属性がログインした
  26. 21諸悪(?)の根源あれこれ
  27. 5章:瀬谷藍は男装の麗人である
  28. 22王子様スキルのあれ
  29. 23大丈夫、健全健全
  30. 24お人形
  31. 25囚われの彼女の元には
  32. 26満を持して現れたそれは
  33. 27相反する2つの存在
  34. 28古い記憶と古い血脈
  35. 29やるより見る方が楽しい
  36. 6章:望月白香は不器用な変態である
  37. 30桜間環は瀬谷藍と交換する
  38. 31奥村緋人はかく語る
  39. 32若林紅太は驚愕する
  40. 33安室蒼夜は動きを止める
  41. 終章:君の血の味は少しうるさい
  42. 34:望月白香の反省
  43. 35:安室蒼夜の告白
  44. 36:若林紅太の秘密
  45. 終:君の血の味は少しうるさい