勇者の代わりに魔王討伐したら手柄を横取りされました

作者 ひじり

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全52話

更新

  1. 【序章】魔城にて
  2. 【一章】魔王討伐の手柄を勇者に横取りされました
  3. 【二章】賞金首になったので別の大陸に行きました
  4. 【三章】辺境の地で受付嬢と出会いました
  5. 【四章】木の実を採ったら虫が食っていた
  6. 【五章】木の実男と呼ばれているらしい
  7. 【六章】心を読まれてギクシャクどころか進展がありました
  8. 【七章】木の実泥棒を捕まえることにしました
  9. 【八章】今日も昨日も一昨日も
  10. 【九章】勇者が逃げた
  11. 【十章】オークを追い払ってみた
  12. 【十一章】床の修理方法を学ばなければならない
  13. 【十二章】俺の名を知っているらしい
  14. 【十三章】二度目の死を与えることにした
  15. 【十四章】偽者の顔を見せることにした
  16. 【十五章】笑顔が怖いのは何故だろうか
  17. 【終章】売られていく勇者
  18. 【序章】俺様が魔物の餌になるらしい
  19. 【一章】頼むから早く帰ってくれ
  20. 【二章】旅の同行を断ることにした
  21. 【三章】逆の意味で将来有望な新人職員だと思う
  22. 【四章】スライム大量発生中
  23. 【五章】ああ言えばこう言うのじゃ
  24. 【六章】とばっちりとは、このことか
  25. 【七章】誰でもいいから落札してくれ
  26. 【八章】あかりをつけましょくらやみに
  27. 【九章】王女様との出会いは刺激的なものでした
  28. 【十章】この恨み、晴らさでおくべきか
  29. 【十一章】その装備に見覚えがあるのは気のせいだろうか
  30. 【十二章】諦めにも似た姿に「それ以上喋らずに死ね」と告げることにした
  31. 【終章】お前は排除
  32. 【序章】勇者の紋章を持つ俺様が牢屋に閉じ込められるはずがない
  33. 【一話】一先ず手元に置いておくことにした
  34. 【二話】喫茶で寛ぐのも悪くないかもしれない
  35. 【三話】護衛をしてもらえることになった
  36. 【四話】めんどくせえが壁をよじ登ることにした
  37. 【五話】ミールの嫌がる場所へと向かうことにした
  38. 【六話】偽者に相応しい役どころだろうか
  39. 【七話】笑顔を張り付けたまま決闘を申し込まれてしまった
  40. 【八話】決闘前夜にお酒を飲むのは油断しすぎだろうか
  41. 【九話】見た目に惑わされてはならない
  42. 【十話】子供の喧嘩に親が口を挟むのは如何なものだろうか
  43. 【十一話】スライムの山が完成したらしい
  44. 【十二話】首飾りを贈る相手を見抜かれていそうな件について
  45. 【十三話】ツケの代金は自分で払うべきだと思う
  46. 【十四話】宴会騒ぎになるのは必然らしい
  47. 【十五話】たまには平穏を満喫するのも悪くない
  48. 【十六話】木の実の採り方を教えることにした
  49. 【十七話】一度ならず二度までも、二度あることは三度ある
  50. 【十八話】旅の別れに祝福を授けよう
  51. 【十九話】懐かしき仲間は言葉無く心の声を形にしていた
  52. 【二十話】何でもお見通しのようだ