豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい【WEB版】

作者 合田拍子(グルグル魔)

9,331

3,471人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

何故だろう、読み進めていくうちに飽きてしまうような展開であるのは否めない
シャーロットと豚公爵のやり取りが面白いのに後半は......
テンポが段々と悪くなっていくのと、主語が安定しないので読む側としてはとても疲れる。
設定は斬新で、序盤はとても面白いし、楽しみに読ませて頂いていたのですが、長期連載というのは難しいものですね。
また、アニメ化を物凄く楽しみにしています。

★★ Very Good!!

コミカライズからこっちにきました。
世界観・設定・キャラクターに引き込まれ、最新まで一気に読ませていただきました。
大変面白いです。

ただ残念な点も多々
誤字脱字はかなり目立ちます、誤字でも単純に作者様が読みは同じでも間違った漢字をあててしまっている覚え違い誤字とかも
作品理解に関しては問題ないレベルではあります

設定のブレがかなりあります
長期連載なら後付け設定とかはしょうがないのですし、ブレも間が空けばわかるんですが
ついさっきと全然違う設定を言っていて舌の根も乾かぬうちに何言ってるんだろうと混乱します
特にダリスの扱いは顕著ですね、弱小だったり強かったり、強者がいないといった直後に守護騎士しゅごいアゲアゲしてたり
守護騎士に関しては女王のそばを離れないので通常戦力に数えにくいとかいいわけも言えますが

あとキャラのブレ
特に顕著なのはアリシアですね、初期とまったくキャラが違う
この辺は書籍でキャラを変えすぎた影響の書き分けができずに書籍に引っ張られてる気がします
WEBで以前にあったやりとりもリセットされてますよね
WEBと書籍で変化をつけるのは他所でもよくありますが、キャラの変更は完全な書き分けは本当に難しいのはわかるのですが
一気読みすると全然違うのがよくわかります

あとは文章力
特に最近の中層入ってからがひどい、以前はちゃんと書けていたのになぜ最近分がまともに書けていないのか
作者様のリアル都合で多忙で書きなぐりとか書籍化作業とか新作初めて集中力が分散されてしまっているとかそんなとこでしょうか
継続更新はありがたいのですが、文章がおざなりになるのならもうちょっとペースを落としてもよろしいのでは?

勢いはあります、落とすようなことをつらつらと書きましたが大変面白いのでこれからも頑張ってください。
書籍も電子版セールでまとめ買いさせていただきましたのでこれ… 続きを読む

Good!

小説家になろうに掲載されていたならば別の評価かもしれません。

誤字脱字、後付け設定、設定のブレなど他のレビュアーさんの言及する通りです。
所謂テンプレート的な、なろう小説ですが、序盤の展開の速さで読む気になりました。しかし、いつのまにか長ったらしい言い回しや勿体ぶった展開に食傷気味になってしまいます。
設定も、例えば、主人公の母国の評価も超大国だったと思いきや、斜陽の傾国だったりで安定しません。ヒロインやハーレム候補も、話の展開がどうしたいのか不明瞭です。

書籍版やコミカライズは要領よくまとめられているかもしれませんが、少なくともカクヨム上では上記の懸念事項が頭を過ぎり、すっきりとした読了感とは無縁の作品です。
残念ながら、プロットがない小説の典型のような作品だと思います。本家なろうで投稿した方が受け入れられると思います。

ランキング作品ということで最新話まで読んでみましたが、少なくともweb版は時間をかけてまで読む作品では無いと、個人的には思いました。序品で満足出来れば、あとは充分だと思います。

★★★ Excellent!!!

この作品が支持され続けている理由は濃密な心理描写と主人公の一途さであろう。主人公が現代知識を得て成長し、周囲からの評価も変わっていくというなろう小説のテンプレートのような展開でありながらも主人公の魅力とヒロイン視点の面白さは他に類を見ない
バトルものとしてみても成長物語としてみても恋物語としてみても素晴らしい作品であり展開の一つ一つがよく練られているのが節々から伝わってくる名作

★★★ Excellent!!!

設定の緻密さが素晴らしい!
この小説はアニメの豚公爵がアニメの主人公になる話
個人的には記憶が入る前の豚公爵が好きです
彼の何を犠牲してもヒロインを守り抜くという決意
しかしそれはあまりにも身を結ばない決意
それが身を結ぶ展開 感動しました!
書籍化作品も読ましていただきました
とてもおもしかったです!

Good!

コミカライズを見てこれは面白い!と思い、読んでみました
(書籍版は未読です)
ト書きが走りすぎ、テンション高すぎ
状況が掴みにくい、何が起きてるのかわからない
ある程度物語が進めば改善されるんでしょうか?
あまりに読みにくいために一章と少しでドロップアウトしてしまいました
やはり編集の力、二人三脚による客観的視点は大事なんですね
多くの人の手の入っている漫画版は、設定もより洗練されているのがわかりました

ウェブ版を商品の見本、と考えるなら
多少なりとも改稿することも検討されてはいかがでしょうか?

★★ Very Good!!

まずヒロインであるシャーロットと主人公の関係が面白い。主従関係が好きな人はハマると思う。ただ、皆が言っているように後半はシャーロットと主人公の絡みが少ない印象なので、少し残念。しかし実家に帰るみたいな感じで絡みが増えそうなので今後に期待。
確かに誤字脱字が多い気もするが、全然わからないってほどでは無い。物語の進みに支障はきたしてないと思う。
この話は主人公以外の色々な人の視点で語られるシーンが多いので読みにくい人はいるかもしれないが、読み進めていくうちになんとなくわかってくるし、話は本当に面白いので読んで損はない。

Good!

よくある主人公チートですが語彙が豊富で読み応えはあります。
しかしそれを全て覆い尽くすようなレベルで誤字脱字、誤った表現の用法が多い。
また、1つの話の中どころか文章と文章の間で主語(視点)がコロコロと変わることも非常に多く、常に「これは誰の視点での思考なのか、発言なのか」「いつの時間軸の誰視点での文章なのか」を常に考えなければならず読み辛い。
章の中で「強敵との戦闘1→Aの回想1→Bの話1→強敵との戦闘2→Aの回想2→Bの話2→...」と、ストーリーが盛り上がるはずの場面で話をぶつ切りに進めるためテンポが悪く読み進める上でストレスが溜まる。
小説としては致命的に「楽しくない」。
でも風の大精霊かわいいでぶにゃんかわいいからそこだけのために読む価値あり

★★ Very Good!!

 設定やストーリー展開は面白い、それは確か。指摘されている場面転換の多さも私は気になりませんでした。
 ただ長期連載故の後付けに継ぐ後付けで矛盾が多々生じグダグダになっているのは否めません。
 あと他の人も言ってるが、ヒロインのシャーロットの扱いが酷い。後半余り本編に絡んでこないわ、言い合いも好き合ってる者同士の会話には聞こえないわ。あの子の為だけに頑張ってたはずなのになんかもうね。
 書籍版は読んでないのでここら辺が解消されているかは判りかねますが。

★★ Very Good!!

タイトルにも書きましたが、文庫版は最高です。
ネット連載版は拙い部分も見受けられますが、文庫版の叩き台と考えれば問題ないかと。編集さんと校正さんの手を受けて、作者も進化し作品が昇華される良例の1つではないでしょうか。

作品の先取りや、文庫に収録されなかったエピソードが見たい方に、特にオススメです。