豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい

作者 合田拍子(グルグル魔)

4466

1697人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

一人の女に命をかける。

チートと言うとどうしてもハーレムって言葉が浮かび上がる。

意味は違うのにもはやそれはセットが当たり前化している。

英雄色好む。

でも主人公が望む色は一色だ。その一色の為に葛藤する。その一色を欲する心は強いのに、彼は、欲求の為に力を使う事をしない。

使うとすれば人間力。

面白い。真に愛する者の心は、ただ「強い力」では動かないのだ。

Good!

――

最初の設定に興味を持ち、物語も最初は楽しかったです。
しかし、物語の構成でいまいち楽しめず、気が付いたら、ここまで読んだのだから、とりあえず読み進めようという気分になってました。

視点変更のタイミングが酷く、盛り上がる場面で突然、違う話が始まるなどが多く、話の繋がりをブツ切りにしてしまい、わけが分からなくなって来ます。
アニメなら良い演出かもしれないが、小説で長々やられてもテンポが悪くなるばかりです。

他にも、ネタバレになるので詳細は書けませんが、主人公が最初は頑張って努力していたのに、章が進むと言い訳をつけて、真逆の事を行い出します。タイトルからみると仕方が無いのかもしれませんが、どんどん主人公の内面の魅力が無くなって行く様は残念感を強く誘います。

主人公の魅力の低下と視点変更を何とかすれば、素直に楽しめるようになるかもしれない作品です。

★★★ Excellent!!!

――

私は書籍から入らせていただき、Web版を途中まで読ませていただきました。
書籍から入ったためか、とても書籍版の完成度が高くなっていると感じ、向上心と読者を楽しませようとする感じが伝わってきました。面白くないと感じている方は本当に残念だと思います。
Web版も書籍版(主にこちら)を楽しみにさせていただきます。無理をしないようにお気をつけ下さい!

Good!

――

面白いと思ったのは最初の頃だけだった。

主人公がブヒブヒいうのは特徴だとしても、シリアスな場面でそれを連呼されれば全てが台無しだ。また最初から最強無双で、努力は持続しないし基本怠惰な姿が大半を占める。章の終わりで格好良く決めても次の章では直ぐに株を下げる。登場人物の一人が言ったように、主人公の力があれば自分の方がうまく立ち回れるというのはまさにその通りで、はっきりいって主人公にイライラはあっても魅力は感じない。

テンポも悪く何話かけても物語が進まなかったり、盛り上がってきたところで視点変更や過去話が入って盛り下げたりしている。主人公が話のオチを知っている設定のためか、答えを知っているミステリーを主人公が案内するようなもので説明が多く、話を読んで読者が盛り上がるというより、一人で盛り上がっている主人公を読者が見ているという感じが強い。

逆にサブキャラは結構魅力がある。主人公に振り回され巻き込まれるためか芯があるし、言動も行動も納得しやすく好感が持てる。でも所詮サブキャラなのでお勧めするポイントとはあまり言えない。

正直、何故主人公を何度も駄目人間に見せるのか分からない。相撲力士を見れば分かるように太るためには怠惰になる必要なんてありはしない。何度目かの怠惰な豚を見せられて自分は途中でギブアップです。途中評価で申し訳ありませんが、第一章まではお薦めするけど、それ以降は正直お薦めはしない作品です。

Good!

――

素人ですので、偉そうなことは言えないんですが起承転結ができてないって言うんでしょうか。
一気に最後まで読みたいっていう人にはいいかもしれませんが、そうでない人からしたら途中で読むの疲れるって感じます。

章の終わり終わりにスローライフ風景があったら良かったなって思います。

Good!

――

転生物ですが現代知識ではなく、あくまでもこの世界のアニメ知識を活用している点に高評価です。当然のように専門知識を使いこなす主人公には違和感があるので。
ストーリーは笑いあり真面目ありで面白いです。
キャラも魅力的で良いと思います。
ただ、誤字脱字や漢字の変換ミス、不必要な同単語の繰り返し、読みの同じ漢字の使い間違い等、文章力のミスが多すぎて読みにくいのが最大の欠点です。

Good!

――

ひたすらに長い言い回し
その中に散乱する誤字・脱字
主人公を強いと設定しても、その強さがどうなのか比較すらなく
ひたすらに俺TUEEEをする。
そのせいで物語が量の割に薄い。
視点と時間軸がもの凄くバラバラで
思わせぶりな言葉と伏せ字を多用することで
全体を読み終わってからももやもやが残る。

一言でまとめるなら、
読むの疲れる、、、

Good!

――

正直ぶひぶひ読みにくい。そもそもいくらデブだからってぶひぶひはおかしい。せっかくストーリーはいいのに、主人公のぶひぶひで色々と締まらない。まぁそういうの気にならない人にはおすすめ。ぶひぶひウゼェって人は脳内でため息にでも変換すること推奨。

でもやっぱぶひぶひはやり過ぎ。

Good!

――

展開は面白いし、キャラもいい味が出ている。
登場人物に感情移入できたし、これからの続きも楽しみにしている。

けど、なんでこう次に進まないのか。なんど同じことを言えば良いのか。
煽り文というのは、物語のクライマックスの直前最高のタイミングに入れて読者の期待感をこれでもかと煽るためにあると思うのですが、何度も何度も同じ様な内容の煽り文が入り続けると読む気がむしろ削がれます。次にいつ進むの?って感じで。
ドラゴンボールZや巨人の星のアニメを思い出しました、悪い意味で。
もうちょっとすんなりと物語を進めていただければ幸いです。

漫画にでもなれば、もう文句のつけようもない作品になりそうだなと思ったり。

Good!

――

主人公最強物で読んでて安心感がありますが、コミカルな描写で鼻につく感じもなく楽しく読めました。
ただ、事前に説明の無いシーンやキャラクターを差し込んで徐々に明かしてゆく描写を多用しているため、内容が分かるまでは登場人物すら既存のキャラか新規のキャラなのか、どういう状況でなにをやってるシーンなのかイマイチ把握出来ずに楽しめない部分があるのが残念です。

Good!

――

嫌われ者に転生して評価を上げていく話は好きですが、
都合よく評価が簡単に上がりすぎ、結果が出過ぎなことに違和感を覚えます。
文章自体は読みやすいです。

・豚なのでダイエットしました
→1週間で効果が出始めました。
・周りにちょっと優しくしました
→数年来の悪評がとれて友人が出来ました。
・あの子に好かれるために頑張る
→実は最初から好きでした

この展開なら嫌われ者、豚キャラである必要がないです。
原作アニメの脇役(イケメンだけど恋のレースでは原作主人公に負けた)に転生しました。でも変わりません。
嫌われているからこその苦悩、何度良いことをしても裏を疑われる、
それでも我慢して続けていく末に報われるという展開が欲しかったです。

Good!

――

 読み辛い部分やご都合主義的、作者の操り人形的、説明的になってしまっている部分が多々あり、決して綺麗にまとまっている小説ではありません。キャラクター間のやりとりや感情の動きの不自然さ、誤字・誤文、同じ事を二度書いたり、些細な部分で以前の地の文と食い違っているものもあります。
 恐らく推敲をされていないのだろうと思わされる文章ですが、それでも少し我慢すればストーリー自体にはある程度の面白さがあるので、web小説を食い荒らしている方であれば十分読む対象になると思います。一方で、普段商業書籍やそのレベルにあるweb小説しか読んでいない方が読むのは辛いと思います。

Good!

――

語尾にぶひいを付けたり付けなかったり...
叫び声がぶひいだったり...

転生前の理由から、転生前の主人公(豚公爵)なら理解がまだできます。
ですが、人格乗っ取られた後にまでぶひいを付けるのは理解できません。
なんでわざわざバカにされるような言葉を...?

公爵...なんで公の場でバカにできるか理解不能。
ギャグ小説?

★★★ Excellent!!!

――

憑依物なので下心丸出しですが、好きな女性の為ならあらゆる危機や困難にも立ち向かう覚悟は認めざるを得ない。

そしてヒロインは自慢の主であり、好きな人が認められることを喜びつつも、自分だけが知っていた主の素晴らしさが世間に知られることで寂しさも感じちゃうところが王道でいい!!

Good!

――

メインの部分は悪くないのですが、演出がゴリゴリと読む気を削いできます。
シリアスになりたいシーンなのに、余計なコメディが煩わしいくらいに入っているのでだら~としています。
しかも全編にわたって・・・

ぶひぶひの部分を、緊張が続いた時にガス抜き程度に入れて、くすっとするくらいになっていれば、もっと作品に没入できるのにおしいな、と思います。

★★★ Excellent!!!

――

物語中の全ての人物が主人公の引き立て役として存在する物語が跋扈する中、ある種異彩を放つ作品でした。ライバルや敵役でも不幸になることではなく幸福になることを喜べる優しい世界、まるで遥か昔に見たアニメや絵本のような感じでした。
作品としてはもう少し短く完結した方がよかったのではと思いつつ、この世界(物語)が永遠に続いて欲しいとも思うのが悩ましいですね。

★★★ Excellent!!!

――

ユニークなタイトルに惹かれて、ちょっと読んでみるといつの間にか目が離せなくなってしまいました。

物語自体はよくある異世界転生モノですが、なんといってもこの主人公。今までにない斬新なこのキャラクターがこの物語の醍醐味、という感じでしょうか!

他の方も仰っている通り、視点がくるくる変わるので小説では少し読みづらい構成ではあると思います。

これからの更新も楽しみにしているので、ぜひ作者さんには頑張って頂きたいです!

★★ Very Good!!

――

主人公が最強という点ではテンプレですが、太っているというところでアクセントをきかせている。一旦痩せたときはどうなることかと思いましたが、また太ってくれたので良かったです。

ただ、文章に関して欠点があります。
韻を踏んでカッコ良くしたいのか、『殺気孕む空気』のように助詞を抜かした文が所々で見受けられますが、違和感を覚えて読み辛いだけなのでやめていただきたいです。詩じゃないし、三人称主語ですらないのですからまったく馴染みません。

Good!

――

物語の悪役は恋愛脳かつ鋼鉄の意志を持つ「計算された嫌われもの」だった!
すごく面白いです。一気読みしました。
ただ、150話前後から、回想と視点の切り替えと「アニメ版」の裏設定の説明とモノローグがコロコロ入り乱れるようになって、本筋でなにが起きてるのか本当に分かりづらくなりました。ネタバレを防ぐためなのか、回想では具体的な説明を省いて固有名詞を出さずに説明する傾向もあるのでさらにわからなくなりました。
応援してますので、頑張ってください

★★ Very Good!!

――

読みにくい。
時系列が飛び飛びで、視点がころころ変わるから非常に戸惑う。
今やってる話は特に主人公、敵、精霊らが入り乱れてるから余計に

★★★ Excellent!!!

――

 本作は異世界転生物で、更には俺TUEEE物です。

 しかし主人公は天性の能力を使って縦横無尽に無双するかというさにあらず。転生して生まれ変わった彼の立場は「テレビアニメの世界」の「作中最低の悪役」という、登場人物達の殆どから嫌われ、侮蔑される、カースト底辺の立場にいるという弱い立場です。ですので、それを払底する為に並々ならぬ努力を主人公は積み重ねていきます。

 俺TUEEEなのに、努力をひたすらに愚直に積み重ね続けるという二律背反の主人公キャラの魅力と、また作中に次から次へと生まれる「主人公が事前に知っているアニメの内容」をひっくり返す為に行なう作戦・行動と、そして主人公が知っているアニメの世界では起こらなかった予期せぬ事態の発生に、終始ハラハラ&ドキドキさせる展開が目白押しです。個性豊か過ぎるキャラクター達が快活に行動する姿も、とても魅力的で最高です!

 コメディ系ファンタジーが大好きな方にお薦めの逸品です!!
 是非ともどうぞ!!