第17話 人外辻


 路地に背を向け中背の男が立っていた。


 その向こうには、大柄な男が二人。

 無造作に髪を垂らした若い男と、禿頭の男だ。

 大柄な男たちに腕を掴まれ、先程の娘が佇んでいる。


 下卑た好色な二対の眼が、娘の白い胸元を舐めるように見下ろす。

 ぐい――と、路地に背を向けている男が顔を突出し、下から娘を嬲るように見上げる。


「けへっ。堪らんぜよ」


 そう呟いて、やや年かさの上の男は、引きつったように肩を震わせた。

 腰に剣は佩いているが、髷もほつれ薄汚れた風体は、どう見ても食い詰めた浪士にしか見えない。濁った黄色い眼が、飢えた野良犬のようにぎらつく。

 連られるように、大柄な男たちも品のない声で笑った。


「……ねぇや――どこ?」


 そんな連中を前に乱れた襦袢じゅばんを気にするでもなく、娘はどこか虚ろな瞳で首を傾げた


「――姉や、どこ?」


 それはねやで囁くような、男の官能をくすぐる甘い艶声。


「ねえや?」


 娘の右側に立つ、禿頭の男が首を傾げた。


「あぁあ、ねやね。分かっちゅう、分かっちゅう」


 兄貴分なのだろう。正面に立つ中背の男が大きく頷いた。


「――ひきっ。まだ乳臭ぇガキかと思うちょったが、満更でもなさそうじゃの嫌じゃの」


 娘の左腕を掴んでいる、若い男が分厚い唇を舐めあげた。 


「そうかそうか、閨がいいのか。ほじゃったら、ええ所へ連れて行っちゃるきに」


 兄貴分が若い二人に同意を促した。

 娘を捕らえる男たちは、互いの顔を見合わせ、卑猥な笑い声をあげた。


「そない豚が殺されるみたいな笑い声の男はんは嫌いやどすえ」


 抑揚のない棒読みの台詞がいい気分に水を差した。


「な、なにっ」


 男たちが一斉に少女の顔を見る。


「おまん――」


 腑に落ちん――ばかりに、兄貴分が首を傾げた。


「だからよ、その下品な顔近付けるなって言ってるんどすえ」


 一転。ドスの利いた太い声が路地の方から響いた。

 びくり――と、弾けるように振り返ると、すぐ後ろに獰猛な笑みを浮かべ、柔志狼が立っていた。


「――な、なんじゃぁ?」


 腰も抜かさんばかりに男は取り乱した。

 いつから背後に居たのか。柔志狼が声を発するまで、全く気が付かなかった。

 娘の腕を掴んでいる男らの驚きはそれ以上である。ずっと路地の方に顔を向けていたにもかかわらず、全く気が付かなかったのだ。

 事態が把握できず、男らが硬直したように立ち尽くす。


「お前たち、何をしているんだ!」


 そこへ、柔志狼を追って来た沖田が声を上げた。


「せやから、その臭い息をかけないでって言ってるんどすえ」


 男たちを小馬鹿にしたように、尚も柔志狼は胡散臭い喋りを止めない。


「な、な、な、ななんだ。お、おまんら、邪魔すんじゃ無ぇ!」


 兄貴分が叫んだと同時に、娘の両脇の男たちが動いた。

 場馴れしているのだろう。思いの外に連携のとれた、良い反応だった。

 兄貴分の両脇をすり抜けるその手は、すでに剣の柄に伸びている。


 だが、それよりも柔志狼の方が速かった。

 一瞬早く前に出た柔志狼が、二人の肩を軽く抑えた。


「ぐべっ」


 それだけで、大柄な男たちが、蛙が潰されたような呻きを漏らし、潰れるように地に崩れた。


「……あぁ――」


 眼前の状況が理解できず、残された兄貴分は眼をむいて唖然とした。

 柔志狼はその脇をすり抜け、娘の腕を掴むと引きよせた。

 鶏のように頭を巡らすが、兄貴分は混乱するばかりである。


「天下の往来で下品な真似するんじゃねえよ。この田舎侍が」


 呆気にとられる男の胸倉を、柔志狼が指先で軽く突いた。

 若い男たちと同じだった。柔志狼が力を込めた様子は無いのに、男の身体は転がるように尻もちをついて地面に倒れた。


「こんなガキんちょ相手にしねぇで、女抱きたきゃ、ほか行けよ。なあぁ――」


 沖田に同意を求めようとしたが、柔志狼の耳元を甘く温かな吐息がくすぐった。


「里姉ぇを探してよ……」


 柔志狼の耳元で、潤んだ瞳の娘が吐息のように囁いた。

 その表情は、まだ幼さの残る娘とは思えぬほど淫靡で、妖絶な甘い香りを放つ。


「さ、里姉ぇ?」


 思わず柔志狼が、身悶えるように身をよじる。

 こくり――と、娘が頷く。


「ね、姉さんを探してるのかい?」


 柔志狼の言葉に、娘は虚ろな瞳で微笑んだ。


「ああっ!」


 その様子を見ていた沖田が、突然声をあげた。


「なんだよ」

「この娘、誰かに似ているんだよ」

「誰だ?」

「だが誰だか思い出せない」


 沖田は娘の肩を掴むと、顔をまじまじと覗き込んだ。


「やっぱり分からない」


 眉間に皺を寄せ、肩を落とす。


「知り合いか?」

「思い出せない。だけど、どこかで見たことがある気がするんだ。それは――」


 間違いない――と、沖田が力強く頷く。

 そんな沖田を、艶やかに潤んだ瞳で娘が見つめる。


「――お、おぉ……」


 それには、流石の沖田も視線を逸らさずにはいられなかった。


「ふ、ふ、ふざけるなよ!」


 その声に、柔志狼と沖田が面倒臭そうに振り返った。

 いつの間にか、男たちが剣を抜いて立ちあがっていた。


「わ、わしらをコケにしおって。後から出てきて横取りするたぁ、舐めたマネは許るさんぜよ」


 兄貴分が威勢よく啖呵を切る。


「覚悟しぃ。叩切っちゃる!」

「そいつを犯しまくってから、女衒に叩き売っちゃるき、邪魔ぁすんなや!」


 若い男たちも威勢よく唾を飛ばす。

 男らの眼は血走り、一様に殺気立っているのが良くわかる。

 はぁ――と、柔志狼は面倒くさそうに溜息を吐くと、


「――だって。どうするよの沖田クンよ」


 柔志狼が、にやりと嗤った。


「し、新撰組じゃと?」


 その名に、男たちの間に動揺が走った。

 狩る者と狩られる者――今や新撰組の名は、不逞浪士にとっては畏怖の代名詞である。


「は、はったりだ!はったりに決まっちゅうぜよ。壬生狼に、そげん優男がいるわけ無ぇが!」


 虚勢を張るように兄貴分が吼える。


「み、壬生浪じゃろうが新撰組じゃろうが、構うことは無ぇ!」


 ――殺っちまえ!

 ――殺っちまえ!


 ぎりりと、殺気が膨れ上がり白刃が鈍く煌めく。


「――だそうだ」


 柔志狼は娘を連れ、するりと、沖田の背後に回る。

 任せるぜ――と、沖田の背をポンと押した。


「お、おい!」


 突然、矢面に立たされた沖田がたたらを踏む。


「優男からかぁ!」


 威嚇するように、剣をちらつかせる。


「お前等、土佐者だよな」


 沖田の言葉に、男らの動きが止まった。


「図星のようだな」


 沖田の手が剣に伸びる。


「しぇからしかぁ《煩せぇ》!」


 男らが襲い掛かった。


「ふん――手加減しないぞ」


 沖田の腰元から白刃が煌めくと、鋭い金属音が二度鳴り響く。


「ぐぶっ」

「ぎゃん」


 若い男と禿頭が鈍い音をたて、地に転がった。

 沖田は、男らの刃を抜刀と同時に弾き、すかさず刃の峰で叩いたのだ。その動きはまさに飛燕が舞うが如き。

 だが、峰打ちとはいえど無傷な訳はない。

 若い男の鎖骨は折れ、肩が外れたように伸びている。禿頭に至っては、折れた骨が腕の肉を破り突き出している。


「手加減はしてあるぞ」


 男らにそう言い放つと、沖田が振り返る。

 柔志狼に対し、己の力を誇示するかのように、口の端を持ち上げる。


 その時だった。

 沖田に向かって、柔志狼が動いた。


「えぇっ!」


 虚を突かれ、慌てた沖田が剣を構え直す。

 だが柔志狼は、そんな沖田の横を、風のようにすり抜けた。


「おい!」


 沖田が視線で追うと、そこには一人残された兄貴分が、無言で剣を振り上げ、襲い掛かる寸前であった。

 そこへ柔志狼が跳び込んだ。

 剣の柄を下から押さえると同時に、男の顔面にむかい分厚い掌が吸い込まれていく。

 男の顔面は柘榴ざくろのようにひしゃげ、仰け吹っ飛ぶと三間は転がった。

 呆気にとられる沖田に向かい、柔志狼がにやりと嗤った。


 くっ――と、沖田が歯を噛みしめる。

 柔志狼の手には、男の剣が握られていた。


「忘れもんだ。返すぜ」


 潰れた顔で起き上がろうとする男に向かい、柔志狼は無造作に剣を投げた。


「ぎゃんっ」


 投げた刀が肩に刺さると、男は犬のような情けない悲鳴を上げて転げまわった。


「手加減しないって言ったろ。なぁ、沖田ク――」

「馬鹿な!」


 ――眼を剥く沖田に、今度は柔志狼が慌てて振り返る。

 そこには、肩から剣を生やしたまま、平然と立ち上がろうとする男の姿があった。

 柔志狼に殴られた分だけでも、直ぐに立てるようなものではない。それに、致命傷こそ外してあるが、剣の刺さっているのは、左の胸に近い場所である。動けるわけがない。


 だが――


「へ、へへへ、痛ぇぇっきへっへへ……」


 くふっ――肩から剣を生やしたまま、男は下卑た笑みを浮かべている。


「こ、こいつは、やっぱぱ、効くぜぇぇ」


 肩口に刺さった刃を握ると、自ら傷を広げるように抉り、剣を引き抜いた。

 血飛沫を跳ばしながら剣を投げ捨てると、傷を指でこねくり回す。その指をしゃぶると、口の周りに血を塗りたくる。


「ぇぇぇぁ――堪らんぜょぉ」


 酔ったように男が恍惚の表情を浮かべる。

 男が抉った傷から、細く黒い糸が沸き立つように現れた。

 それは蟲がのたうつように蠕動すると、互いによじり合い絡み合うと、見る見るうちに傷口を塞いでいく。


「こ、こいつ……」


 吐き気をもよおすような光景に、さすがの沖田も無意識に後退る。

 それを合図としたかのように、沖田にやられた若い男たちも、のっそりと立ち上がる。

 兄貴分の男と同じように、黒い糸のようなものが傷を覆い、異常な速度で傷を覆っていく。


 かぁぁ――

 くふぁぁ――


 酔ったような表情で、虚ろな眼を泳がせる。

 男たちの傷口に生じた黒い糸は、まるで線虫が湧くように増殖していく。

 それが見る見るうちに、蠕動ぜんどうするように全身に広がっていく。


「な、なんなんだよ、こいつら!」


 それは蟲では無く、黒い毛だった。

 黒く短い、獣毛のようなものが傷口から湧きだし、全身を覆うように包んでいく。

 それとともに、男らの身体にも別の変化が現れていた。

 めきめきと、骨が軋み、肩を竦めるように背が曲がる。

 頭骨が歪んだのか。鼻筋から顎にかけてが、僅かだが前に突き出していく。

 耳が尖り、めくれ上がる唇からは、異様に尖った犬歯が覗く。

 虚ろな眼から一転。その眼には狂犬にも似た獰猛な光が灯る。


「そうか、手前ぇらを呑んでやがるな」


 柔志狼が吐き捨てるように言った。


「ふしみたん?」


 沖田が問う。


「お子ちゃまは知らねぇのか?」


 柔志狼が面倒臭そうに鼻をならす。


「なんだと!」

「そんなことより、ねぇちゃんは逃げな――」


 沖田を無視して、柔志狼が振り返ると、そこに娘の姿は無かった。


「あらぁぁ?」


 思わず拍子抜けし、辺りを見回す。


「が、ガキは逃げちまったがぁ――お、おおぉめぇらには落とし前付けてもらうじぇぇ!」


 三人が奇声を発しながら、一斉に襲いかかった。


「ちょうどいいや。こっちも手前ぇらに聞きてぇことができたしな」


 柔志狼は獰猛な笑みを浮かべ、拳を握りしめた。


「待て!」


 柔志狼よりも一瞬早く、沖田が奔った。


「その役目、京都守護を仰せつかっている新撰組に任せてもらおう!」


 柔志狼を押し退け、飛燕の如き速度で沖田の剣が煌めく。

 鎖骨を折られたはずの若い男が、片手殴りに振るう剣を寸前で躱すと、沖田が横一文字に剣を薙いだ。

 峰には返さない。本身の刃が男の腹部を切裂く。

 これだ――掌に伝わる確かな肉の感触に、沖田が悦に入る。


「口がきける奴は、一人で充分だよな」


 返す切っ先が、次の獲物を求めて翻る。

 だが、腹を斬られた男の剣が、沖田に襲い掛かる。


「なに!」


 疑問を感じる暇はなかった。

 沖田の本能が咄嗟に身体をねじり、紙一重で剣を躱す。

 速い――尋常では無い剣速の二撃目を、沖田は剣で受けるしかできなかった。

 だが、その衝撃は凄まじく、沖田は塀に叩きつけられた。


「ぐぅ――」


 予想以上に重い斬撃に受けた両手が痺れた。剣を落とすまいと指先に力を込める。

 確かに、沖田の剣は男の腹を斬った。先ほどと違い、生かすつもりのない斬撃である。死なぬまでも、躊躇なく剣を振るうなど出来るわけがない。

 馬鹿な――と、沖田は男を見つめ、言葉を失った。

 それはあまりにも常軌を逸した、奇怪な光景だった。


 げひゃ、ひゃ、ひゃ――


 若い男は、沖田に斬り裂かれた傷からこぼれるはらわたを、自ら腹に押し戻しながら哂っていた。


「なんだ……これは――」


 この世の物とは思えぬその姿に、全身が粟立つ。

 沖田の脳裏に、昨夜の厭な記憶が甦る。


 剣が……通じない――


 足場を失い泥沼に沈んでいくような――なんとも言えぬ不安感が腹の底から湧き上がる。

 手足が冷たく痺れ、己の気が急速に萎えていく。これが恐怖というものだということに、沖田は気が付いていない。


「ぎゅ、ぎゅ。た、たたいしたもんぜょ。流石に噂の伏見丹。高いだけはあるきぃぃぃ」


 唾を飛ばし、兄貴分が壊れた笑い声を上げる。


「し、しん、しんせン組だかなんナんだか、なんだかんだ、知らねねぇが、かまワねぇ殺っちまえ!」


 その声に背を押され、ふたりの男が沖田に襲い掛かる。


「しゃぁぁ!」


 だが沖田とて、並みの剣士ではない。伊達に「天才」と評されるわけでは無いのだ。

 身体に湧き上がる恐怖を吹き飛ばすかのように、裂帛れっぱくの気合を迸らせる。

 飛燕の如き沖田の剣が、この程度のことで精彩を欠く理由にはならない。

 沖田は自ら前に出る。

 男たちの剣は空を切り、平青眼に構え直した沖田の剣が、ふたりの咽喉元を突き穿つ。

 咽喉を突き破った切っ先が、正確に脊髄まで貫いた感触を、沖田は確信した。

 だが、男たちの動きは止まらない。

 それどころか、その動きはさらに凶暴になっていく。

 その異形と化した容貌と相まって、獣が爪を振るうかのようである。

 その動きは出鱈目で、凄まじく速い。


「ば、馬鹿な……」


 冷たい氷の爪が、沖田の心臓を鷲掴みする。

 指先が冷たく痺れる。


 沖田が初めて剣を志したのは、十にも満たぬころだった。

 剣を持てば斬れぬものなし――そう確信したのはいつの頃であったか。

 そんな沖田の根底から揺らいでいた。

 これが生まれて初めて感じる、恐怖という感情であることに、沖田は気づかない。

 その瞬間、宙を舞う飛燕は地に落ちた。


 人間離れした力で振り回される男たちの凶剣を、沖田は必至で避ける。

 地を転がり、膝を着き、這うようにして避ける。

 息つく間も与えず襲いくる妖異の剣に、沖田の心が無言の悲鳴を上げようとしていた。

 その悲鳴を聞いてしまったら、二度と剣を握れなくなる。

 それが分かる。だから沖田は、必死でそれを噛み殺す。

 だがそれも限界だった。

 塀に追い詰められると、剣を握る指先に力が入らなかった。

 その時だった。


「働き過ぎだぜ、沖田クンよ」


 まさに沖田に襲い掛からんとする異形の男らの背後に、柔志狼が立った。

 突然現れた仁王像のような姿に、異形の男らが反応した。

 その肩に柔志狼が軽く手をかける。

 柔志狼を振り払おうと、異形の男らが剣を振り回す。

 だが、それよりも一瞬早く、柔志狼の身体が沈んだ。

 それと一緒に、男らの身体が押し潰されるように崩れていく。

 男らの身体が、地面に叩きつけられた。


 こぉぉぉ――


 笛のような呼気が口から迸ると、柔志狼の全身から青白い燐光が吹き上がった。


「吩っ!」


 柔志狼の両の拳鎚が、もがく男たちの頭部を同時に叩くと、蒼白い火花が弾けた。

 異形の男たちは大きく痙攣すると、全身からどす黒い体液を洩らし動きを止めた。

 それと同時に、全身を覆っていた黒い獣毛も、ぞぶりと抜け落ちる。

 瞬く間の出来事に、沖田は言葉も出ない。


「――お、お前……」


 安堵の溜息を漏らしたことに、沖田は気が付いていない。


「お前の剣はだ。気にするな」


 柔志狼が、惚れ惚れするような、なんとも太い笑みを浮かべた。

 さて――と、立ち上がり、柔志狼は残された男に向き直った。


「人を捨てるその薬。どこで手に入れたか、ゆっくり聞かせてもらおうか?」


 怖い笑みを貼りつかせた柔志狼が、異形化した兄貴分に詰め寄る。


「お、おおぉぉ、おい……は、は橋爪ぇぇ…か、加藤ぉお、ぉお――」


 震える声で二人の名を呼ぶが、男たちは泥のように動かなかった。


「て、てテてぇ、てめえは、ナンな、な、何者ぜょ!」

「越中富山の薬売り――」


 柔志狼が口の端を持ち上げる。


「で、誰から買った?」


 先ほどまでの威勢は何処へやら。異形と化した男が、柔志狼に気圧されしていた。無意識に脚が後退していく。

 それを見た柔志狼が、獰猛な笑みを浮かべ、さらに脚を踏みだす。

 それに押され、男がさらに後ろに退がる――が、


「きぃぃィいい!」


 突如、怪鳥のような奇声を上げ、男が前に出た。

 肩に刺さった剣を引き抜くと、出鱈目に振り回し柔志狼に襲い掛かる。

 既に動かぬ二人に比べ、その動きは素人そのものだった。

 とは言え、その剣速は常人のそれを凌駕している。太刀筋の読めない分、それはある意味恐ろしい。

 それに対し柔志狼は、慌てる様子も無く剣を躱す。眼前を流れていく剣を、掌で下から突き上げる。

 軽く叩いただけなのに、それだけで男の剣が弾き飛ばされた。


「あぁ?」


 何が起きたのか理解できず、男の視線が泳ぐ。

 柔志狼は、男の頭と顎を挟み込むように掴む。

 そのまま捻るようにして、地面に崩し落とした。

 地に叩きつけられた男の頭部に、柔志狼が掌底を打ち下ろすと、蒼白い火花が弾けた。


 びくり――と、男が震えると、全身からどす黒い体液が漏れる。

 立ち上がった柔志狼が、後ろで倒れている二人を顎で示し、


「あいつらより手加減してやったんだ、口くらいきけるだろ」


 と、嗤った。


「――がぁ……だ、誰がぁ――ぐぶっ!」


 身を震わせ、顔を背ける男に、柔志狼がさらに掌打を叩きつけた。

 柔志狼の掌打には、あの人間離れした回復力も意味を成さぬのか。男は苦しそうに顔を歪ませ悲鳴を上げる。

 尚も容赦なく、柔志狼が掌打を叩きつけると、蒼白い火花に焼かれたように、黒い獣毛が剥がれ落ちていく。

 すると、漸く観念したのか。


「――は、は、葉沼屋……」


 苦いものを絞り出すように、男が苦悶の呻き交じりにこぼした。


「はぬま屋?」


 その言葉に、柔志狼は振り上げた掌を止めた。


「おい!それはいったい何処なん――」


 だが突然、柔志狼が弾かれたように身を転がした。

 次の瞬間。男の顔面に刃が突き刺さるのを、沖田は見た。

 華美な装飾の施された直刀。見慣れぬそれは、西洋様式の短刀だった。

 それが男の眼と眼の間――眉間のやや下方に深々と刺さっていた。

 男の身体は激しく痙攣すると、全身からどす黒い体液がを吹き上げ、糸が切れたよう動かなくなった。


「危ないところでしたね」


 まるで詠うような美しい声色だった。


「誰だ」


 ゆっくりと、柔志狼が振り返る。

 沖田も立ち上がり視線を上げた。

 路地の入口に、異様な空気を纏う人影が二つ。闇に溶けゆく夕暮れよりも、なお黄昏る影法師。

 それは先ほど京都所司代を連れ立って山南の前に現れた、天羽四郎衛門とその従者である武蔵たけぞうだった。


 武蔵のその手には、男の顔に刺さっているのと同じナイフが煌めいている。

 投げたのはこの男なのだろうか――沖田は思う。

 何故に柔志狼の攻撃や、この男のナイフは異形の男を倒すことが出来るのだ。自分の剣と何が違うのか。

 眼前に現れた男たちの正体よりも、千々に乱れた自尊心と喪失感が、沖田の心を掻き乱す。


「礼を言った方が良いのかな?」


 そんな沖田の心中を知るよしもなく、柔志狼が嗤う。


「礼など及びません。むしろ、礼を言わねばならぬのは、こちらの方ですから」


 幽鬼の如き白い影が、ゆるりと歩み寄ってくる。

 その後ろには武蔵の巨体が付き従う。

 清廉な白い華と獣臭漂う獣――なんとも対照的な二人である。


「はて? 初対面だと思うんだけどな。礼を言われる憶えなどないぜ」


 柔志狼が首を傾げた。


「その通りです。我々は初対面だと思いますよ」


 天羽が天女のようにほくそ笑む。


「なら――どういうことだい?」


 天羽が視線で示すと、武蔵が僅かに横に動いた。


「無事だったのか」


 そこには、あの娘が立っていた。


「良かった……」


 と言いつつも、柔志狼の顔には今までにない険が浮かぶ。

 荒い息遣い。

 上気した頬。

 蕩けるように潤んだ瞳は、淫蕩に堕ちる欲情のそれ。

 先ほどにも増して様子のおかしい娘に、柔志狼から笑みが消えた。


「その娘になにをした」


 ぎり――と、柔志狼が奥歯を噛みしめる。

 ぞわりと、鉛のように重い殺気が、柔志狼の肉を満たしてゆく。

 初めて目の当たりにする柔志狼の殺気に、沖田が息を呑む。


「この娘――れんは私どもの連れなのです。今朝がたより行方が分からなくなり、探していたのです」


 そう言って、天羽が微笑した。


「見つけていただいたうえ、暴漢から助けていただいたのです。私が礼を申すのは当然のことでありましょう」


 柔志狼の殺気を微風と受け流し微笑するその顔は、白蛇の如く無機質に見える。


「ちっ」


 柔志狼が舌を鳴らし前に出る。

 それに対し、天羽を庇うように武蔵が前に出る。

 猛る獣のような強烈な殺気の壁が、柔志狼に立ち塞がる。


「面白ぇ――」


 それに呼応するように、柔志狼の氣も膨れ上がる。

 二人の殺気がぶつかり合い、眼に見えぬ火花を散らし始めた。

 じりじりと、空気が焦げ付きそうなほど高まる緊張――その時だった。


「い、いかがなされましたか――」


 天羽たちの背後――路地の入口から、場違いなほど能天気な声が近づいてきた。

 息を切らし、慌てて走り寄ってきたのは、京都所司代の北原だった。


「天羽殿。いか……如何がなされた。おお、お探しだった娘御とお会いできましたか」


 肩で息をし、この季節だというのに顔には大粒の汗をかいている。

 察するに、天羽らを見失い、血相を変えて探していたのだろう。


「やや、これはなんと!」


 地に伏し、どす黒い血にまみれた男たちと、顔面に深々とナイフを突き立て死んでいる男を交互に見ると、


「貴様ら神妙にいたせ!おとなしく縛につき、お裁きを受けい!」


 と、腰の刀に手をかけた。


「ちょ、ちょっと待ってください」


 沖田が慌てて前にでる。


「ん?なんじゃお主は」


 沖田の顔をまじまじと見つめる。


「おおぉ。これはこれは、新撰組の沖田殿ではないか。何故このようなところで?」


 北原が目を丸くする。


「山南殿といい、今日は奇妙なところで新撰組の方々と出くわすもんじゃの」

「北原さん。あなたこそ、どうしてこんなところに?ねぇそれより今、山南さんといいましたよね」


 沖田が詰め寄る。


「どこで会ったんです?ねぇ教えてくださいよ」


 いつもなら、京都所司代の北原は苦手なのである。だがこの時ばかりは、その存在に沖田は藁をもすがる思いだった。

 自覚はこそ無かったが、このあまりにも現実離れしたな状況に、沖田は疲れ切っていたのだ。そこへ、山南の名を聞き、あまりにも人間臭い北原の存在が、沖田に生を実感させてくれたのだ。


「北原殿。こちらの方々は、この男たちから蓮を助けてくださったようです」


 そうですね――と、天羽の言葉に、蓮と呼ばれた娘は身を震わせ頷いた。


「そ、そうですか。だがこの状況はあまりに……」


 無残にも動かぬ三人の男たちを前に、神妙な面持ちの北原は、沖田に助けを求めるように視線を送る。


「その娘さんが襲われそうになっていたので、私たちが助けに入ったんですよ。見れば分かるでしょ」


 沖田が面倒臭そうに言い放つ。


「その御方が危なかったので、ナイフは武蔵が投げたものです。幸いにも倒れている二人はまだ息をしています。我らはこの御仁に感謝こそすれども、非を責めるべきはありません」


 剣の柄を握る北原の手に、天羽が白い掌を重ねた。


「そ、そう、仰るなら……沖田殿、相違ないのですな」


 沖田は頷くしかない。


「その方、大義であったな。もう行ってよいぞ」


 渋々とではあるが、柔志狼に顎で促す。


「ふん。そりゃどうも」


 納得いかぬと、口の中で呟く北原に、柔志狼は呆れたような一瞥をくれる。


「またな。沖田クン」


 すれ違いざま、沖田の胸を拳で叩いた。


「――――」


 次に柔志狼は、憐憫を込めた視線を蓮に向けた。

 だが一転。

 次の瞬間、天羽に向けられた視線には、先程までと同じ殺気が籠っている。

 天羽は微動だにせず、それを静かに受ける。

 そのまま、天羽の横を通り過ぎようとしたとき――


「面白い技を御使いなのですね」


 と、天羽が言った。


「あんた等ほどじゃない」

「宜しければ、お名前を教えていただけませんか」


 怖いのですか――と、遠くを見つめ、天羽がほくそ笑む。


「葛城柔志狼だ」


 ふん――と、柔志狼が鼻を鳴らす。


宜しいですか」


「好きにしな」


 手前ぇは――と、柔志狼が聞き返す。


「天羽四郎衛門と申します。横濱で『ベタニア商会』という貿易商を営んでおります」


 お見知りおきを――と、天羽は言った。


「憶えておくぜ」


 吐き捨てるように言う柔志狼に、未だ武蔵が牙を突き立てるような殺気を向けている。


「その者は武蔵たけぞうと申します。私の忠実な従者です。是非お見知りおきを」

「危なっかしい犬っころだな。きちんと縄で繋いどけ」


 柔志狼の悪態を聞いているのかいないのか。視線を合わせぬまま天羽は蓮の顎に指を絡める。


「二人は気が合いそうだと思うのですがね」


 紅く濡れる蓮の唇を割って、天羽が白い蝋のような指先を捻じ込む。

 その姿を尻目に――


「胸クソ悪いぜ」


 蒼白い殺気を纏ったまま柔志狼の背が遠ざかっていく。

 沖田はそれを黙って見送るしかできなかった。


「ささ、天羽殿。もう遅うございます。蓮殿も見つかった事ですし、宿の方へ戻られませんか」


 北原が促す。


「沖田殿、この場を暫しお願いできませぬか」


 部下を呼んでくる――と、北原が走り出した。


「ちょ、ちょっと北原さん!」


 正直、この世な場所は一刻も早く立ち去りたい。だが、沖田の返事も待たず、脱兎のごとく走り出した北原に、沖田は諦めるしかできない。


「悩み事ですか」


 そこへ突然、声がした。


「えっ?」


 沖田が顔を上げると、眼の前に天羽の顔があった。


「なにか強い迷いが御有りの御様子」


 天羽が微笑する。


「あなたには関係の無い事です」


 腹の中を見透かされた様な気恥ずかしさに、沖田が視線を背けた。


「このような形で出会ったのも、なにかの御縁――宜しければ何かお力になれるかもしれません」


 背けた視線の先に、動かぬ男の額に刺さったナイフがあった。


「――の――を宿に、今しばらく逗留しております。宜しければいつでもお尋ねくださいませ。きっと、ご相談に乗れると思います」

「えっ?」


 沖田は顔を上げた。

 眼の前で微笑む天羽の顔は、穢れの無い無垢な赤子のようだった。

 だが、沖田は気が付いているのだろうか。

 天羽の瞳――本来、黒くあるべき虹彩が白銀に輝き、白眼は墨を流したように黒く染まっていることを。


「――あ、ありがとうござ……」


 天羽の浮かべる魔性の微笑に、沖田はぞろりと、引き込まれそうになる。


 その時――


「――お待たせいたしました!」


 北原が部下を連れ戻ってきた。

 その声に、沖田が我に返る。


「い、いや、大丈夫。結構です」


 毅然と言い放つと沖田は、足早に天羽の脇を通り過ぎる。

「沖田殿?」と、北原が声を掛けるが。

 失礼――と、素っ気なく言い放ち、沖田は路地を後にした。


「お待ちしておりますよ――」


 その背に向かい微笑む天羽の瞳は、常人と変わらなかった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る