第26話 獣王奏


 やはり手前ぇらだったか――と、柔志狼が舌を鳴らす。


「おや、貴方でしたか。先日は連れがお世話になりました」


 蕎麦屋の出前の方だとは――と、れん《娘》を抱きよせて、天羽四郎衛門死神が言った。


「ですが、客の家にどんぶりを下げに来るには、少々時間が遅いのではありませんか」


 非難めいたことを言いながらも、その言葉には感嘆の響きが含まれている。更にいえば、その言葉には柔志狼の登場を予期していたようなそれすらあった。


「それりゃ悪かったな」


 苛立ったように、柔志狼が部屋に踏みこんだ。

 いまだ妖異な彩を放つ天羽の瞳は、柔志狼の表情から一挙手一投足までも、事細かに観察している。

 柔志狼はその様子を無視し、人形のように佇むを見つめ、奥歯を噛みしめる。


「贄に使いやがったな」


 そう言って、畳の上の葉沼屋一家を見つめ、眼を細めた。


「そこの狒々ひひおやじが死ぬのは因果応報。同情する気なんざ、さらさら持ち合わせちゃいないがな、女房娘に罪はなかろうよ」


 それによ――と、再びれんを見つめ、


「その娘には、なんの因果も無いんじゃねぇのか。なぜ巻き込む」


 隠しても押さえきれない静かな殺気が、柔志狼の身に揺らめく。


「おや?このれんに惚れましたか?」


 天羽の白い指先が、れんの紅い唇を嬲り指を滑りこませる。

 なんとも淫靡な光景に、柔志狼の頬がぴくりと震える。


「何が目的だ?」


 柔志狼は動じることなく、天羽を一瞥する。


「知っているのではありませんか」


 天羽が嘲るように言った。


「伏見丹を製造してるのが、ここだったってわけか」


 天羽は答えない。


「葉沼屋が邪魔になったか?口封じにしちゃ無駄に仰々しいな」


 柔志狼がゆらりと間合いを詰める。


「霊薬と言えば聞こえはいいがよ、ありゃあまるであやかしの精そのもの」


 つまりは――と、黒い獣を睨み、


「そこにいる獣人の精を使いやがったな」

「蕎麦屋のどんぶり下げにしては、博識ですね」


 天羽が感心したように笑う。


「何故首を突っ込むのです?」

「仕事だからな」

「仕事?」

「あぁ、そうだ。この忙しい師走の時期に、外国なんぞからやって来て、好き勝手されたんじゃ、まっとうな蕎麦屋は商売あがったりだ」

「では貴方は、さしずめ蕎麦屋の用心棒ですか」


 そう俯くと、天羽の口元が微かに綻んだ。


「蕎麦屋の屋号は徳川……或いは松平。それにしては少々品位に欠くような気がしますね。柳生か服部はっとりも今や昔といったところですが、さてはて」

「さあな。どう思ってもらっても構わんがな」

「どこまで知っているのです」


 何かを計るように天羽が見つめる。


「手前ぇの本業が、廻船問屋でも薬売りでもなくて、宝を探す山師だってぐらいは知ってるぜ」


 こんなモノを使ってな――と、柔志狼が懐から黒い塊を放り投げた。

 鈍い音をたてて、赤子の頭ほどの黒い塊が畳の上に転がった。

 それはあの夜、山南たちから手に入れた黒塗りのマリア観音だった。


「大切なものなんだろ」


 一瞬、視線を落とした天羽だが、


「それほどでも」


 と、首を振った。

 次の瞬間――天羽が大きく手を振った。


 一閃――


 眼に見えないなにかが、柔志狼めがけて空気を切裂いた。

 間一髪。柔志狼が身を沈めると、頭部の有った空間を見えない刃が走りぬけた。


 柔志狼の髪が、残滓の如く宙を舞う。

 そこへ獣人が動いていた。


 だが、柔志狼の反応の方が速かった。

 獣人を無視し、天羽に向かって動いた。


 とは言えども、柔志狼の手に武器らしいものは無い。

 両の手は無造作に腰だめに置かれている。


 滑るように剣の間合いの内に入り込むと、更に深く踏みこみ――柔志狼の貫手が天羽の顔面を狙う。

 それに対し天羽は避けるでもなく、の身体を盾にするように、柔志狼に突きだした。


「ちぃ!」


 の鼻先寸前で、柔志狼が貫手を止める。


「甘いですね」


 それを見た天羽が、唇の端を持ち上げる。


「腐れ野郎が」


 柔志狼が奥歯を軋らせる。

 その一瞬が、僅かに隙になった。

 獣人の鋭い爪が、背後から柔志狼に襲いかかる。

 羆の一振りにも匹敵しそうな爪撃が、柔志狼の後頭部を薙ぐ―――が、

 咄嗟に、柔志狼は身を跳びこませると、紙一重で躱す。


 身を捻り、膝を付いた瞬間――息つく間もなく、全身の毛が総毛立つ。

 天羽が胸の前で十字を切ると、先ほど柔志狼に向かって疾った一閃――不可視の空気の刃が柔志狼に襲いかかった。


「哈っ!」


 鋭い呼気を吐くと瞬間、柔志狼の身体が朧気な燐光を発した。

 手刀を袈裟に切り下ろすと、不可視の刃を叩く。硬質な金属音をたて、天羽の妖技が砕けた。

 その余波が柔志狼の両の頬に朱の筋を描く。


「ほう――を破りますか」


 天羽が白く染まった瞳を、感嘆に見開く。


「けっ、単なるだろ」


 柔志狼が体内で練り上げた氣を手刀に籠め、天羽の放った真空の刃を打ち砕いたのだ。


「やはり面白い技をつかいますね」

「褒められても嬉しくも無いね」


 袴の膝を払い、柔志狼が立ち上がった。


「葛城柔志狼……貴方に興味が出てきましたよ」

「あいにく衆道そっちの趣味は無えんだ」


 鳥肌が立ちそうだ――と、柔志狼が露骨に顔をしかめる。


「その技や蕎麦屋の仕事など、諸々の興味は尽きませんがね。淑女レディをいつまでもこのままにしておくわけにいきません」


 天羽が眼を閉じる。そして再び開くと、その瞳は元に戻っていた。


「このまま黙って帰れるとでも思うのか」

「貴方が言いますか」


 天羽の言う通りである。

 鎌鼬を凌いだといっても、獣人もいる。まして先ほどのように、を盾にでもされれば、柔志狼の攻撃の手は鈍るだろう。

 客観的に見れば、柔志狼の方が圧倒的に不利である。にも拘らず、堂々と言ってのける柔志狼の豪胆さに、天羽の紅い唇が吊り上る。


「切支丹の『七つの大罪』だか何だか知らんがな、化物の精を使った糞薬伏見丹と宝探しになんの関係があるんだ」

「つくづく――面白いひとだ」

「嬉しく無ぇよ」


 天羽の言葉に、柔志狼が唾を吐く。


「地獄というものを――――」


 ぽつり――と、天羽が呟く。


「――地獄というものを見たことがありますか?」

「なに?」


 柔志狼が眉をしかめる。

「……の民草の味わった地獄――」


 天羽の顔から表情が消えた。代って浮かび上がったの、底の無い虚無だった。


「――遊郭島原がどうした?芸妓たちの為にやってるとでも言いてぇのか」


 柔志狼の言葉など耳に入らないのか。

 突如、天羽の纏う気配が変わった。どこか浮世離れしたような、掴みどころのない雰囲気が一変。天羽が鉛のような重く暗い気を纏う。それはまるで、爆ぜる寸前の地獄の窯を思わせた。

 それを察した柔志狼も、丹田へ氣の圧を上げる。


 天羽が指を鳴らした。

 すると、屋敷全体を揺らす咆哮が上がった。

 獣人が吼えた。

 雄叫びの尾を引きながら、獣人が跳んだ。


 怪鳥の翼のように両腕を広げ、柔志狼に襲いかかる。

 鋭く鎌のような爪が柔志狼を襲う。

 柔志狼がそれを掌で外に弾く。

 畳を踏みしめ、獣人の爪が続けざまに柔志狼を狙う。


 まるで二刀の剣を振るうかのごとき動きに、捌ききれぬ爪先が、柔志狼の頬を抉った。

 刹那――獣の顎が沈み込んだ。

 がら空きの腹に喰らいつこうと、牙が打ち鳴らされる。


 寸前――柔志狼の膝が獣の顎を下から突き上げた。

 獣人がのけ反る。

 柔志狼は止まらない。

 膝の反動を使い、後方に大きく跳び退る。


 だが、魔獣の反応はそれを凌駕した。

 獣人の顎が、柔志狼を迫う―――


「この気配まさか――」


 それを躱しつつ、憶えのある殺気に、柔志狼が口走る。


「適当に遊んでおあげなさい」


 主の言葉に、獣人が唸りで応じた。

 天羽はを包み込むように抱え、柔志狼に背をむけた。


「おい、待ちやがれ!」


 天羽の後を追おうとするも、獣人の攻撃がそれを許さない。



 爪。爪。爪。

 爪。牙。牙。爪。

 牙、爪、爪、爪爪爪牙。



 鉈のように鋭く、斧のように重い獣人の攻撃が、嵐の如く柔志狼を襲う。

 直撃どころか、掠っただけでも骨ごと持って行かれそうな獣人の攻撃。


 柔志狼はそれを紙一重で捌き、躱していく。

 するとどうしたことか。攻め続けている筈の獣人が、徐々に不安定な様を見せていく。


「調子に乗るなよ、犬っころが!」


 足元が縺れ、獣人の体軸の芯が安定を欠いていく。

 だがそれでも、放つ攻撃は鉄槌にも等しい一撃。


 一瞬の隙を見出し、柔志狼はそれを絡め取るように捌く。

 手首を掴み、瞬間的に己のたいを切る。

 その動きで、関節の極められた獣人の巨体が、畳に向かって崩れ落ちる。

 うつ伏せに倒れる岩瘤のような首元に、柔志狼は追い打つように拳鎚を叩きこんだ。


「待ちやがれ!」


 動かぬ獣人に残心しつつも、柔志狼は部屋を飛びだす。

 開け放たれた襖や障子を頼りにして柔志狼が天羽を追う。

 所々に残る黒い染みは、に付いた返り血が垂れたものだろう。

 その跡が店の上がりを抜け、外に向かって点々と残されている。

 店の表口が大きく開け放たれていた。余りにもあからさま過ぎる。


「――見え透いた事を」


 十中八九、罠であろう。

 その証拠に、外には無数の殺気が満ちている。

 だが柔志狼の口元には、獰猛な笑みが浮かぶ。

 柔志狼は敢えて殺気を解放すると、店の外に飛び出した。


 暖簾を割って飛び出した熱風のような柔志狼に、殺気が一斉に反応する。

 柔志狼に向かって左から、銀光を煌めかせ刃が討ち下ろされた。

 体を躱し刃を潜ると、柔志狼は無操作に拳を突き出した。


「むごっ」


 浅黄色の羽織に、柔志狼の拳がめり込んだ。

 だんだら模様の羽織の男が剣を取り落とし、崩れる様に沈んだ。

 その光景に、一斉に緊張が走る。


「神妙にいたせぃ!」


 雷鳴のような声が空気を震わせた。


「京都守護職御預かり新撰組である! 抵抗すれば容赦なく斬り捨てる!」


 そこには、天羽とれんの姿など、どこにも無かった。

 代わりに柔志狼を待っていたのは、殺気に満ちた二〇人程の侍の一団。

 浅黄色のだんだら羽織の一団が、葉沼屋を包み込むように囲んでいた。

 それぞれが長槍や剣を構え、蟻の子一匹逃がさぬような布陣で、柔志狼を取り囲む。


 集団の中心には、冷たい鉄のような双眸の男が立っていた。

 鋭く射るような眼で柔志狼を見やるのは、土方歳三だった。錦絵に描かれそうな二枚目だが、その纏うものに甘さは微塵もなく、鬼の様な気を発している。


「――葛城……柔志狼」


 その傍らに、眉間に深い皺を刻んだ山南敬助が立っていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る