第5話 斬奸夜

 文久三年九月――


 つぶてのように激しい雨が、屋根をたたく。

 砂利を延々とぶちまけたような音が夜陰を押し包み、全ての音が死んでいる。

 泥炭で塗り固めたような闇が、重く身体に圧しかかる。

 

 ――何も見えない。


 何処に誰がいるのか、判別がつかぬ。

 激しい雨音に耳も塞がれ、気配すらつかめぬ。

 前方に土方。それに沖田がいる筈であるが、それすら疑わしく思えてくる。


「――ぜ」


 右前方――恐らく土方が焦れたのであろう――闇が動いた。


「甘い!」


 聞こえぬはずの同間声どうまこえが響き渡ると同時に、闇の中に一瞬、火花が飛び散る。

 そこに浮かび上がるは、唇を吊り上げた巨漢の顔。その手には畳まれた鉄扇が握られている。巨漢は剣ではなく、鉄扇で土方の剣を弾いたのだ。

 剣を弾かれた土方が、たたらを踏む。

 そこへ、間髪いれず沖田が奔った。


 迅い――


 飛燕の如き剣を鉄線で弾くと、勢い、沖田が身体ごと吹き飛ばされる。


「賢しいのう。近藤の差し金か――」


 否。貴様か――土方と、闇が嗤った。

 礫の如き雨粒が屋根を叩き、互いの声すら通らない闇の中。不思議とこの男の声だけは、耳に響く。


 そうじゃねぇよ――土方はそう答えたのだろう。


「御上意だ」


 そう言って、土方は剣を構えた。


「しゃらくさい!貴様ら如きの生白い剣で、討てるものなら――」


 討ってみよ――と、巨漢の男に向け、闇が凝りはじめた。

 重苦しい闇そのものが、男の身体に吸い込まれてゆく。

 無意識に、土方と沖田の足が退る。

 男のまとう異様な気配に、さしもの二人も気圧されしているのだ。

 かはぁ――と、呼気と共に、濁った闇が吐き出される。

 だが、その異様な光景は、土方の眼にも沖田の眼にも映ってはいない。

 巨漢の瞳が、炯と妖しく輝きを放つ。


「いかん!」


 そんな中、土方と沖田を押しのけ前に出る。

 抜き放った剣を右手に携え、左の指で剣印を作ると、刀身を奔らせた。

 その瞬間――男のまとう闇に亀裂が生じた。


「いまです!」


 その叫びに、鉄扇を振りかぶった腕を、土方が断つ。

 そして、沖田の神速の突きが三度――

 礫の如き雨音は、いよいよ激しさを増す一方であった。

 


 文久三年九月 新撰組筆頭局長 芹沢鴨 死亡。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る