第2話 聖母狩


 ――神さまはいるの?

 

 幼いころからいつも思っていた。


 姿を見たこともない。

 声を聞いたこともない。

 一度も、何もない。


 ――祈りなさい。

 ――信じなさい。


 おとうも、おかあも、爺も村長むらおさや大人たちも、皆が口をそろえて言う。

 ただいつも、岩窟の奥にある白い観音像に手を合わせ祈るばかり。

 絶やすことなく灯し続けられる蝋燭の炎に、仄かに照らし出された観音は、いつも悲しそうに微笑んで見えた。


 四つ上の姉やは今夜、そんな“まりあ”さまになるのだと言う。

 ずっと昔から続く古い掟――数百年も続く習わしだと言われても、あまりにも途方も無くてぴんと来ない。

 ただ今夜、姉やが、自分だけの姉やで無くなるのが、無性に悲しかった。

 山に入っては一緒に花を摘み山菜を採り、崖から落ちた時は泣きながら自分を探してくれた優しい姉や。

 美しく優しく、そして強い姉や。

 いつかは村の男衆――そうだ、太郎左とでも夫婦めおとになると思っていたのに。

 でも、姉やは今夜、カミサマのもとに行く。


 ――姉やはカミサマに嫁ぐの?


 と、訊くと村長は、

 

――神さまの母になるのだよ。


 と、言った。


 ――姉やはカミサマのおかあになるの?


 と、訊くと村長は、


 ――神さまの嫁になるのさ。


 と、笑った。


 ――そう、お前の姉は“まりあ”さまになるのだよ。


 そう言って村長は哂った。


 ――誉れじゃ。

 ――めでたい。

 ――祝いじゃ。

 ――はれるや。


 どこか辛そうに、ぎこちなく微笑むおとうやおかあと違い、心底から満面の笑みを浮かべ、祝福している村の衆を見て、姉やはもう、どこか遠くへ行ってしまうのだと言うことだけは分かった。

 嬉々とした様子で、儀式の準備を進める村の衆たち。

 そんな中で唯一、太郎左だけが、自分と同じ顔をしていた。

 姿を見たこともなく、声も聞いたことがない。

 そんなカミサマの下に行くなんて――そんな儀式壊れてしまえばいい。

 たまらずその場から逃げだした。

 だけど祈る先は、この観音さましかなかった。

 どうかしている。

 でも、他に祈るところなんて知らない。


 ――どうか姉やを取らないでください。

 ――こんな儀式なんて、壊れてしまえばいい。


 生まれてから一番真剣に祈ったのが、まりあさまを否定するようなこと。


 だからきっと――


 そう、だからきっと、まりあ観音様は怒ったのだ。


 その日、わたしの願いは通じて、姉やは〝まりあ〟さまにならなかった。

 でもその代り、黒い大きな鬼と、白い美しい鬼が来て、村は無くなった。


 おとうもおかあもたろうざもしんで、むらおさもむらしゅうもしんで――

 ねえやは?

 あれ?ねえやは?


 ナラバオマエガまりあにナルノダ――


 耳元で呪詛のような言葉が響き――


 ……そしてあたしは――地獄に落ちた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る